なぜ、誰も漫画家になりたがらなくなったのか?

 
なぜ、誰も漫画家になりたがらなくなったのか?

なぜ誰も漫画家になりたがらなくなったのか?という肯定的な問いかけをしたのは ニック・ニューマン漫画編集者 The Spectator』誌で.

このイギリス人漫画家は、この業界に新しい血が流れず、未来に良い影響を与えない、我々は 消えゆく種であると考え、その原因と思われるものを挙げています。

漫画家という職業について書かれた文章はこれが初めてではないが、そのほとんど全てに真実味がある。世界中の新聞の象徴的な署名が、ここ数年で職を失っている(1) , (2), (3), (4).

このことは,私たちの職業において繰り返されるテーマであり,前の世代もこの問いを自問していたことも事実であるが。 この問いかけは、絶望的であると同時にロマンチックなアプローチのもと、編集カートゥーンは後継者なくして滅びると予言していた。

ニューマンは、漫画は今でも非常に「愛されて」おり、ツイートされ、共有され、インスタグラムに投稿され、バイラルに広がり、印刷され、冷蔵庫に貼り付けられると信じていますし、オズバート・ランカスター卿のような漫画が生み出されると信じています。 オズバート・ランカスター卿 1930年代にオズバート・ランカスター卿が制作した漫画は、今でもイギリス特有の芸術として評価されています。編集者は話題性のあるジョークを新聞の一面に載せますが、これはフランス、ドイツ、米国ではほとんど見られない習慣です。

激しい競争、少ないスペース

その人気に反し、漫画家の活躍の場は縮小している。の死後、漫画家の活躍の場は狭まっている。 Punchがなくなって以来、独立系漫画家の主な活動拠点は Private Eye、The Spectator、The Oldie であり、その競争は熾烈を極めている。Private Eye は毎号 500 以上の投稿を受け、最高 50 までを掲載する。

かつてはすべての新聞に常連の漫画家がいたが、今では数人しか生き残っ ていない。印刷メディアにとって困難な時代には、漫画家が最初に解雇されることがよくあります。「閉鎖が発表されたとき、私たちの多くは仕事を失いました」とニューマンは回想します。

少ない報酬と少ない報酬

もう一つの問題は金銭的なものです。ベルリンの壁が崩壊する前から料金を値上げしていない出版社もあれば、1枚50ポンドという低料金の出版社もある」とニューマン氏は指摘する。

これと比較して、『ニューヨーカー』は漫画一本につき700ドルから1400ドルを、作家の年功序列によって支払っていると言われています"。

"以前、イギリスの出版社から「もっとお金を払えば、ジョークはもっと面白くなるのか」と聞かれました。私はイエスと答えたかった。

お金がすべてではない

ニューマンにとって、新しい才能を阻むのはお金だけではありません。失敗を恐れることもある。拒絶は経験豊富な漫画家にとっても人生の一大事であり、最近の「雪女」はそれに耐えられないのです。

私は最近、ある有望な若手漫画家に『Spectator』誌に挑戦するよう勧め、彼はすぐに成功しました。しかし私は彼にこう警告しました。誰でも断られるものです。2回断られた後、彼は漫画を描くのをやめました」。

このような仕事のやり方はここでは普通ではありません。スペインでは、それぞれの媒体に漫画家がいます。大半の場合、彼らは「永続的な」外部協力者であり、永続性を約束する署名のないフリーランスとして働き、同時に複数の媒体で仕事をこなすとは限らないため、媒体が彼ら抜きと決めたとき、彼らは足がすくむことになる。


記事の全文を読む

なぜ誰も漫画家になりたがらなくなったのか?
新しい血が入らないのは、業界の未来にとって良い兆候ではない。私たちは消えゆく種なのだ。

関連記事

なぜ、誰も漫画家になりたがらなくなったのか?

漫画家「交流会:簡単な漫画でお金を稼ぐ方法(1949年)
巨大市場向けに漫画を描けば大金が手に入ると、「漫画家交流会」の小冊子「簡単な漫画でお金を稼ぐ方法」で主張されている。


Suscríbete por email para recibir las viñetas y los artículos completos y sin publicidad

Artículos relacionados

Este blog se aloja en LucusHost

LucusHost, el mejor hosting