アテナ・ファルガダニが再び投獄された。今度は自分の絵を壁に貼ったという理由で。

 

2024年4月13日土曜日、テヘラン在住の漫画家、画家、子どもの権利活動家であるアテナ・ファルガダーニが治安部隊に暴力的に逮捕され、エヴィン刑務所に連行された。この刑務所は、イラン政府が芸術家、学者、活動家、ジャーナリスト、その他の反体制派知識人をしばしば投獄する場所であり、エヴィン大学」の愛称で呼ばれている。

ファルガダニは、大統領官邸があるパスター通りの壁に自分の絵を貼ろうとして逮捕されたと報じられている。

恣意的な勾留に抗議し、保釈を拒否した。

NCRI女性委員会が報告したように、彼女の弁護士モハンマド・モキミは、アテナ・ファルガダニは逮捕時に不当な扱いを受け、顔には警察による暴力の跡が残っていたと報告した。

デッサンのために1年半の獄中生活

アテナのエヴィン刑務所や他の刑務所への "訪問 "は頻繁だ。

2014年8月23日、アテナは「体制に対するプロパガンダを広めた」「絵画を通じて国会議員を侮辱した」「 最高指導者を侮辱した」という容疑で逮捕され、尋問を受け、投獄された。

これは、国会議員たちをさまざまな動物に見立てた風刺漫画に関するものだった。彼は最高で12年9ヶ月の懲役に直面した。

結局、再審査で懲役18カ月に減刑された。2016年5月、彼女は釈放された。

アテナ・ファルガダーニは、このイラストのために18カ月間服役した。

2023年6月9日、第33地方裁判所に呼び出されたファルガダニは、4,200ドルの保釈金を拒否したため、再収監された。 ファルガダニは、自分は犯罪を犯しておらず、呼び出しと罪状は違法で恣意的であるという理由で保釈金の支払いを拒否し、テヘラン郊外のカルチャーク女性刑務所に移送された。

その際、彼女は釈放後のインタビューで、カルチャック刑務所当局が彼女を毒殺しようとしたと説明した。彼女はトイレのない部屋に監禁され、トイレに行くことさえ許されなかった。また、テレビのために自白を強要しようとしたが、彼女は拒否した。そして2023年6月20日、彼女はハンガーストライキで意識不明となり、病院に収容された。

アテナ・ファルガダーニ
フリーアテナカートゥーン2015

ユーモアのトラブル事例集
漫画や風刺イラストが原因で、重要な問題に巻き込まれた漫画家の事例。また、漫画家でなくても、それを共有したためにトラブルに巻き込まれた人々の話もある。


Suscríbete por email para recibir las viñetas y los artículos completos y sin publicidad

Artículos relacionados

Este blog se aloja en LucusHost

LucusHost, el mejor hosting