アライン・コミンスキー・クラムの死、1948-2022

 

アライン・コミンスキー・クラムの死、1948-2022
写真:Galerie Vidourle Prix.2005年、アライン・コミンスキー・クラムとジュリー・カタンは、アートと新しい創造的表現を促進するために、ソーヴ(フランス)にアートギャラリー「ギャルリー・ヴィドゥル・プリ」を設立しました。

AlineKominsky-Crumbとして知られるAline Goldsmithが、11月29日に74歳で亡くなりました。

ロングアイランドで育ったコミンスキー・クラムは、1960年代後半、ツーソンのアリゾナ大学で学びながら、アンダーグラウンド・コミックの世界に没頭していた。1972年にサンフランシスコに移り住み、美術の道を歩み始めた。クラムが数年前に描いた「ハニーバンチ・カミンスキー」というキャラクターに偶然似ていることを共通の友人が指摘し、その時にロバート・クラムと出会う。

アライン・コミンスキー・クラムの死、1948-2022
写真:HA

1978年に結婚し、1981年に娘のソフィーが生まれた。1991年からソーベに住んでいた。クラムギャラリーは、南仏のソーヴにあります

2016年、コミックス・アライアンスは、この文章を掲載した記事で、コミックスにおけるライフワークとして評価に値する女性12人の中にアライン・コミンスキーを入れています。

アライン・コミンスキー・クラムの死、1948-2022
ウィメンズコミックス1号

「アライン・コミンクシー=クラムは、ロバート・クラムに出会う前からコミックを描き始めましたが、彼女のキャリアと才能は、しばしば不当に彼の影に隠れてしまいがちです。

ウィメンズ・コミックス』創刊号の寄稿者であり、アンソロジー『ツイスト・シスターズ』の創刊者、『ウィアード』の編集・寄稿者でもあるコミンスキー・クラムは、1960年代から70年代のアンダーグラウンド・コミックス・シーンを少年クラブになぞらえている。

アライン・コミンスキー・クラムの死、1948-2022

それでも彼女は、女性のセクシュアリティとドメスティック(家庭的)さを、その濾過されない、研究熱心な醜いスタイルで探求し続け、特に自伝的なキャラクターである「”ヴォーグ”」でその才能を発揮したのです。ザ・バンチ“.

1990年に出版された『Love That Bunch』は、コミンスキー・クラムの唯一のソロ作品集である。

アライン・コミンスキー・クラムの死、1948-2022
アライン・コミンスキーが編集長に就任して最初の号となった『Weirdo』第18号。

2011年に発表された 愛について教えてください(La Cúpula)。アリーナとクラムが、自分たちの関係を記録し、彼女のユダヤ人としてのルーツと彼の救いがたいエロティックな執着を問い、アメリカから南仏への移住を回想しながら、芸術、人生、愛、時間の経過について漫然と語ることによって、自分たちを描いているアルバムです。

アライン・コミンスキー・クラムの死、1948-2022


アライン・コミンスキー・クラムの死、1948-2022
アライン・コミンスキー・クラムの死、1948-2022

2107年2月18日、ニューヨークのDavid ZwirnerGalleryで、二人の商業ギャラリーでの初の合同展「Aline Kominsky-Crumb & R. Crumb Drawn Together」が開催 されました。

アライン・コミンスキー・クラムの死、1948-2022

ロバート・クラムの公式Instagramアカウントは本日、別れの文章に添えてこの画像を投稿しました。

アライン・コミンスキー・クラムの死、1948-2022

“ロバートの漫画家であり、母親であり、50年近く連れ添った妻であるアライン・コミンスキー・クラムが74歳で亡くなったことを深く悲しんでいます。アリーンは大腸がんとの闘いを乗り越え、食生活を変え、禁酒し、激しいヨガのワークアウトで体を改造したが、今年の最後の数ヶ月であっという間に膵臓がんに倒れた。父親を若くして膵臓がんで亡くしたアリーンは、自分もそうなるのではとずっと恐れていた。


彼女は家族やコミュニティの中で、車輪の中心的な存在でした。そのエネルギーは、作品に、娘に、孫に、そしてみんなが集う食事に注がれたのです。アメリカのクラム一家を南仏の一家に変え、娘のソフィーがそこに住み、結婚し、3人のフランス人の子供をもうけたのは、彼女のエネルギーによるものであった。彼女はその家族と国際的な漫画家コミュニティから惜しまれつつも、とりわけ、人生の最後の50年をほぼ共にしたロバートから惜しまれることでしょう」。


Suscríbete por email para recibir las viñetas y los artículos completos y sin publicidad
Artículos relacionados

Este blog se aloja en LucusHost

LucusHost, el mejor hosting

Grandes personan que patrocinan.

Patreon

Recibe contenido extra y adelantos desde sólo un dolarcito al mes como ya hacen estos amables lectores:

César D. Rodas - Jorge Zamuz - David Jubete Rafa Morata - Sasha Pardo - Ángel Mentor - Jorge Ariño - Vlad SabouPedro - Álvaro RGV - Araq