アートヤングでのレコーディング

 
 

アートヤングでのレコーディング

アートヤング 写真国会図書館プリント&フォトグラフ部門。

経歴の一部をご紹介します。

アーサー・ヘンリー・ヤング(イリノイ州、1866年)は、「アート・ヤング」の画号で知られ、アメリカの急進主義の黄金時代に最も広く知られ、支持された画家の一人であった。1884年、シカゴ・アカデミー・オブ・デザインに入学し、J・H・ヴァンダープールに師事する。

書店で開催された漫画家の展覧会のレビューで ブックショップギャラリーThe Evening Starに掲載されました。 1939年10月15日パリのアカデミー・ジュリアンにて学ぶ。 第一章2冊目の本の)。

アートヤングでのレコーディング

ブジョーの鉛筆画の肖像画(?ウィリアム・アドルフ・ブグローアート・ヤング著

このレビューによれば、彼の最初の漫画の一つは 1883 年頃の『Judge』誌に掲載されたが、ヤングは彼の最初の漫画を 1884 年の Nimble Nickel 紙に掲載されたと記載している。以来、『ライフ』『コリアーズ・ウィークリー』『ザ・マス』『ザ・ネイション』『サタデー・イブニング』などの出版社や、『ニューヨーカー』などの雑誌に寄稿。

アートヤングでのレコーディング

アート・ヤング、報道写真家から漫画家へ

また、報道カメラマンとしても活躍した。シカゴ・デイリー・ニュース紙で野球、自転車レース、裁判などを取材した。ヘイウッド・ブロウンは、その展覧会のカタログの中で、「ヤングは死んだら偉くなる」と書いているが、『イブニングスター』の編集者は、 ヤングはまだ生きていて、コネチカット州の自宅で自伝を書いているから、ブロウンは間違っている」と評論で断言する。彼は今、偉大な人物だ。誰もそれを忘れてはいけない」。

伝記によると、初期の彼の思想は、どちらかというと「無政治的」な共和党員のものだったが、左翼の主張に興味を持ち、40代になる頃には社会主義者を自認するようになったとある。

アートヤングでのレコーディング

ヤングは、1910年にグリニッジ・ヴィレッジに移住した後、後にラディカルな社会主義月刊誌『ザ・マス』を共に制作することになるジョン・スローンやピエト・ヴラッグといった人々と交際を始め、ラディカルな環境の中で自らの地位を確立していった。彼自身が、自伝的作品の一つ『アート・ヤング:その人生と時代』(1939年)で語っている通り、1928年に出版したものだ。 は、Archiveで読むことができます。

1928年にはすでに、瞑想や逸話を綴った日記のような自伝的本『オン・マイ・ウェイ』を出版している(こちらから購入できます in PDF)

独占時代(1877-1929)には、社会主義、労働、反資本主義の大衆運動の高まりとともに、アートのドローイングが登場した。アートは、人種や性的差別、独占資本主義の野放図な力、ウォール街の金融、過激なナショナリズムに反対する立場をとり、女性参政権や反軍国主義を唱えたのである。

スパイ行為と扇動行為で2度にわたって裁判にかけられる

アート・ヤング、マックス・イーストマン、ジャック・リードら『大衆』誌のメンバーは、戦争反対を理由に2度にわたって裁判にかけられた。それ以前にも、当時よく見られた郵便配達の禁止など、さまざまな形で政府の迫害を受けていた。

これらの連邦裁判は、反乱罪と犯罪陰謀罪で起訴された被告が、抑圧的な法律を破り、連邦刑務所で終身刑に処されたときに行われました。 スパイほうから扇動ほうに転換を1918年に発表しました。

アートヤングでのレコーディング

“アート・ヤング、命懸けの裁判”。1918年6月に「解放者」に掲載され、1928年に自伝的日記「On My Way」に再録された。戦時中の政府に対する「謀略」の罪で、彼と「大衆」の他の労働者たちの第一審で描かれた漫画家の自画像。

アートヤングでのレコーディング

ヤングとその同志たちは、どちらの裁判でも無罪となった。いわゆる「反共」初期の暴力と検閲の中で、言論の自由のための珍しい勝利であった。レッドスケアしかし、最終的に国家は『大衆』誌を閉鎖することに成功したのだから、部分的な勝利といえる。

アートヤングでのレコーディング

左から:クリスタル・イーストマン、アート・ヤング、マックス・イーストマン、モリス・ヒルキット、メリル・ロジャース、フロイド・デル、ニューヨークの裁判所の前(撮影時)。 二審謀略のため、1918年5月。に含まれる国立公文書館の写真。 書籍余白の政治:主流派以外の公的表現の歴史的研究 1994年に出版されたスーザン・ハーブスト著 ケンブリッジ大学出版局.

また、「翔泳社」社長の経歴の変遷も注目される。 マックス・イースタム大衆』や『解放者』の編集者は、ロシアに渡って革命を目の当たりにし、トロツキズムに共感さえしていたのに、深い「右翼」の旅に出て、反共主義者であることを宣言してしまうのです。この人、1950年代に自分の考えや他人の考えを表現して発表したことで裁判にかけられ、結局は「右翼」の異端審問の迫害を支持することになったんです。 マッカーシズム

アートヤングでのレコーディング

アフター・ザ・マス」「ザ・リベレーター」「グッドモーニング

1917年の『大衆』誌の閉鎖後、ヤングと数人の同僚は『解放者』誌を創刊し、同誌と合併するまでの間、協力した。 月次労働者数1924年

また、ヤングは「グッドモーニング」という週刊機関誌の制作にも乗り出し、やがて彼が編集者兼唯一の執筆者となり、1921年まで発行し、新聞広告で宣伝していた。 このように1920年8月

アートヤングでのレコーディング
アートヤングでのレコーディング

アート・ヤングのニュースレター「グッドモーニング」創刊号の表紙(たぶん)。

アートヤングでのレコーディング
アートの息子ドナルド

しかし、アート・ヤングがそのキャリアを通じて訴えてきたことがあるとすれば、それは労働者の権利と要求であった。そして、その跡を継いだのが息子さんです。

米国共産党がニューヨークで発行していた新聞『The Daily Worker』は、1932 年にこの漫画家の息子であるドナルド・ヤングがオハイオの鉱山ストライキで逮捕されたことを報じた。

検事ポール・V・ワデルは、ベルモント郡に戒厳令を敷くと脅した。その前日、鉱山のピケ隊員だったスティーブ・ボーウェンさんが射殺されたのだ。
ストライキを支援するために来ていたドナルド・ヤング、ランディーン・ヤング、アーヴィン・ラーナー、ジェームズ・バリスは、州兵に逮捕された。1929年に出された連邦政府のピケッティング禁止令に違反し、投獄されることになった。

オハイオ州の炭鉱労働者のストライキを鎮圧するために、州のあらゆる力が動員された。35人の鉱夫が裁判にかけられ、22人がオハイオ州の「……」を破った罪で逮捕された。モブロー“オハイオ州法 “です。鉱山 パイニーフォークようやく開店したが、出勤したのはわずか12人。

左は、『デイリー・ワーカー』誌に掲載されたニュースの切り抜き。 1932年7月13日

アート・ヤングは、この会の創設者の一人であり、当初は ダッチトリートクラブアーティスト、作家、イラストレーターのための昼食会を開催したのが始まりです。そして、2度ほど政治家にも挑戦した。1913年にはニューヨーク州議会議員に、1918年には州上院議員に社会党から立候補し、落選した。

晩年

それにもかかわらず、彼は人生の大半を貧困に近い状態で過ごした。1930年代には、すでに老衰で仕事ができなくなり、友人たちの経済的な援助で生き延びていた。1934年11月、彼らは「慈善事業としてではなく、彼の作品の永続的な価値に対する最後の賛辞として」賛辞の夕食会を企画し、彼が残りの日々を快適に過ごすのに十分な資金を集めました。

ヤングは1943年12月29日、マンハッタンのグラマシー・パークにあるアービング・ホテルで心臓発作のため77歳で死去した。ニューヨーク・タイムズ紙は社説で、「彼は時に異端的な意見を持っていたが、愛すべき魂を持っていた」と書き、「彼はこの世の財産の公正な分配を蓄積する機会を犠牲にしていた」と擁護している。

アート・ヤング氏死去のニュース、自動車労組の機関紙「ユナイテッド・オートモビル・ワーカー」に掲載される。ミシガン州デトロイト 1944年1月15日.

アートヤングでのレコーディング

彼のヴィネット

アートヤングでのレコーディング

資本主義1911年2月23日、『ライフ』誌に掲載された彼の代表的なイラストのひとつ。

アートヤングでのレコーディング

児童労働のある工場1日11時間」と書かれたハシゴの上の子ども労働者が利益を手渡す。

アートヤングでのレコーディング

ボス:さあ、子供たちよ、全員そろって、最高裁に万歳!だ。

のすぐ後に表示されます。 レイキート について 児童労働が違憲とされた。

アートヤングでのレコーディング

“クォーター “の時代獣自身のため、そして人々のために”1912

アートヤングでのレコーディング

1917年9月、雑誌「大衆」に掲載された「マニアックな乱交」。

アートヤングでのレコーディング

彼の数ある反戦漫画の一つ。”一つの戦争の後、彼らは次の戦争のために赤ん坊を繁殖させ始める” 日付は未定。

アートヤングでのレコーディング

報道に関するジョーク:「私は殺人事件に関するものを取ろうと思います。1930年6月14日、『ニューヨーカー』に掲載された。

アートヤングでのレコーディング

1919年に『パンチ』誌に発表した「刑事制度について」は、後に著書『アート・ヤング:その人生と時代』(1939年)に再掲載された。

アートヤングでのレコーディング

“いつか “だA Prophetic Vignette」。1910年「ライフ」誌に掲載

アートヤングでのレコーディング

仕事: ママ、どこに行くの?

資本金:行き先は気にしなくていい。

出版された書籍

“Hell Up To Date, Chicago: The Schulte Publishing Company, 1893.

“Authors’ Readings”, New York: Frederick A. Stokes Company, 1897.

「Trees at Night”, New York: Boni and Liveright, 1927.

“On My Way”, New York: Horace Liveright, 1928.

“The Inferno”, New York: Delphic Studios, 1934.

“The Best of Art Young” (紹介:Heywood Broun), New York: The Vanguard Press, 1936.

Thomas Rowlandson (essay by Art Young), New York: Willey Book Company, publishers, 1938.

“His Life and Times”, New York: Sheridan House, 1939.

Bray, Glenn and Frank M. Young.”To Laugh That We May We Weep: Life and times of Art Young” (introduction by Art Spiegelman), Seattle WA: Fantagraphics Books, Inc, 2017.

参照した資料

オンマイウェイ

アート・ヤング:その生涯と時代

カトゥーン・キャピタリズム

国会図書館

雑誌『The Masses』のデジタルアーカイブ

コミックジャーナル|アート・ヤングの生涯と献身-妥協を許さない熱血漫画家

ニューヨーカー|アート・ヤング:時代を映す漫画家


Suscríbete por email para recibir las viñetas y los artículos completos y sin publicidad
Artículos relacionados