イスラエルの団体がポルトガルの漫画家を反ユダヤ主義で解雇するよう要請

 
 
イスラエルの団体がポルトガルの漫画家を反ユダヤ主義で解雇するよう要請

カートゥーン1つ目は、ヴァスコ・ガルガロ氏が2019年11月15日に発表した「火葬場」と題する漫画で、同氏はイスラエルの団体から反ユダヤ主義として非難されています。

このイスラエルを拠点とする人権団体「火葬場」は、編集部に手紙を送り、その内容を ブツァルモは、ポルトガルの雑誌の編集者に手紙を送りました。 土曜日.

漫画家の即時解雇要求している バスク・ガルガロ(1977年)を2019年からアニメ化。さらに、画像の全コピーを削除し、公式に謝罪することを要求しています。雑誌社からの回答はまだありません。

他のユダヤ人団体もすでに 加わる漫画家の解任を求める声に

写真は、パレスチナ自治政府の旗で覆われた棺をオーブンに押し込むイスラエルのベンジャミン・ネタニヤフ首相です。壁には、アウシュビッツ収容所を「歓迎」したスローガン「Arbeit Macht Frei」、「働けば自由になる/自由になる」が書かれている。

また、週刊誌『Sabado』の編集者に宛てた手紙のコピーは、ポルトガル首相、在イスラエル・ポルトガル大使、イスラエル首相、在ポルトガル・イスラエル大使などにも送られた。

Btsalmoの代表であるShai Glickは、手紙の中で、この漫画はユダヤ人全体を不快にさせ、国際ホロコースト記憶同盟の反ユダヤ主義の公式定義によれば、ホロコースト否定主義でもありホロコーストを最小化していると指摘しています(IHRA).

イスラエルの団体がポルトガルの漫画家を反ユダヤ主義で解雇するよう要請

漫画の反ユダヤ主義を非難することは、その原因の一つです。 最多頻度 コンフリクトの

関連、各国で150件以上。

イスラエルの団体がポルトガルの漫画家を反ユダヤ主義で解雇するよう要請

困ったときのユーモア、事例集(III)
漫画や風刺イラストが原因で、何らかの重要な問題を抱えた漫画家のケース。また、漫画家でなくても、他の人がそれを共有してトラブルになったという話もあります。


Suscríbete por email para recibir las viñetas y los artículos completos y sin publicidad
Artículos relacionados