エディトリアルカートゥーンとは何ですか?

 
 
¿Qué es una viñeta editorial?

エディトリアルカートゥーンとは何か by Kevin Necessary

私は、印刷物の(政治)漫画を「社説」と呼ぶのが好きではありません。新聞以外の媒体に掲載されたものと差別化するためにそのように始めたのか、それともジャーナリズムのパッケージングに合わせたジャンルを作る必要があったからなのか、よくわからないのですが。

このキャッチフレーズは、編集方針にぴったりと合う、そんなオピニオン漫画であることを暗示しているようです。不文律によって、より政治的な媒体の社説を補完するもの。

多くの場合そうであるが、オピニオン・マンガ家がメディアの立場に「反抗」し、 代替的なアプローチを提供することもあり、時には広告主や読者との対立を引き起こすこ とさえある。

漫画家が全員に対して告発しなければ誰かのバカッターという単純なマントラは信じない。 このナンセンスを神聖な法律にしたのは誰だ?メディアにおけるグラフィック・ユーモアは、基本的に描く人の意見に基づくものであり、だからこそ新聞のオピニオン欄には必ず掲載されるのである。

また、多かれ少なかれユーモラスな意見を作ることを意図して情報を処理するために、漫画家をジャーナリストと見なすこともありません。この作業は、以前からジャーナリストたちが、あらゆる情報を駆使して行ってきたことだ。

政治的なユーモアの中にも色彩があり、ニュアンスが異なるので、これは一冊の本になるかもしれませんね。作者はそれぞれ、スタイルやフォームの面で自分のスタンプを持っています。

ある者は白々しいユーモアを、またある者はより批判的な風刺を、あるいはその両方が混在したものを実践しています。だから、それは理論家のため、あるいは私が強度の発作を起こしたときのために残しておくことにしよう。

じゃあ、何なんだ?

イラストレーター、グラフィック・ユーモア作家のシンシナティ。 ケビン・ネセサリーしょさい こんvignette-strip-historieta短い彼の基準に何を説明しようとすると、それは地元のプレスのために描画する数年後に、シンシナティエンクワイアラー新聞によって契約されていたことを発表したことを利用して社説ビネットである。

冒頭で彼は、自分の定義は、伝統的に新聞に関連する政治的な漫画のためのものであると述べている。彼は、「ニュースストーリーを単純なイメージに分解する試み」と定義しているが、これは案外難しいことである。他の意見と同じように、意見を言うだけです。

“ニュースが多すぎてついていけない “と漫画家は思っています。数が多すぎるだけでなく、賞味期限もどんどん短くなっています。


Suscríbete por email para recibir las viñetas y los artículos completos y sin publicidad
Artículos relacionados