カタル 2022

 
 
カタル 2022

Qatar 2022、CTXTの2022年11月6日付け図面。

アフリカの最果ての村、アジアの最果ての地域、世界の最果ての島に行って バルサや レアル・マドリードについて 聞けば、彼らのゴール、ラインナップ、チャンピオンズリーグでの成績などを教えてくれるでしょう。そして、他のチームや他の国の選手も同じです。

そして、その土地に住む同胞が、お気に入りのサッカー選手のジャージを着ていても、驚かないでください。

ソーマとスピードが混ざったような効果が得られるのは、このスポーツだけだ(「キング」とは呼ばない)。常に時代に取り残されているとはいえ、政談からリフト会話まであらゆるものを氾濫させ、最高と思われる気持ちも最低と思われる気持ちも糧にできる唯一の存在。

問題のゲームを動かすすべての生地、その多くは汚れたものだが、多くの人がそれをすべて許すには十分すぎる理由だ。

あと10日で2022年ワールドカップがカタールで開幕する。搾取、虐待、死によって建設、改築されたメガモティーフの芝生をサッカー選手が駆け抜ける姿を、私たちは熱狂的に応援することだろう。

2021年2月、『ガーディアン』紙は、2010年12月にワールドカップが授与されて以来、インド、パキスタン、ネパール、バングラデシュ、スリランカからの移民労働者がカタールで約6500人死亡したと明らかにしたが、この恥ずべき数字は過小評価である可能性も高いと警鐘を鳴らしている。

アムネスティ・インターナショナルは、30代、40代の移民労働者の死亡診断書を多数確認した。いずれも死因は「自然死」または「心不全」とだけ書かれており、それ以上の詳しいことは書かれていない。

生き残った人たちは、最高気温が50度にもなる中で耐え続けた。休みも安全対策もほとんどないまま、延々と働き続ける。条件を受け入れなければ国外に追放するという脅し。会社を変えるのは本当に無理です。法令を遵守せず、不健全な住居環境であること。

2022年カタール大会の主催者は、ワールドカップ建設現場での死者がわずか3人であることを認め、メディアは誰が何をやっているかわからないと非難している。3,500と6,500の間に、歯を食いしばって嘘をついている人がいる。

また、LGTBIQ+のスタッフには、一線を越えてしまうので「公共の場での愛情表現」をしないように、そしてUAEの同性愛は少し嫌われている(﹡)と禁じられている、とのことでしたが、2022年ワールドカップ組織委員会のナセル・アルカテル議長によると、他文化との親善とパートナーシップの意思表示として、すべての参加者の指向を尊重することが発表されたそうです。

警告のようで脅威を装ったこの勧告が、実際にどのような意味を持つのか、誰も知らない。

とにかく、すべてを飲み込んで、何が何でも、くそったれ、ワールドカップなんだから。サッカー界のオリンパス。


Suscríbete por email para recibir las viñetas y los artículos completos y sin publicidad
Artículos relacionados

コメントする