カナダの新聞社、イスラム社会からの苦情で漫画を取り下げ

 
 
カナダの新聞社、イスラム社会からの苦情で漫画を取り下げ
写真:Clinton Davis

8月17日、カナダのフランス語新聞「L’Acadie Nouvelle de New Brunswick」に掲載されました。 自ら宣言する者は、「1984年以来、独立したメディア」として、マルセル・ブードローによるこの漫画を掲載しましたが、一部の人はイスラム恐怖症や人種差別主義者だと考えています。

ブードローの漫画は、原始人が女性の髪をつかんで引きずっている様子を描いており、ターバンを巻いた男性がブルカを着た女性を鎖で引っ張っている画像と関連付けられています。”進化?”という見出しのもと、すべてこの漫画が描かれています。

この画像は直ちに同紙のウェブサイトから 削除され、8月17日(水)の同紙の印刷物にもその痕跡が残るのみとなりました。

カナダの新聞社、イスラム社会からの苦情で漫画を取り下げ

代理店やメディアの報道によると、複数の人がこの漫画の掲載に不満を表明しているとのことです。モンクトンの活動家であるHafsah Mohamedは、この漫画が「。ムスリム女性差別“.

同じく活動家のOlivier Husseinはこの漫画を好ましくないと考えており、漫画家は「モンクトンのイスラム教徒コミュニティに謝罪する」べきだと考えています。

イワン・オケロのために

“この画像は、マイノリティーのコミュニティ、特にイスラム系の人々を傷つけるレトリックを指摘しています。”

その他、文脈の欠如、ステレオタイプの乱用、ヘイトメッセージの拡散の危険性などを指摘する批判もあります。

クリントン・デイビスは問いかける

“これは何だ?”単純な政治風刺か?それとも人種差別?

「また、明確なメッセージがないため、アーティストの意図について語ることはできませんが、非常に不適切で、人種差別的、憎悪的であると解釈することはあまりにも簡単です。作成に参加した人、公開を許可した人の論理を問う」。

これに対し、新聞「L’Acadie Nouvelle」の編集者兼CEOであるFrancis Sonnierは、フランス語でGlobal Newsにこう語った。

“この漫画は、世界の特定の地域、アフガニスタンにおけるタリバンの行動を解説したものです。それ以上はない。

ソニエは、この漫画の掲載とそれにまつわる問題について話し合うため、同紙に文書で苦情を申し立てた人々との面談の招待を受けたと付け加えた。

この件に関しては、どうやらパスすることにしたようで、この漫画家の意見を見つけることはできませんでした。

一部のメディアやウェブサイトは、検閲された漫画を使ってこの論争に関する報道を行うことにした。

カナダの新聞社、イスラム社会からの苦情で漫画を取り下げ
カナダの新聞社、イスラム社会からの苦情で漫画を取り下げ
Global Newsのスクリーンショット

カナダの新聞社、イスラム社会からの苦情で漫画を取り下げ困ったときのユーモア、事例集(III)
漫画や風刺イラストが原因で、何らかの重要な問題を抱えた漫画家のケース。また、漫画家でなくとも、他の人が共有してトラブルになったという話もあります。


Suscríbete por email para recibir las viñetas y los artículos completos y sin publicidad
Artículos relacionados

コメントする