カナダの新聞社が漫画を撤回、謝罪して漫画家を処分

 
カナダの新聞社が漫画を撤回、謝罪して漫画家を処分
トロント・サン紙未発表の漫画

漫画における反ユダヤ主義への非難は、このブログの一般的なカテゴリーになるかもしれません。

シンジケートの漫画家の場合、厳密には新聞社が別の代理店に委託しているサービスであるため解雇とは言えませんが、もし彼がスタッフの漫画家であったなら、今日私たちが扱っている媒体はいずれにせよ彼を解雇していたでしょうし、今回が初めてではないでしょう。

ポストメディア・ネットワーク・グループの一員であるカナダの新聞社トロント・サンが、ある漫画について謝罪し、撤回し(というより未掲載)、謝罪し、今後この作者の漫画を掲載しないと発表しました。

トロント・サン紙はその決定を 次のように説明しています:

サン紙は漫画について謝罪

この漫画は当社の編集基準に合致しておらず、掲載したのは誤りでした。

今週初め、私たちはウクライナのヴォロディミール・ゼレンスキー大統領がジョー・バイデン米大統領の財布をポケットから取り出す様子を描いた漫画を掲載しました。

これは、米国のウクライナへの援助が窃盗を伴うものであるかのような虚偽の内容でした。

これは、ウクライナ出身のカナダ人、そしてロシアの侵略に対して存亡をかけた闘いを繰り広げているすべてのウクライナ人を傷つけるものでした。

彼はまた、ゼレンスキー氏に関する記述に反ユダヤ的なステレオタイプを用いました。

それは、ユダヤ系カナダ人、そして現在世界的な反ユダヤ主義の波によって攻撃を受けているユダヤ人を傷つけるものでした。

私たちは彼らを失望させ、読者の皆さんを失望させました。

この漫画の作者であるシンジケート漫画家は、今後本紙に登場することはありません。

今後、より良い記事を掲載することをお約束します。

- 編集長 アドリアン・バトラ

この画像は、自称「保守派」の漫画家ゲーリー・ヴァーヴェル(1957年)によるもので、12月20日(コピーはアーカイブにあり)に紙面とオンライン版に掲載され、その後ウェブサイトから削除されました。ほとんど説明のないそのシーンは、ゼレンスキーがジョー・バイデンの財布をポケットから取り出すというもの。

何でもかんでも「反ユダヤ主義」。

このジョークはムルシアの水たまりよりも深みがなく、弾力的でオープンエンドなため、さまざまな解釈が可能だと思いますが、掲載したメディアを含む一部からは、たちまち反ユダヤ 主義などのレッテルを貼られてしまいました。

カナダのジャスティン・トルドー首相でさえ、トロント・サン紙の「反ユダヤ的な内容」を批判しました。

著者が表現しようとした具体的なメッセージにはまったく気づいていませんが、ゼレンスキーがユダヤ人である以上、誰かがこのジョークを反ユダヤ的だと主張するだけで、それ以上議論する必要はないのでは、という気がまたします。おそらく、反ユダヤ主義という非難は、往々にして薄っぺらで性急なものであるため、擁護のしようがないのでしょう。

カナダの新聞社が漫画を撤回、謝罪して漫画家を処分

ユーモア・トラブル事例集(III)
漫画や風刺イラストが原因で、何らかの重要な問題に巻き込まれた漫画家の事例。また、漫画家でなくとも、それを共有したためにトラブルに巻き込まれた人々の話もあります。


Suscríbete por email para recibir las viñetas y los artículos completos y sin publicidad

Artículos relacionados

Este blog se aloja en LucusHost

LucusHost, el mejor hosting