キヤノンPIXMA TS3350複合機、控えめだが効率的

 

この記事にはアフィリエイトリンクやそれに類するものは一切含まれていません。記載されている製品はすべて、私がリンクを持っていない場所から購入されたものです。

自宅でプリンターが必要になり、人生で2台目のプリンターを買った。最初のプリンターはHPの多機能プリンターで、当時はまだ日常的に使われていた電話機(そう、ケーブルが編みこまれているやつだ)とFAXが付いていた。

それはHP Officejet 4255 All-in-Oneだった。2004年に発売され、2006年6月に販売終了になったと思う。ということは、このオールインワンから新しいオールインワンまで、20年近く経っていることになる。

新しいのはキヤノンのPIXMA TS3350で、プリント、コピー、スキャンができる。その技術仕様については、面倒な作業であることを除けば、メーカーのマニュアル(PDF)で読むことができるので、詳しくは述べない。

そのデバイスは、私が好きではない箱のひとつに入って届いた。なぜなら、興味のあるもの、つまりガジェット本体以外のすべての写真が載っているからだ。

表はエホバの証人のパンフレットのようで、笑顔の美しい人々がオフィスで働きながら恍惚としているふりをし、裏には必要のない写真がたくさん載っている。

中はすべて圧縮され、ラップに包まれ、コルクの間にしっかりと保護されている。

箱から取り出して最初にすることは、さまざまな可動部を固定している赤いステッカーをはがし、カートリッジのハウジングに挟まっているプラスチックの保護パーツを外すことだ。

付属の白黒とカラーの2つのインクカートリッジをセットし、スイッチを入れれば印刷の準備は完了です。

注文時に40ユーロ以下だったプリンターなので、あまり期待していなかった。価格の安さを物語っているのはまず素材の品質で、これが低価格帯のプリンターであることは明らかだ。しかし、家庭用としては十分な性能を持っている。

私は何かを購入する前に、ありとあらゆるレビューを読む習慣があるのだが、このプリンターに関するほとんどすべてのレビューで、繰り返し書かれていることがあった。カバーとフレームの仕上げが緩く、すべてが非常に薄くて軽いプラスチックに感じられる。

フラメンコの絵が2秒間も作用したら耐えられないだろうし、低い高さからであっても落下したらたちまち5万ピースのパズルになることは確かだが、一部の人が言うほど大げさではない。少なくともその枠組みにおいては。ただし、扉付きの家具の一部や、ペットや子供の手の届かないところに置くことをお勧めする。

操作は非常にシンプルで、3つの使用モードがある。wifi経由、キヤノンアプリから、またはパネル上のファンクションキーから手動で。

無線LANを使えば簡単だ。一度ネットワークに接続すれば、PCがすぐに見つけてくれるので、あとは何もする必要がありません。

最も困難だと感じたのはモバイルアプリで、何かを白黒のみで印刷する場合、このオプションは少し隠れていて、そこにたどり着く方法が分かりにくい。

PCソフトウェアはまともで、2つのプログラムで構成されている。1つはスキャナ機能専用(IJ Scan Utility)で、もう1つは印刷用(IJ Printed Asssistant Tool)だ。

私がこのデバイスを使う唯一の用途であるスキャナ機能は十分だが、2009年から使っている、当時90ユーロもしたベテランで陳腐で不滅の専用スキャナ、Epson Perfection V30よりは全然いい。

プリンターには「静音設定」オプション(比較のためテスト中)があるが、正確には静音ではない。最大の騒音は、印刷前に紙をキャッチして他のバネを動かすときに発生し、ガタガタと大きな音を立てる。その後、印刷は前刷りより少し音が小さくなり、かなり速くなる。

ここで彼女は3つの短いパラグラフを印刷している。

写真の仕上がりにビビる必要はない。不鮮明に印刷されたり、にじんだりすることはなく、マクロ写真で紙の目の数以上のディテールを見せてくれる。最終的な仕上がりはいつも通りで期待通りだ。

同梱されている2つのカートリッジは低容量のもので、非常に長持ちする。少なくとも、モノクロで印刷するためにカラーを使う必要はないが、カラーで印刷するためにモノクロが必要かどうかはわからない。

オリジナルカートリッジは安くないが、他の販売者のショップで多少良い値段で売られているのを見たことがあるが、互換性のある他のブランドのカートリッジもある。

COCCINKブランドは、互換性のある再生PG-545XL(ブラック)カートリッジを販売しており、2つのカートリッジを約31ユーロで販売している。

全体として、オリジナル・カートリッジはそうではないが、安価なプリンターであり、設定も簡単で、性能もそこそこ、製造材料もそこそこである。


Suscríbete por email para recibir las viñetas y los artículos completos y sin publicidad

Artículos relacionados

Este blog se aloja en LucusHost

LucusHost, el mejor hosting