クリスチャン・ホヴァの嘘

 
 
クリスチャン・ホヴァの嘘

Cristhian Hoyos Varillas ペルーのイラストレーターで、自分の作品に Cristhian Hova」とサインしているが、今週、自分の芸術的成功について嘘をつくという不器用な行為を犯して話題になっている。ゴーストは、盗作と並んで、職業上、最も許されない罪の一つです。

ジャーナリストのディエゴ・サラザール氏は、『エル・コメルシオ』紙に掲載された記事をひもとき、その欺瞞を発見することになる。ブログでは、かなりいい加減なイラストレーターの嘘を検証していく過程が詳細に語られている。

ホヴァは、『ニューヨーカー』の表紙を3枚描いたなどとでっち上げたが、それはすべて粗雑なフォトモンタージュであった。

さらに、リアム・ギャラガーが自分のイラストを貼り付けた写真を見せるという加工もした。

そして、よくあることだが、この著者の他の盗作疑惑が表面化し、残りの業績が問題視されている。

El Comercio紙は記事(スクリーンショット)を削除し、謝罪した。その後、「Hova unmasked」と題した別の記事も掲載された。

イラストレーターも自分なりに謝罪し、ソーシャルメディアのアカウントをすべて閉鎖してネット上の存在感を消しました。彼のウェブサイトも「停止中」となっている。

Cristhian Hova

私は石打を好まないし、石打を避けるようにしているが、選ばれた人が悪い人、とても悪い人である場合を除き、この場合、イラストレーターが現実を確認することは公正であると思う。

クリスチャン・ホヴァの嘘全文はこちら ニューヨーカーに掲載されなかったペルーのイラストレーター。

関連する

humor-apuros

Suscríbete por email para recibir las viñetas y los artículos completos y sin publicidad
Artículos relacionados