コミックの真実

 
 
コミックの真実

コミックの真実

この美味しそうなタイトルの上に、蜘蛛の巣の絵が描かれたこの不穏な8ページのアメリカの小冊子は、1950年代前半から半ばにかけて発行されたもので、コミックブックの危険性を警告しているのだろう。

この怖い話は、まず、毎月約9000万冊のマンガが売れ、そのほとんどが犯罪やセックスに関する雑誌で、子供や若い人が買っているという話から始まります。

この談話の背後にいるであろう人物は、そう、いつもの人だと想像がつく。

本文では、「ウォール・ストリート・ジャーナルによると、年間8億4千万枚が発行され、4年前より20%増えている」と指摘する。

少年非行が(偶然に恵まれて)約20%増加したこと、そして、若者や子どもが凶悪犯罪に巻き込まれることが最悪であることを付け加えている。

これらの雑誌の多くは、文章と写真で、盗み方と殺し方を詳しく説明している。そして、子どもは銀行だけでなく、お菓子も盗むことができるのです。

caramelos

ここから、彼らは、すべての子どもたちの病気や不幸の原因がマンガとそれを売る人たちであると指弾し、マンガが売られ読まれるのを止めるために行動を起こすよう、キリスト教徒に呼びかけるのである。

このことを説明するために、彼らは博士のいくつかの文章の中で語られている驚くべき劇的な出来事を引き合いに出している。 フレデリック・ウエルサム1953年

彼の最も有名な著書は 無垢の誘惑(1954年)、アメリカ議会でコミック産業に対する調査委員会を組織させることに成功し、コミックコード制定の礎を築いた。

漫画が引き起こすカオスという彼の理論を例証するために選ばれた出来事は、これ以上ないほど重苦しいものだった。

6歳から8歳の3人の少年が7歳の少年を捕まえ、両手を縛ったまま裸で木から吊るし、マッチで焼くのです。

警察の捜査では、もちろん漫画が悪いという結論になる。漫画で見た光景を再現していたのだ。

ninios-queman

11歳の少年が強盗の最中に女性を殺害し、逮捕に向かうと漫画に囲まれているのを発見する。

20歳の弟は、「すべての原因を知りたければ、そこにある。あの腐った漫画のせいだ」と言った。

mata

13歳の少年が犯行に及ぶ。 猟奇殺人6歳の女の子の逮捕された後、刑務所で少年はこう頼んだ。コミックもちろん、保安官は渡すのを拒否した。いいんじゃないでしょうか。

また、漫画を読むことにほとんどの時間を費やしていた13歳の少年は、4歳の少女に性的殺人を犯しました。

murder

このばかげた小冊子の残りの文章も見逃せない。コミックの恐ろしい影響力によって罰せられたアメリカ社会を黙示録的に描き、出版社や地元の商店のコミック販売者に対する行動や祈祷などを呼びかけているのである。

narices-verde出典見つけたコミックプラスに掲載された雑誌私はこのサイトを飽きることなく推薦しています。

pdf-2 ダウンロード(PDF)

narices-verde2014年9月4日更新

Ignacio Fernández Sarasolaの素晴らしい仕事 : “黄金時代のアメリカにおけるコミックと少年非行” enTebeosfera2ª EPOCA 12

Suscríbete por email para recibir las viñetas y los artículos completos y sin publicidad
Artículos relacionados