サハラ砂漠をめぐるPSOE

 
 
サハラ砂漠をめぐるPSOE

サハラ砂漠を舞台にしたPSOE2022年3月20日の漫画 CTXT

スペインがサハラ砂漠を占領したのは1883年、それから90年後にサハラウィ族が誕生した。 ポリサリオ戦線 独立を主張する企業が生まれるだろう。

1年後の1974年、フランコ政権が末期を迎えていたスペインは、自決のための国民投票の実施を提案した。モロッコはその後、住民投票を見送り、砂漠でポリサリオ戦線と戦うことを選択した。1975年11月6日、ハッサン2世は35万人の民間人を送り込み、「モロッコ・サハラ」と呼ばれる地域を占領した。これがいわゆる「緑の行進」の始まりである。

1976年、スペインはポリサリオ戦線の支援を受けずにモロッコとモーリタニアに植民地を譲り、数千人のサハラ人がティンドゥフ(アルジェリア)の町付近のキャンプで砂漠に亡命する。ポリサリオ戦線がモーリタニア、モロッコと戦争になる。

「サハラウィの人々は、パレスチナ人と同じような運命を強いられた。それは、彼らの土地からの追放と富の略奪に集約され、民族浄化と厳しいアパルトヘイトに耐える過程である」。 出典.

1979年にモーリタニアと和平、1991年にモロッコと停戦を結びました。

その直後、国連を前に和平が成立し、国連はそのプロセスを監督する目的で「国連西サハラ住民投票ミッション(ミヌルソ)」を創設した。

PSOEの残りの運動は通り過ぎた えんぎものサハラの自由を要求する野党でありながら、自分たちが統治したときには背を向ける。

自己決定tururu

の286ページで紹介しています。 PSOEの選挙プログラム2019年の一般的な教訓を読み解くことができる。

-“我々は、サハラ人の自決権を保障する国連決議の遵守を通じて、西サハラ紛争の解決を推進する。この目的のために、我々は、サハラ人の自決の原則を尊重した、公正で決定的な、相互に受け入れられる紛争解決に到達するよう努力すると同時に、スペインの主要パートナーであるモーリタニアとアルジェリアの参加を得て、西サハラ担当国連特使が促進しているモロッコとポリサリオ戦線の対話を支持し、この地域の人権監視を促進します」と述べています。

さて、Pedro Sánchez氏は次のように書いています。 べっし失敗した脱植民地化とその結果としての西サハラの人々の見捨てられた歴史に加えられる哀れな物語である。そして、彼の連立パートナーは、何度目かの飲み込みだ。

首相は、モロッコの主権内での自治を求めるモハメド6世の要求を、サハラ紛争解決のための「最も深刻で現実的で信頼できる根拠」として、一方的に受け入れたのである。この協定は、少なくともわが国の政府筋にはその文面が知られていないが、”ぎむ“モロッコがセウタ、メリリャ、カナリア諸島を手放す”。カードの入れ替えです。

モビライゼーション

サハラ砂漠をめぐるPSOE

動員は、すでに以下の地域で呼びかけられています。 異民族都市をスペインで開催しました。

CEASサハラ例えば、Coordinadora estatal de Asociaciones Solidarias con el Sahara por la autodeterminación e independencia del pueblo saharauiは、「No en mi nombre」をスローガンに、来月26日にマドリードで集会を招集しています。サハラウィの人々の自決のために」。

これが通話に付随するテキストです。

「スペインとモロッコ両政府の間で交わされたコミュニケを驚きを持って読むと、モロッコが提案した西サハラ自治計画を、スペインが脱植民地化の過程で生じた紛争に対する唯一の信頼できる解決策と考えているようである。

スペインが統治権を持ち続けている西サハラの問題で、政府は歴史的、法的、政治的責任を知らないかのようにモロッコの占領者に味方しているが、どのような論拠に基づいているのか疑問である。そして、サハラウィの人々の平和的闘争の能力とサハラ連帯運動の能力に気づいていないと確信している。

CEAS-Saharaは、政府を構成する政党、政府を支持する政党、そして野党に対し、国際法を執行する努力を倍加し、過去46年間の西サハラに関するスペイン外交政策の特徴であるコンセンサスを破る、政府のこの決定を力強く拒否するよう要請する。

唯一の公正で現実的かつ政治的な解決策は、国際法に基づき、サハラウィの人々が自決のための住民投票の実施を通じて選択するものである。

我々は、サハラウィ・アラブ民主共和国とその正当な代表者であるポリサリオ・フロントへのコミットメントを再確認する。CEAS-Saharaは、最後の勝利まで彼らと共に歩みます。

スペイン政府は、常に、私たちがサハラ砂漠の人々の自決と独立の権利を守ることが正しいという知識を与えてくれる、あらゆる強引さをもって、私たちを前面に押し出してくるでしょう。

我々は 、サハラウィの人々、サハラウィのコミュニティ、そして国際法の擁護者と友好を結ぶすべての団体に、このナンセンスに対する我々の拒否を示すために提案されるであろう動員に注意を払うよう要請 する。

サハラウィの人々は、今こそ私たちを必要としている! サハラウィの人々の自決と独立のために!」。


Suscríbete por email para recibir las viñetas y los artículos completos y sin publicidad
Artículos relacionados

悪のボスたち

50秒

富裕層への課税