タブレットのエクササイズ、XP-Pen Star 06

 
  • ES
  • CN
  • EN
  • X-Pen Star 06 Ejercitar la tableta de dibujo

    反抗的な表情を浮かべるXP-Pen Star 06のマデロとプラスティケス

    水曜日にグラフィックタブレットが届きました。XP-PenStar 06というモデルです。

    仕上げや色彩の作業を補完する役割を果たし、少しずつ完成予想図にも使っていこうと考えています。

    X-Pen Star 06もちろん、ブランドからも、仲介業者からも、何も支払われていないことは言うまでもありません。それも貸し借りではなく、自分のお金がかかっている。79,99€をきっちり払いました。

    使い始めてから数時間、すでにいくつかの感想があるので、興味のある方のために紹介します。

    タブレットを使ったことがない人にとっては、使い始めて数分後の最初の反応がこれかもしれないと想像しています。

    Ejercitar la tableta gráfica

    久しぶりの使用です。最後に試したのは7年ほど前、第3世代のWacom Bamboo Pen & Touchでしたので、細かいところを比較するにはそれしか参考になりません。

    このタブレットは、絵を描くプロからもっと賞賛されている他のブランドの同様の機能を持つものを買う余裕がない場合、最初のタブレットとして適切な選択と言えるでしょう。

    Ejercitar la tableta X-Pen Star 06

    ライクラアーティストグローブが付属しています。着けたとたんにベラスケスが現れて、「きれいだね」と言ってくれる。

    カリフォルニアで設計され、中国で組み立てられたものです。仕上げは正しいが気取らず、手触りはきちんとしたプラスチックで、全体的に軽く(付属品をすべて入れても700gに達しない)、原理的にはある種の儚さを感じさせるものだ。

    細部

    背面の電源スイッチはペラペラで、今にも取れそうなほど小さい。それ以外のボタンやホイールは、より統一感のある操作感を実現しています。

    もうひとつは、充電器のコネクターで、何度か使っているうちにスロットの位置がずれてきて、いつもより少しつっこまないと差し込めなくなることです。実際、数百回使用すると、使い込んで変形してきたため、差し込むのにジャマが入るようになります。

    タブレットのエクササイズ、XP-Pen Star 06

    ミドルレンジに近い格安の選択肢の中では、いろいろな意味で際立っています。

    アクティブエリア(254mm×152mm)に対して。

    8192段階の筆圧感知機能については、2048段階からが多すぎてほとんど感知・使用できないとの声が聞かれる。

    ケーブルで接続できるため、ワイヤレスで使用できるリチウム電池を2時間の充電で16時間使用できる(メーカー調べ)という。

    また、タッチペンに電池が不要なのもポイントです。

    脆弱なソフトウェア

    特にホイールの設定に関しては、設定ソフトのバージョンが非常に限られており、解決策も乏しく、全体的に不便な印象を持ちました。

    混乱していて、ホイールにアクションを割り当てるには、試行錯誤しながらほとんどやみくもにいじくり回すしかありません。

    X-Pen Star 06

    もうひとつ、なかなか調整できないのがアクティブエリアで、16:9のモニターでは、ソフトウェアのプレビューで表示されるアクティブエリアと実際に使用できるエリアが一致せず、画面上では数ミリ小さくなっています。

    このスタイラスは、ほとんどのタブレット用スタイラスと同様に、一見するといつも太すぎるように見えます。実際、普通のタッチペンよりかなり太く、エディング1200よりやや太く重いのですが、手が小さくてもすぐに慣れるものです。

    Ejercitar la tableta X-Pen Star 06

    いくらタブレットが進化しても、紙に描くという体験に近づけるメーカーはない(もしかしたら必要ないのかもしれない)。

    一日中、ストローク、シェーディング、フィリング、ハッチングの練習をしました。私は基本的な幾何学図形を落書きして、手(と瓶と新しい表面とのつながり)を慣らしました。キャリブレーションを行い、調整できるものはすべて調整した後のレスポンスは、かなり許容範囲内です。

    Ejercitar la tableta

    最初のチクチク作業

    買って損はないと思います。高度なプロファイルを持たず、他の優れたタブレット(タッチやスクリーン)を使ってきた人であれば、良い感触を得ることができるでしょう。

    2022年5月16日更新。3年4ヶ月経った今も使い続けています。かなり手を入れていますが、今でも十分通用します。コネクタはまだ苦労しているものの、壊れることはない。これは、新しいケーブルを購入するか、技術があればコネクタを交換することで解決できます。

    2022年5月19日更新。を買いました。 Wacom Intuos Pro MXP-Penは中古で完璧な状態で、若いアーティストにプレゼントしました(抽選で)。

    メーカーからアマゾンで購入したのですが、なんと見積もりより1日早く届き、何か初めてのような気がしてその 常識を覆す.

    長所

    • タイトな価格帯。
    • 軽量化。
    • 性能が良い。
    • 設定可能なホイールと6つのボタン。
    • アクティブエリアのサイズ。
    • 充電速度、電池の持ち、レスポンスが良い。
    • 電池不要のタッチペン。

    短所

    • 充電ケーブルが悪い。
    • ソフトが弱い。
    • 非常に小さく、薄っぺらい電源スイッチ。
    • ペンボタンの位置が少し気になる。
    • ペンは小さな手には少し太いです。
    • メーカーが宣伝しているほどバッテリーがもたない。
    • タッチペンがスタンドにうまくはまらず、落ちてしまう。

    Suscríbete por email para recibir las viñetas y los artículos completos y sin publicidad

    Artículos relacionados