テレグラフ社の漫画家、マット・プリチェット氏の年収は65万ポンド(約9000万円

 
 
テレグラフ社の漫画家、マット・プリチェット氏の年収は65万ポンド(約9000万円

雑誌『プライベート・アイ』から見たページ これ

ある程度の名声のある 漫画家の 収入を調べることは、あまり一般的ではありません。公式」なレートはなく、普通なのは、さまざまなメディアで仕事をする「フリーランサー」(ここでは自営業者)で、そのレートは、事務所の見積もりや彼らの合意できる内容などに依存することです。つまり、みんな精一杯生きているのです。

この辺りでは、稼ぎが少ないとか悪いとか、ケツを蹴飛ばすのが当たり前になっているが、30年以上勤めている会社で一番の稼ぎ頭になっているイギリス人漫画家がいる。

風刺雑誌『プライベート・アイ』によると、マット・プリシェット氏は テレグラフ誌の漫画家は、年間65万ポンドと福利厚生を受け、マットは同紙の編集長より20万ポンドほど多く稼いでいる。

漏れを防ぐ

1年で約73万ユーロ、1カ月で約6万1,000ユーロです。 多すぎる?テレグラフ社は、彼が競合するオファーに誘惑されないように、この巨大なノートを与えることにしたようだ。

テレグラフ紙は、マットが週末を過ごすサフォーク・レクトリーの家の費用や、ドルドーニュ地方の別荘を購入するための無利子ローンも支払っていると言われている。

同誌は、この高額な給与は、テレグラフ社がマットを競合他社に「引き抜かれない」ようにするためだとしている。 プライベート・アイによると、デイリー・メール紙とタイムズ 紙はすでに彼にオファーを出しており、 彼の退社によって、多くの読者と収入が失われることになるという。

プライベート・アイ』は、『テレグラフ』が新卒の見習い記者に年間 25,000 ポンドを支払っており、漫画家一人の値段で26 人の記者を雇えるという「楽しい事実」で締めくくっている。

マットの漫画はお金を払う価値があるのかとか、そういう議論がある中で、ツイッターの雑談が盛り上がりを見せています。

「計算したところ、この給料とボーナスで、引退後はハンプシャー州を丸ごと買えるほどの金持ちになれるという結論に達した。

65万ポンドの給料で、漫画1本あたり約2500ポンド(約2900ユーロ)。マットの漫画の平均インク量が約6行であることを考えると、ほぼ妥当な金額と言えるでしょう。”(@Eff__Jay)さん

ジョークをジョークにする人がいる

年俸は65万ポンドで、彼の同僚は彼の漫画を面白いと思っているふりをTwitterでしなければならないという条項が契約に盛り込まれています。マットのエージェントが本当に釘付けになりました

また、それほど面白くもなく、とんでもない賃金格差を指摘する人もいます。

マットの給料の絶対的な数字の信憑性には疑問がある。参考文献はあのプライベート・アイのノートだけで、何のソースもないただの意見文だからだ。すべてが嘘だとは思わないが。でも、誰にもわからない。

漫画家を捕まえるために経済戦争が行われたのは初めてではないだろう。1992年、『テレグラフ』紙は、チャールズ・ピーティーとラッセル・テイラーに、『インディペンデント』紙から『テレグラフ』紙へ アレックス・ストリップを移籍させるために、わずかな資金を支払った。

2月末、テレグラフ紙はマット・プリチェットの漫画連載30周年を祝いました

で、ここは?

スペインで同じような事例を探すと、ミンゴテしか思い出せません。もし、他の例を知っている人がいたら、口笛を吹いてください。

2009 年、支払能力の疑わしい情報筋によると、ABC 新聞は、この漫画家がマドフ詐欺で 失った80万ユーロをミンゴテに支払い、その際、とりわけ彼の妻イザベル・ミンゴテには、同紙の副 編集者と同等の給与、運転手付きの車、すべてをカバーする保険が保証されると合意したという。当時は、決められた額の毎月の収入を生涯保証する年金基金の 創設がその方式ではないかと推測されていた。

そのストーリーをご紹介します。


Suscríbete por email para recibir las viñetas y los artículos completos y sin publicidad
Artículos relacionados