ニクと永遠の盗作

 
 

ニクと永遠の盗作

ニクと永遠の盗作

アーティストや一般の人々に、より多くの怒りと拒絶を引き起こすものといえば、盗作であり、2位は空想と嘘でしょう。それ以外の小さな罪は、注目を集めるために芸術家側のせいにされ、ほぼ普通のこととして想定されるため、大抵は許される。

オマージュの限界を超え、インスピレーションを過剰に発揮し、アイデアを盗んでしまう人がいることは明らかですし、私たちが知っているすべての作品は、多かれ少なかれ、他の作品に由来しているのです。人は刺激や影響から逃げることはできない。

初心者が、資料もなく、悪しき背景もなく、急いでいるときに、絶対にばれないと確信して、他人の作品から インスピレーションを 受けすぎて依頼を解決してしまうことがあります。普段はたまにペイペイしている人たちですが、ここで言っているのはそれ以外の人たちです。

Nik y el plagio eterno

インターネットを利用していた2011年1月アニメ

そのほかの人たちは、慢性的なプラギアリストです。彼らはたいてい、何に対しても敬意を払わない平凡な作家で、自分の欠点を他人の作品で補い、それをやめるつもりはほとんどなく、彼らの多くは、インターネットで見つけたクールなものを、ほんの少し、たいてい悪い方に変えて「改善」するのが自分の芸術スタイルだと信じているのです。

盗作で訴えられた作家の中で、永遠に続くと思われるケースがある。アルゼンチンの漫画家、クリスティアン・グスタボ・ズウォニク(通称「ズウォニク」)のケースである。ニック“記録 “を消すのに苦労しそうだ。

盗作告発のリストはあまりに長く、いつから広まったのか特定するのは難しい。議論のために、この漫画がラ・ナシオン紙に掲載された2006年1月21日から話を始めることにしよう。

Nik y el plagio eterno

1972年にEdiciones la Florの“Mafalda 8 “掲載されたQuinoのこのストリップ(編集本なので1969年に描かれたものと思われる)と十二分に類似していることを発見した人も多いだろう。

Nik y el plagio eterno

「ニックはアルゼンチンの漫画家の間で初めて不安感を抱かせるようになりました。誰も彼に我慢できない」。キノ, 2004

しかし、盗作の告発はもっと以前からあり、2004年2月には早くも 対談 (Copia)で、キノはニックがルディとダニエル・パスを盗作したと非難し、多くのアルゼンチンの作家と『ガトゥーロ』の作者との間の悪感情を浮き彫りにした。

“ミゲル・レップとはとても仲が良く、彼は前世代で最も才能のある漫画家の一人だと思います。ただし、ニックは『ラ・ナシオン』誌の記者で、ルディやダニエル・パス、『パジーナ/12』から多くの盗用を始めています。ニックはアルゼンチンの漫画家の間で初めて不安を抱かせるようになった。誰も彼に我慢できない。円卓会議があれば、みんな自分がいないことを条件に参加するくらいに」。

忘れてはならないのは、Mafaldaが最も人気のある製品のひとつになったことです。 最も操作された文字をインターネット上で公開しています。

それ以来、ニックは盗作を語る上で避けては通れない名前となった。彼の最も人気のあるキャラクターであるガットロは、常にガーフィールドの「海賊版」、つまりジム・デイビスの有名な猫の無許可版、悪いコピーとみなされてきた。

2007年、『Hipercrítico』に掲載されたCiccoの署名入り記事には、次のようなタイトルが付けられています。 なぜ誰もニックを愛してくれないのか?漫画家ミゲル・レピソとニックの衝突などが描かれています。レプ“.

デュハルデ政権では、ニックが冗談でグラシエラ・カマーニョを猿の惑星に例えて、レップはこう書いている。 一品と、外国人嫌い “であることを非難し、さまざまな罵詈雑言を浴びせた。また、別の発言では彼を泥棒呼ばわりしたため、レップは訴訟を受け、裁判で不利にならないように合意を得なければならなくなった。レップが弁護士に要求したのは、たとえ裁判所のトイレであっても、ニックと交わることがないようにということだけだった。”以前は “レップは、「こだわりがあった」と言う。今、私はそれを乗り越えています。私が彼を読まないからかもしれません。彼のやっていることはゴミだ、完全に。

DiscrimiNation」と題されたその記事の中で、レップは、ニクとともに受賞候補になっていた賞を辞退する機会も得た。

「数週間前、私はKonex賞の候補者であると知らされ、その候補者の中にはこのNik氏も含まれていました。その特権を放棄するために、この台詞を利用するのです。ひとくくりにされるのは嫌だ。ありがとうございました。
そして、最悪なのは、カマーニョを守らなければならなかったことだ」。

事例が多すぎる

合理的な類似性が蓄積され、「黒本」と呼ばれるまでになった。 PDFまた、このサイトでは、盗用と疑われる30以上の例や、作者のクレジットを表示せずに画像を使用した例をまとめています。

その多くがそうであるにもかかわらず、私にとってはすべてがそれほど明白に見えるわけではない、と言うのが正直なところです。それでも我慢してこのト書を読み続けてくれるなら、以下、偶然と「当たり前」について書いていこう。

ニックが署名を削除され、色彩まで加工された画像を使用し、自身のソーシャルネットワークで公開したことに関連して、盗作という誤った話がある。

盗作が成立するためには、盗作者が著作権を主張しなければなりません。もちろん、作者を無視しているので粗悪な使用であり、それをするのが他のアーティストであればなおさら粗悪であるが、自分のものとして署名したわけではないので、盗作ではない。そして、彼はいつでも、すでに操作されたものを見つけたという簡単な言い訳ができる。しかし、ニックの話をすると、彼がジョークやフレーズをコピーして自分のものとして署名するのは初めてではないので、かなり難しい運動である。

サインを剥がされたアニメの最近の3つの例(1) (2) (3)

Nik plagio

2017年8月12日、漫画家のグイド・ラ・ロサは、数ある「偶然」のうちのもうひとつを発見し、自身のFacebookでこのように語りました(キャプチャー)。

“どんな漫画家にも、ニックがジョークをコピーする日が来る”。

著者からの否認

ニックは何度か公的な否認の表明を受けているが、最後はチリのFAS2018(Festival de Autores de Santiago)に招待された後だった。

チリのイラストレーター、漫画家、作家のコミュニティは、この招待状が、作家を主役とするフェアの精神に反しており、集団の仕事に対する敬意を欠いていると考え、この文章を手紙に書きました。

“このコミュニケに署名する漫画家、漫画家、作家、読者は、2018年11月にガブリエラ・ミストラル文化センターで開催されるサンティアゴ作家祭(FAS)への漫画家Cristian Dzwonik “Nik” の招待を否認する。これは、彼の同僚に対する不誠実で絶え間ない盗作の記録によるもので、商売の倫理を低下させ、侵害するものです。ですから、作家が祝われるフェスティバルへの招待や表彰は、彼の不正行為の免罪符を強化するだけだと信じています」。

この声明の署名者は、Googleドキュメント( )に少なくとも143人の署名を集めました。キャプチャ2018年11月11日)。手紙と署名はFAS 2018のFacebookページに送られましたが、主催者の一人によると、組織から何の反応もなかったそうです。

2016年、リマ(ペルー)の国際ブックフェアであるFILリマはCPL(ペルー書籍会議所)が「内部問題」と非難したものの、ソーシャルネットワーク上で雪崩のように批判が殺到し、ニックの訪問を中止した。

Nik plagio

ニックの説明

インタビューで、盗作疑惑について聞かれたことも一度や二度ではない。彼はいつも、さまざまな議論を展開し、そのなかには合理的なものもある。いつも中途半端で、「有名人だから批判される」という匂いのするプレゼン。

2013年、Los Eternautasのインタビューで「Quinoは苦情を言わなかった」と語っているが、法的な苦情がないことと盗作がないことを関連付ける単純な推論をすり込もうとしているのだろう。

要するに、ニックは、5万件のジョークが出版されていれば2015年の別のインタビューでは、この数字を6万、7万と太らせている)、2、3、4件は他の人と似ているのがあって当たり前だと主張し、(この他の1件はスリム化して)こう言って仕上げているのだ。

“成功しているのになぜ2つも3つも4つも5つも似たようなものを作ろうとするのだろう?とんでもない理屈で、むしろ逆で、そんなものがあると知っていたら、やらなかっただろう」ということです。

ニックの説明は、決して批評家をなだめることはできなかった。ガツロは子供には好かれるかもしれないが、大人には嫌われ、彼のキャラクターを「アンチ・コミック」、ニックを「くそ生々しいネズミ」と表現することをためらわない人もいるほどである。

ニックは、こうした問題に対して、プロフェッショナルな問題意識を持っていないと思います。調子は悪くなさそうだが、それでも自分が彼の立場だったらと思うと、嫌になる。彼はまだ例外的なケースで、他の人の作品や自分の作品を尊重する漫画家はもっとたくさんいます。

オブジェクティブ

私の謙虚さのなさを示すために、次のことをお知らせします。 という造語を作りました。という言葉は、この種のアニメを何かで呼ぶ必要性に応えて、何年も前に生まれました。

Obviñeta:最も簡単で陳腐なジョークに基づく明白な漫画で、救済措置なしに繰り返される。

こういう冗談を言うことで、他の多くの人が持っていたであろうアイデアを得るために、チケットを買い占めるのです。同じ日、昨日、数ヶ月前、数年前の可能性もある。オビニェータは、偶然というワイルドカードを殺し、偶然の可能性を増大させる。

オビニェータが描かれると、もはや誰が最初に描いたかは関係ない。しかし、そのようなことは、もっと多くの人がやっていることであり、中には自分が火薬を発明したと思い込んでいる人さえいる。これは何も悪いことではなく、一緒に見てスタイルや小さなバリエーションを比較するのが楽しいとさえ言えます。

しかし、もののプロは、冗談が通じる特別な超能力を持っていることが前提です。

出版されるものすべてをコントロールすることはできません。しかし、日々コツコツと作業をする作者には、時折目を配ることができます。それでも、私は何度もオビニェータに陥った。それは誰にでもあることだし、これからもあることだ。Nikほどでないことを祈ります :P

その他の合理的な類似性

このとりとめのない話を締めくくるために、オビニェータの例をいくつか紹介しよう。

同じプランジャーです。

-年末にとても搾取されるアイデアです。

ダブルゴールド

似たような王冠がたくさん

-3人揃ったブルート

はとこりんご2個

-同じ死、同じ考え

4によく似ている!?

首まで2本

ゴルフと同じようにフクロウのペア

-そして、以下はその一部です。


Suscríbete por email para recibir las viñetas y los artículos completos y sin publicidad
Artículos relacionados