ニューヨーク・タイムズ紙が謝罪、トランプとネタニヤフ首相に関する漫画を取り下げ

 
 
ニューヨーク・タイムズ紙が謝罪、トランプとネタニヤフ首相に関する漫画を取り下げ

ニューヨーク・タイムズ紙はこの漫画について謝罪した。

漫画の反ユダヤ主義への非難をめぐる争いは毎年恒例で、かなりの数の事例がない年はない。今日、漫画を「撤回する」あるいは検閲するという話は単にばかげたことで、従来の大量配信を刺激するものである。

この件では、漫画を提供したカートゥーン・アーツ・インターナショナル社との契約解除と、その漫画を選んだ編集者への処分に終始した。

ポルトガルの漫画家による漫画 アントニオ・モレイラ・アントゥネス(1953)が、4月25日(木)のニューヨーク・タイムズ国際版に掲載されました。それ以前の4月19日には、この漫画家が1974年から働いているポルトガルの週刊誌『Expresso』に掲載された。

イスラエルのネタニヤフ首相が、ダビデの星を首輪にぶら下げた盲導犬に戯画化され、キッパと黒眼鏡をかけたドナルド・トランプ米大統領を引っ張っているシーンです。

この漫画は、そのページに掲載されている意見書とは全く関係がなく、反ユダヤ的なメッセージを拡散し続けるための口実に過ぎないという指摘もありました。

ニューヨーク・タイムズ紙が謝罪、トランプとネタニヤフ首相に関する漫画を取り下げ

そしていつものように、ボールはすぐに回り、この漫画はイスラエル政府に対するあらゆる批判の総称である反ユダヤ主義として非難された。苦情は、新聞社や漫画家を攻撃するさまざまな組織からもちろんドナルド・トランプ氏やマイク・ペンス氏などからも寄せられています。

その2日後、この騒動のさなかに、ノルウェー人のロア・ハーゲン氏(ありがとう、 ソフィ・シエテ)の別の漫画が掲載され(作者は判明していない)、さらに雰囲気がヒートアップした。詳細はこちら

ニューヨーク・タイムズ紙が謝罪、トランプとネタニヤフ首相に関する漫画を取り下げ

モレイラの意見に反対する一部の漫画家も党に加わり、この漫画をバージョンアップして反応した。

ニューヨーク・タイムズ紙が謝罪、トランプとネタニヤフ首相に関する漫画を取り下げ

アメリカのA.F.ブランコが4月29日に描いたバージョン

ニューヨーク・タイムズ紙が謝罪、トランプとネタニヤフ首相に関する漫画を取り下げ

の解釈は シェイ・チャールカ週刊誌のイスラエル人漫画家 マコールリション

NYTの反応と謝罪

4月27日(土)、NYTは最初の社説で、この漫画には反ユダヤ的な表現が含まれており、「不快だ」と述べ、掲載の決定は「誤り」だったと付け加え、シンジケーションシステムを非難するとともに、削除されたと発表した。

ニューヨーク・タイムズ紙が謝罪、トランプとネタニヤフ首相に関する漫画を取り下げ

その1日後、別のコミュニケで、この出版を深く反省し、謝罪し、二度と起こさないことを確約している。彼らはシンジケート・アニメの選考と出版のプロセスを非難し、システムの大幅な変更を約束しています。

ニューヨーク・タイムズ紙が謝罪、トランプとネタニヤフ首相に関する漫画を取り下げ

同日、この2回目のプレスリリースに加え、Stacy Cowleyによる次のような長文の記事が掲載されました。 タイムズが反ユダヤ主義的な漫画の掲載を謝罪

また、その日のうちに、Bret Stephensによるより力強いタイトルの意見広告も掲載されました。The Timesに掲載された卑下した漫画“この漫画は「反ユダヤ主義のプロパガンダ」であると表現しています。

“同紙は、なぜ反ユダヤ的なプロパガンダを掲載するようになったのか、深く反省すべきだ”。

4月29日、NYTは国際版でのシンジケート漫画の掲載を中止することを正式に発表した。

罰則および契約解除

5月1日(水)ニューヨーク・タイムズ紙 ほうどうは、この画像を国際版に掲載することを選択した出版社を処分(?)し、同紙に漫画を提供したカートゥーンアーツ・インターナショナル社との契約を解除することを発表した。

今後、タイムズ社と直接関係のないアーティストが制作したシンジケート漫画は掲載しないとのことです。

その他のモレイラの漫画

一方、何十年も描き続けているモレイラの他の漫画を探し出し、1983年のものを救い出した人たちもいる。エルサレム・ポストはこれを機に想起し、1983年7月のJTAの報道によれば、この漫画は第一次レバノン・イスラエル戦争当時、イスラエル(IDF)兵士がレバノン人の女性や子供に銃を向け、ナチスに例えるというものだったと公表している。

ニューヨーク・タイムズ紙が謝罪、トランプとネタニヤフ首相に関する漫画を取り下げ

(クリックで拡大)

モレイラの1983年の漫画(左)は、ワルシャワのゲットーでユダヤ人の一団を護衛するドイツ兵を描いた、作者不明の1943年4月19日の歴史的写真(右)に触発されている。

この年、モントリオールで開催された第20回インターナショナル・サロン・デ・ヴィネットで、モレイラはこの絵で入賞したようだ。

また、1992年に『Expresso』に掲載され、話題を呼んだ別の漫画のことも思い出した。

ニューヨーク・タイムズ紙が謝罪、トランプとネタニヤフ首相に関する漫画を取り下げ

当時、モレイラは鼻にコンドームをつけた教皇ヨハネ・パウロ2世を描いていた。この漫画は、エイズをなくすにはコンドームではなく貞操が唯一の方法であるというローマ法王の発言を風刺したものであった。

エルサレム・ポスト紙によると、2万人以上が、ポルトガル議会に対し、この漫画を否定する行動をとるよう求める請願書に署名した。

2009年3月、モレリラは別の漫画で、コンドームをRatzinguerに、今度は彼の頭にかぶせました。

漫画家が答える

漫画家側は、反ユダヤ主義という非難を拒否し、次のように述べました。

国連の保護下にあるパレスチナで犯罪行為を行っているイスラエルの政策への批判であり、ユダヤ人への批判ではない“と。

モレイラはExpressoへの宣言で、イスラエルに関するドナルド・トランプの立場と決定はオスロ合意の埋没を意味し、彼はパレスチナ人の利益を無視しており、だからこそ彼はトランプをネタニヤフに導かれた盲人として描写したのだ、と修飾した。

ダビデの星」の使用については、ポルトガルで知名度の低いネタニヤフ首相を読者が識別するためのグラフィック要素に過ぎないと主張している。

「トランプの不規則で、しばしば盲目的な破壊的な政策は、ネタニヤフの拡張主義的な急進主義を後押しした」「私はユダヤ人に何の敵意もないが、イスラエルの政策には多くの不満がある」モレイラ・アントゥネスは、ワシントン・ポストのインタビューに対してメールで回答している。

週刊エクスプレスの位置づけ

ポルトガルの週刊誌Expressoは謝罪しなかっただけでなく、5項目の声明でこの漫画とその作者を擁護し、反ユダヤ主義の非難を否定したのです。

1.エクスプレッソは、表現の自由と意見の自由を常に擁護しており、その原則を放棄することはありません。46年間、私たちは常に政治的、経済的、宗教的な権力から独立した存在であり続けました。

2.アントニオの漫画は意見を述べるためのスペースであり、この場合、作者は米国の外交政策についてのビジョンを反映しています。反ユダヤ主義的なメッセージを含むものでも、それを広めるものでもないと理解しています。

3.アントニオはExpressoの寄稿者であり、国際的な賞を受賞し、膨大な作品を発表している漫画家であることが思い出されます。

4.エクスプレッソは、どのような宗教であっても、反宗教的なメッセージの掲載を決して許しません。

5.ユダヤ人コミュニティのメンバーや、この論争で不快な思いをされた方々のために、エクスプレッソは、イスラエルやユダヤ教とその信者を品位のない形で描写する意図はなかったと明言します。

ニューヨーク・タイムズ紙が謝罪、トランプとネタニヤフ首相に関する漫画を取り下げ関連:全世界で125件

ニューヨーク・タイムズ紙が謝罪、トランプとネタニヤフ首相に関する漫画を取り下げ

Suscríbete por email para recibir las viñetas y los artículos completos y sin publicidad
Artículos relacionados