バイオグラフィーMatthew Pritchett, Matt

 
 
バイオグラフィーMatthew Pritchett, Matt
テレグラフ」編集部のマット/(英語 インスタグラム

Mattと署名しているMatthew Pritchettは1964年7月14日生まれ。で4年間、デザインとイラストレーションを学ぶ。 セントマーチンズスクールオブアート ロンドン芸術大学で4年間デザインとイラストレーションを学び、そこで後に結婚するパスカル・スメッツと出会う。

映画カメラマン

カメラマンになりたかったマットは、BBCで夏の無給の仕事を受け、Allo ‘Allo!」を撮影した。 テットフォードの森.

朝5時に起きて、森の中で14時間、箱の積み込み作業“。しかし、BBCのカメラアシスタントの仕事が来た時、まさにその仕事をタダでやっていた私は、一次選考すら通らなかったのです。私はただ、ここには絶対に入れないと思っただけです。” 言われる2018年2月、同紙での30歳の誕生日に「The Telegraph」にて。

映画カメラマンを目指したが、「カメラをあちこちに運ぶ」ことが主な仕事であることを知り、断念した。

大富豪の生活図面

しばらくはピザ屋のウェイターとして働いていたプリチェットだが、雑誌が漫画1本につき75ポンドも支払うことを知り、「週に1本はジョークを考えなければならないし、2本思いついたら大富豪のように暮らせるだろう」と決心したのだ。

漫画の初出版

何週間も様々な出版物にジョークを投稿し続けた結果、プリチェットは1つのジョークを『Skype』に掲載させることに成功した。 ニューステーツマン.

私はとても興奮し、目についた新聞販売店に行くと、私の漫画が毎号載っているのを見つけたのです「と、マットは著書『マットの30年』の序文に書いている。 しょさいを2018年に発表しました。

史上最低の漫画

プリチェットは、ピーター・バーケットが編集するデイリー・テレグラフの『ピーターボロー』に話題性のある漫画を送り始めた。最初の作品はバーケットの休暇中に受理され、激怒して戻ってきた彼は、A3 サイズに拡大したものをオフィスの壁に掛け、「これはこれまで出版された中で最悪の漫画だ」というキャプションを添えました。

その漫画が見つからないので、マットに手紙を出したが、まだ返事をもらっていない。もし返信があれば、ここに追記します。

マットはその頃をこんな風に思い出している。

「だから、話題性のあるアニメを作ろうと思ったんだ。そうすれば、ジョークの題材も常に変わるし、他の人と一緒に仕事ができるからね。

“ニュースルーム “は映画の撮影現場とそれほど変わりません。面白くてゴシップ好きな人たちがチームを組んで働いていますが、森ではなくオフィスなのです。当時、『テレグラフ・ピーターボロー』紙は毎日漫画を掲載しており、午後3時までにフリート・ストリートのオフィスに届けられた絵は、同紙の編集者が検討することになっていた。1日3本の漫画を納品して約6週間後、突然1本の漫画が掲載された。しばらくすると、彼は週に何本か入れるようになった。

マットはその後も新聞に作品を発表し続け、1988年には.NETの後任となった。 ジョージ・ゲイル(1929 – 2003)、同じ原寸大の政治漫画を制作し、現在は「MATT」のサインが入っています。

の死後 マーク・ボクサー同年、編集者のマックス・ヘイスティングスは、プリチェットをデイリー・テレグラフとサンデー・テレグラフの「ポケット・カートゥーニスト」のポストに就かせることを検討した。

ポケット」の漫画

この「ポケット漫画家」を定義しようとすると、「ポケット漫画家」という直訳はあまり適切ではないのでやめておきます。ポケット漫画になっているのはヴィネットの方なので、スペイン語の直訳としては、おそらく「dibujante de viñetas de bolsillo」(ポケット漫画家)が最も正しいのでしょう。

ポケットヴィネットは、テーマ性のあるギャグで、ポケットのように小さいサイズで、非常にシンプルな絵柄です。多くの場合、それはほとんど最小限のものです。グラフィックよりもジョークが勝っている。

政治漫画の会」に良い答えがあります。 記事で の中で、ポケット漫画が政治漫画の範疇に含まれるかどうかを問うている。

「ポケット漫画の場合、精神的な努力は相当なものですが、そのスピードは、政治漫画の場合ほど細かくはなく、テクニックも必要です。いずれにせよ、ポケット漫画家は一般的に政治漫画家、あるいは漫画家よりも芸術的な才能に欠ける。彼らの基本的な能力は、なんといっても「毎日が面白い」ということだ。

ある失敗がきっかけで、テレグラフ社との関係がより強固なものになった。

テストとして、1週間に6本のサンプル漫画を作るように言われ、6週間後に、今でもプリチェットのお気に入りの一つである最初の漫画が印刷されました。

デイリー・テレグラフ紙の一面に掲載され、カップルが登場し、登場人物が「昨日よりいい木曜日になるといいな」と言った。

バイオグラフィーMatthew Pritchett, Matt

マットの最初の漫画は、テレグラフ紙が一面に誤った日付を印刷した翌日に掲載された(1988年)。

マットは自著の序文で、テレグラフ紙の漫画家としての仕事の始まりとなったこの日付の事件を振り返っている。

「ニュースルームでうろうろしていると、ページのちょっとした隙間が空いたときに他の漫画を頼まれることにすぐに気がつきましたそして、1988年2月24日、テレグラフ紙は一面で、その日を一日早い25日(木)と誤った日付を載せてしまった。

「読者は狂喜乱舞し、郵便局で揉めたとか、24時間前に医者に行ったとか、電話をかけてきたのです。編集長のマックス・ヘイスティングスは一面トップで謝罪文を書かなければならなかったのですが、私がニュースルームを歩き回っていると、誰かが「君は漫画家だ、これに合うものが必要だ」と言ったのです。

「私の漫画を表紙にしようと必死で、6種類のジョークを提供したところ、それが功を奏し、最後に思いついた1つが使われたのです。半年もしないうちに『テレグラフ』の一面漫画家に任命されましたが、2月25日はすべてが始まった日だといつも思っています」。

新聞社のテーブル

プリチェット氏は、入社当初からデイリー・テレグラフ社のオフィスでデスクワークをしていた。”私は一人でいるのが苦手なんです “と認めています。”私はとても不規律で、オフィスで人に囲まれ、何かしなければとパニックになる必要があるんです “とね。

午後には夕刊の編集長に半ダースの「下書き」を提出し、掲載するための「最終版」を作り上げるのが彼の日課であった。その日のニュースが特に重要であれば、彼の漫画は破棄されるかもしれなかったが、プリチェットはこれを受け入れ、1989 年に「声明や意見の漫画」を描くことには興味がなく、「冗談でないもの」を描くのは好きでないと述べている。

影響力

プリチェットは、『デイリー・テレグラフ』紙のポケット漫画の題材を「人生に影響を受けた普通の人々」と表現し、大きな人気を博しました。ガーディアン』誌の漫画家のことを認めている。 ブライアン・マカリスター(1945)に影響を受けた。

ブライアン・マカリスターは、『ガーディアン』紙の優秀な「ポケット」漫画家であった。独裁者フランシスコ・フランコが亡くなった時、ブライアンの漫画では、棺を担いだ一人が他の人に「彼の咳が聞こえたか」と尋ねていた(笑)。ソース).一方、アメリカでは、『サタデー・ナイト・ライト』のチェビー・チェイスが、「ジェネラリッシモ」の死に関するジョークを、さらに発展させて、次のように言っていた。 こてんぱんに.

マットはまた、次のような影響を受けたと主張している。 ジャン・ジャック・サンペ (1932-2022)とニューヨーカーの漫画家たち。

1995年に15万ポンドの賃上げ

新聞社の社員の給料は、昔からマスコミが普段話題にしない問題で、特に漫画家は稼ぎが多いので話したがらないものです。これは当たり前のことではないのです。マットについては、いつもよりずっと高い給料をもらっていたと言われている。

もし、収入がほとんどない、あるいはゼロであれば、恥ずかしくて言わないだろうし、多ければ、書面や守秘義務などの契約上の理由で言わないだろう。

The British Cartoon Archiveに掲載された伝記によると、彼がその時 マックス・ヘイスティングスに移されました。 イブニングスタンダードを1995年に発表しました。 サー・デビッド・イングリッシュ(1931 -1998) は、プリチェットが姉妹紙のデイリー・メールに移籍するなら大幅な賃上げを提案すると説得したが、プリチェットは次のように答えたと伝えられている:”。親愛なるマックス、Daily Mailのオファーは私がここで得ているものより15万ポンドも高いのだが、申し訳ないがThe Daily Telegraphでとても満足しているので、ノーと言わざるを得ない」。

1990年代半ばでもこれだけの昇給を断る余裕があったのなら、当時の給料を知らなくても、確かに給料は少なかったのだろう。

650.千ポンド/年

2018年、風刺雑誌『プライベート・アイ』は、コラムの中で”羞恥心の通り道「の中で、プリチェットの給与について述べています。同誌によると、マットは年間65万ポンド強を懐に入れていたという。

The Telegraph goes all out for 30 anniversary of Matt Pritchett’s cartoons」と題されたコラムでは、「(2018年)2月23日に全職員が道具を命じられたので、編集者が クリス・エバンスは、マットに賛辞を送ることができた。翌日の新聞は1面特集、3面はフィリップ殿下や首相などの賛辞で埋め尽くされ、さらに雑誌では3500字のカバーストーリーが掲載された”……という。

Matt Pritchett, dibujante de The Telegraph, gana 650.000 libras al año

プライベート・アイ誌のページ、見た これ

「そして、月曜日の新聞には、マットが過去30年間の好きな漫画を選ぶというページが4ページ続きます。これだけでも、高級紙には3万ポンドの費用がかかった。この祝賀会は少なくとも11月まで続き、EvansはCadogan Hallで劇場チケットを購入した観客の前でMattにインタビューする予定です。

「マットが面白く、好感が持て、読者に愛されていることは否定しないが、
スタッフを評価するよりも解雇
することで有名な同社が、なぜこのような感傷を抱くようになったのだろうか?
単純な話、マットは長年切望してきたタイムズ紙やデイリーメール紙から仕事の依頼を受けており、エイダン・バークレー会長はマットを失うことは編集長の辞任につながると明言したのだ


“テレグラフの売れ行きがデイリー・スターより少ない現在(38万5000部、前年比18%減)、バークレイはマットが辞めれば読者の反乱とさらに悲惨な部数崩壊を恐れている “という。

「この
漫画家はすでに他の報道部員よりもはるかに多くの収入を得て
おり、
65万ポンド
、これに対して編集者のクリス・エヴァンスは40万ポンドである。

“寛大さ “はそれだけではありません。マットが週末を過ごすサフォークの牧師館は、雑誌の表紙を飾るために取材を受け、2010年に多額のボーナスが支払われた。

「また、ドルドーニュ地方に別荘を購入するための無利子ローンも提供された。

Private Eye はコラムの最後に、「Telegraph は若い新卒者に 25,000 ポンドを支払っており、これは一人の漫画家の値段で 26 人の記者を雇えることを意味している」という不思議な(あるいは面白い)事実で締めくく っている。

このPrivate Eyeのコラムは、Twitterでいくつかの反応があり、それに伴う雑談が発生しただけで、それ以上の反響はありませんでした。

「計算したところ、この給料とボーナスで、引退後はハンプシャー州を丸ごと買えるほどの金持ちになれるという結論に至った。

65万ポンドの給料で、漫画1本あたり約2500ポンド(約2900ユーロ)。マットの漫画が平均6行のインクで描かれていることを考えると、ほぼ妥当な金額と言えるでしょう。”Eff__Jay(アーカイブのコピーなしでアカウント停止中)。

また、それほど面白いとは思わない人もいて、とんでもない賃金格差を指摘する人もいました。

マットの絶対的な給与額の信憑性は塩漬けにせざるを得ないが、参考文献がこのプライベートアイの記事だけで、出典のない意見文に過ぎないため、すべてが嘘とは思えないのである。でも、誰にもわからない。

漫画家の逃亡を防ぐため、あるいは誘発するために経済戦争が行われたのは、今回が初めてではないだろう。1992年、『テレグラフ』紙は小金を払ってアレックス・マスターリーを買収した。 ピーティーとテイラーがインディペンデント紙からテレグラフ紙へ。

このは、アレックスが The Independent に別れを告げた漫画である (28/12/1991) 。 曰くとても生意気

バイオグラフィーMatthew Pritchett, Matt

大英帝国勲章

2001年、MBE(大英帝国勲章)を授与された。その頃、彼はデイリー・テレグラフ紙に推定2,500枚のポケット漫画を描いており、カナリー・ワーフにある同紙のオープンプランのオフィスの一角にある机でまだ働いていた。

プリチェットの作品は、「パンチ」「スペクテイター」等にも掲載されている。

プリチェットは「散発的なアプローチ」で、「どんなにひどいものでも」何十もの漫画のアイデアを書き留め、それらを編集者に見せる6つほどの原稿に磨き上げていくのです。”最初の1枚が通ることは非常に稀で、たいてい最後の1枚になる “と認めている。ちょっとした腸内洗浄のようなものだと思っています。

漫画の題材は通常、主なストーリーに沿っていますが、プリチェット氏は「面白くて、何となく話題になっていれば、彼らは気にしない」と認めています。

によると アンドリュー・マーマットは、「彼の怒りに満ちた派手なライバルのように、何百万人もの人々の意識に入り込んでいる」のである。彼の辛辣で噛み付くような、独りよがりのパートナーは、労働者階級にとっての彼と同じように、中産階級にとっての彼なのです」。 アンディ・キャップは労働者階級に対してだった。

受賞歴

1992年グラナダTV漫画家賞、1995年、1996年、2005年カートゥーン・アート・トラスト・ポケット漫画家賞、1996年と1998年UKプレス・ガゼット漫画家賞などを受賞している。

マットは他の漫画家からも賞賛されている。「というコメントもいただきました。 クリスチャン・アダムスPritchett が 2009 年 British Press Awards で cartoonist of the year を受賞したとき、「彼は週に少なくとも 6 つの漫画を制作するだけでなく、その一つ一つが新鮮に映るのです。

ワークルーチン

2009年、プリチェット氏は、朝8時半に競合する新聞をチェックし、「誰かが私より面白いことをやっていないかどうか」を確認するのが日課だったという。

そして、翌日の『デイリー・テレグラフ』に掲載される内容を編集部に問い合わせるのである。そして、「ゴミが最初に出てくる」と言いながら、ジョークの候補をスケッチし始める。”それから、ちょっとおかしなアイデアも。そうなるともう、いいアイデアしか出てこない。”

午後4時には、オフィスで披露するジョークのページが出来上がる。プリチェットも「自分のことを一番わかっているわけではない」と認めている。最終的な選択は編集者に任されるが、「実は編集者の秘書が選んでいる」とプリチェットさんはジョークを飛ばす。彼女はずっといい裁判官です。最終的な描画は、紙面の締め切りである21時前に完成する。

プリチェット氏は、「何かを楽に見せるのは大変な作業だ」として、ポケット漫画が簡単ではないことを認め、「コメディアンがやるようなジョークを設定できないのが欠点で、もっと瞬間的でなければならない」と指摘する。

また、このようなジョークは、周囲のニュースが深刻であるからこそ、インパクトを与えることができる。”漫画を想像するときは、ページとその横に表示される見出しを考えているんだ。周りに重いニュースがあると、ホラーのページの間に小さな四角ができることもあります。時には、これがジョークのための完璧な設定である。”

プリシェットは、細いフェルトペンのプロフィペンを使い、時には水彩画(1994年まで、時には レトラトーン).

バイオグラフィーMatthew Pritchett, Matt

ポン “の作品を敬愛する人(グラハム・レイドラーポケット漫画は黄ばんで誰かの冷蔵庫にしばらく貼られたままだが、ポン の『イギリスのキャラクター』シリーズのような作品は時代を超越している」と、漫画 の芸術に対する自らの貢献を自己批判している。

“私の漫画は時に政治的な発言をすると言われます。”しかし、私が求めているのは安っぽい(安易な)笑いなのです。

クリエイター家族

マットは、デイリー・テレグラフのベテランコラムニスト、オリバー・プリチェットの息子であり、小説家でありニュー・ステーツマンの文芸編集者の孫である。 サー・ヴィクター(V.S.)・プリチェット(1900-1997).

彼の姉 ジョージナは、数々の賞を受賞したコメディやドラマの脚本家です。 なかでもは、エミー賞5回、脚本家組合賞6回、ゴールデングローブ賞2回、BAFTA賞、プロデューサー組合賞を受賞しています。

高い評価を得ているHBOのシリーズ「Succession」の脚本家兼共同製作者。また、7シーズン続いたエミー賞受賞のHBOシリーズ「Veep」の共同製作者兼脚本家でもある。

1993年、脚本家として、『崖っぷち!』のエピソードを手がける。 吐き出す映像.

マット・プリチェット氏は、元ファッションデザイナーのパスカル・スメッツ氏(現在はホームセンターのオーナー)と結婚し、5人の子供をもうけています。Pascaleの妹Benedicteは、The Telegraphの元編集者であるMartin Newlandと結婚しています。

彼の娘の一人。 イーディスの娘(25歳)が漫画家の道を歩んでいる。ニュースサイト「 トータス」の漫画家として活躍し、現在は「ガーディアン」で絵を描いている。

イーディス・プリシェット この日は自己紹介をしました。 だから、トータスで。

“私はとても芸術的な家系なんです。両親とも美術学校に通っていたので(両親はそこで出会い、父は今でも製図家です)、私の子供時代の多くは、兄弟と一緒にスケッチブックの前に無理やり植えつけられたものでした。

私には3人の姉と1人の弟がいますが、いつも絵を描いて育ちました。私たち兄弟は、できるだけ恐ろしい漫画のような描写を描いて、お互いをからかったものです。今にして思えば、とても特異な兄弟喧嘩だった。

マットは、家族のアートワークが減ってきていることについて、何度もジョークを飛ばしています。祖父は物語を書き、父は新聞のコラムを書き、私は1日8、9文字で生計を立てているので、子どもはパントマイマーになります。“.の終わりに この動画ブライアン・ドーベン氏のこのジョークを聞くことができます。

マットはテレグラフのために描き続けている。

参照した資料


Suscríbete por email para recibir las viñetas y los artículos completos y sin publicidad
Artículos relacionados