バッファロー・ニュース紙がズボンを下ろし、ユダヤ人コミュニティーに謝罪。

 
The Buffalo News drops its trousers and apologises to the Jewish community over cartoon
アダム・ジグリスによる漫画。ブファロ・ニュース、2023年12月26日

さて、 ここで読めるこの話には結末があり、再び新聞社がズボンを下ろして幕を閉じます。

バッファロー・ニュースはついにユダヤ人コミュニティからの圧力に屈し、ユダヤ人コミュニティの要求通り、アダム・ジグリスのこの漫画を掲載したことについて、ユダヤ人生活チャバド・センターをはじめとする 団体やコミュニティのメンバーに謝罪しました。

黒い背景に2本のろうそくの火が描かれた謝罪文の中で、彼は、私がもっと馬鹿げていて、ひねくれていると思う、血の中傷というものを強調しています。

血の名誉毀損

この新聞は、この漫画を「血の名誉毀損」として知られる中世の儀式と結びつけています。

この中世の騒動が起こったのは、メディアに寄稿した何人かの人々が、ホロコーストとの関連性を詮索してでっち上げ、結局はそれを全部押し込んでしまったからでしょう。

今、犯罪者たちは、パレスチナ人の虐殺を続けながら、自分たちを被害者として見せようと主張しています。今回の民族浄化は、いわゆる「反ユダヤ」伝説ではありません。パレスチナでイスラエルによって殺害された人々は、現在3万人を超え、そのうち少なくとも1万2千人は子どもたちです。

ダビデの星

メディアに頭を下げ、ひざまずくように仕向けたもう一つの要素は、ダビデの星の使用です。どうやら彼らはいまだに、ダビデの星はイスラエルによってのみ操られ、国旗に描かれるほど手のつけられないシンボルだと信じているようです。またしても、国家シンボルとその神聖性への昇格が、 「最高の」神権国家のように表現の自由を蹂躙しているのです。

今回、少なくとも漫画家の首は転がらず、彼の漫画は新聞に掲載され続けています。それはいいことです。

以下はバッファロー・ニュースの謝罪文:

社説委員会謝罪

「私たちが12月26日に掲載した政治漫画は、私たちの地域内外の多くのユダヤ人に深い痛みを与えました。今日、私たちはその痛みが存在する理由をよりよく理解し、私たちが傷つけた人々に謝罪します。

私たちの失敗は、敵意ではなく、歴史とニュアンスへの注意不足によるものです。確かに、この漫画の意図は物議を醸すものでした。この漫画は、ガザで民間人の死者が増える中、バイデン大統領がイスラエルを封じ込めるためにあまりにも何もしなかったことを批判しようとしたもの。しかし、頭蓋骨、血、ダビデの星を含む画像を使用しました。私たちは、それが多くのユダヤ人にとって引き金になるとは知りませんでした。今になってその理由がわかりました。

ダビデの星はイスラエルを象徴するものとして理解されるだろうと考えていましたが、文化や民族性といった幅広い意味合いを十分に考慮していませんでした。振り返ってみて、また議論を重ねた結果、このような使われ方は大きな苦痛を与えざるを得なかったと理解しています。そうするつもりはなかったのですが、そうしてしまったのです。

また、私たちはユダヤ教における血の意味や「血の名誉毀損」の概念も理解していませんでした。蛇口から滴り落ちる血まみれの頭蓋骨のイメージは、多くのユダヤ人にとって深く恐ろしい記憶となりました。私たちは血の名誉毀損の歴史を知りませんでした。そして、水道の蛇口のイメージがホロコーストとどのように呼応するのかについて考えることもありませんでした。

私たちはこの数日間で多くのことを学びました。私たちはバッファローのユダヤ人コミュニティのリーダーたちとオープンで生産的な会合を持ちました。ニューヨーク州西部のユダヤ人は、私たちの地域にとって不可欠な存在であり、私たちは彼らの存在、貢献、友情を大切にしています。私たちは彼らの存在、貢献、友情を大切にしています。

バッファロー・ニュース紙がズボンを下ろし、ユダヤ人コミュニティーに謝罪。

ユーモアのトラブル事例集(III)
漫画や風刺イラストが原因で、何らかのトラブルに巻き込まれた漫画家たちの事例。また、漫画家でなくとも、それを共有したためにトラブルに巻き込まれた人々の話もあります。


Suscríbete por email para recibir las viñetas y los artículos completos y sin publicidad

Artículos relacionados

Este blog se aloja en LucusHost

LucusHost, el mejor hosting