ピッツバーグ・ポスト・ガゼット紙、漫画家ロブ・ロジャーズを解雇

 
  • ES
  • RU
  • DE
  • FR
  • EN
  • ピッツバーグ・ポスト・ガゼット紙がロブ・ロジャースの漫画19点を拒否し、彼を解雇

    “移民の子供たち”。ロブ・ロジャース2018年6月1

    25年勤めた漫画家の媒体が、その日の漫画を掲載しないのは、逸話や失敗談といえるでしょう。あるいは、ドアを向けている。 このようなことがなかった漫画家はいないと思いますが、短期間に19本もの漫画がボツになると、その問題は深刻と言えます。

    1993年からピッツバーグ・ポスト・ガゼット紙で絵を描いているロブ・ロジャース(Tw,FB,Web)がそうだった。

    ピッツバーグ・ポスト・ガゼット紙、漫画家ロブ・ロジャーズを解雇2018年6月14日更新.ちょうどその1週間後、ロブ・ロジャースが をこう発表した。が解雇された。

    “悲しいお知らせです。” “ピッツバーグ・ポスト・ガゼットの 編集漫画家として25年務めた私は” “今日、解雇されました。”

    捨て漫画のほぼ全てにトランプが登場。

    同紙が検閲した19の漫画のほとんどは、ドナルド・トランプを取り上げたものだった。これらは、そのボツになった漫画のうちの1oです。

    ピッツバーグ・ポスト・ガゼット紙、漫画家ロブ・ロジャーズを解雇
    ピッツバーグ・ポスト・ガゼット紙、漫画家ロブ・ロジャーズを解雇
    ピッツバーグ・ポスト・ガゼット紙、漫画家ロブ・ロジャーズを解雇
    ピッツバーグ・ポスト・ガゼット紙、漫画家ロブ・ロジャーズを解雇
    ピッツバーグ・ポスト・ガゼット紙、漫画家ロブ・ロジャーズを解雇
    ピッツバーグ・ポスト・ガゼット紙、漫画家ロブ・ロジャーズを解雇
    ピッツバーグ・ポスト・ガゼット紙、漫画家ロブ・ロジャーズを解雇
    ピッツバーグ・ポスト・ガゼット紙、漫画家ロブ・ロジャーズを解雇
    ピッツバーグ・ポスト・ガゼット紙、漫画家ロブ・ロジャーズを解雇
    ピッツバーグ・ポスト・ガゼット紙、漫画家ロブ・ロジャーズを解雇

    編集者を指差す

    ジョン・ブロックがドナルド・トランプへの共感を表明したことは、多くの人にとってロジャースの漫画の原因となっています。Post-GazetteとThe BladeのオーナーであるBlock Communicationsの John Robinson Blockは、トランプ支持者であることを公に告白している。2016年には選挙集会の後、自家用機で現大統領に会った。さらに、「記憶に残る以上の体験だった」とも書いている。

    ポストガゼット紙は2016年11月にも「決め方の手引き:クリントンとトランプのどちらかを選ぶための12のテスト」と題する記事で批判を浴びたことがある。この文章を、トランプ氏をひそかに支持したものと理解した人は多い。

    2018年1月、「人種差別としての理性:移民の議論が脱線する」と題した社説は、ポストガゼットの元スタッフやピッツバーグの大手財団から批判を受けた。また、同紙の社員150人が編集者に宛てた手紙でも拒否された。その中で、ドナルド・トランプ大統領の人種差別的な暴言を擁護する文章であると指摘されました。

    ブロックの遺族もこの社説を批判した。ジョン・ロビンソン・ブロックの友人や家族16人が共同書簡に署名し、この作品は公民権のために戦ってきた同紙の遺産に反するとし、Post-Gazette紙に掲載されたのである。

    ジョン・ロビンソン・ブロック氏は、60年近く同紙を運営し、家族によれば「公民権と報道の自由の擁護者」であったウィリアム・ブロック氏の甥である。

    説明のない検閲

    6月6日、Rob Rogersは次のように語った。 めんごしてをラジオ局90.5WESAに投稿し、数日間沈黙していたことを明らかにした。かなり多くの人が怒っているのだから、そろそろ何か言わなければならないと思ったのだろう。

    ロジャーズ氏は、新聞社との私的な会話の内容を明らかにすることを拒否して、次のように述べた。

    「一般的に、私は新聞が漫画を “殺した “理由を教えてもらえませんでした。3月以降、10本の完成した漫画を却下し、その他にも9本のアイデア案のスケッチも却下された。”

    「自分の仕事をし続けたい」。

    ピッツバーグ・ポスト・ガゼット紙、漫画家ロブ・ロジャーズを解雇

    ボツになった9枚のスケッチのうちの1枚(出典)

    6月8日、筆者は Michael Cavnasに語った。ワシントンポスト 紙の『Comic Riffs』の記事の中で、著者は、34年近いキャリアの中で、編集者に拒否された漫画は平均して年に2、3本だけだったと述べている。

    しかし、今年3月以降、9つの漫画のアイデアを「殺し」、10つの漫画を完成させた。5月25日から6月4日の間に6本。その間に、今年の監修者であるキース・バリスにとって、彼の絵はどれもポストガゼットの掲載に値すると判断されることはなかった。

    「今週、5月24日以来初めて、私の漫画が掲載されました。

    “政治、イデオロギー、ドナルド・トランプとは無関係の内輪の問題”

    ピッツバーグ・ポスト・ガゼット 紙が発表したこの曖昧な文章は、最も返信に近いもので、次のように読むことができる。 対談をCNNのロブ・ロジャーズに送った。

    “これはスタッフ内部の問題であり、解決に向けて懸命に取り組んでいます。政治やイデオロギー、ドナルド・トランプとはほとんど関係がない。チームワークと編集作業に関わることがほとんどです。”

    ピッツバーグ・ポスト・ガゼット紙、漫画家ロブ・ロジャーズを解雇

    Pittsburgh Post-Gazetteのニュースルーム CNNでロブ・ロジャースを聞くために集まった。 CNNで、彼の漫画が拒絶されたことについて話しています。

    AAEC(米国エディトリアルカートゥーニスト協会) 声明文を発表AAEC(米国社説漫画家協会)も、ロブの漫画がなくなったことと、トランプに優しい出版社の登場を結びつけるのは、鋭い観察者でなくてもできることだと述べています。

    また、この機会に、編集者は読者に対して、そして真実の探求に対して責任があることを、すべての編集者に喚起した。編集部は公共の場であり、フロリダにある会員制のプライベートリゾートではないこと。自分たちのコルティージョ」ではない、という趣旨のことを言うに等しい。

    パット バグリーAAEC会長はまた、漫画家は常に編集者と「喧嘩」しているが、40年の職業生活でロジャースのような状況は見たことがないと述べた。

    “私の漫画が拒絶されることはめったにないが、そういうことはある “とBagleyは言った。”今回のロジャースの件は、一種の「空振り」(突っ込みと同義のスラング表現かフレーズだろう)だから少し違う。”とも。 ピッツバーグ・ポスト・ガゼット紙、漫画家ロブ・ロジャーズを解雇

    Post-Gazetteの元編集者兼コラムニストのDennis Roddy氏がKeith Burris氏を非難している。 紙上でと付け加えます。

    “論説漫画家は新聞社内の反対派であり、雪玉を手にした幼児が柵の向こう側を通るトップハットを見て、ただ我慢できなくなるのと同じだ “と。 ピッツバーグ・ポスト・ガゼット紙、漫画家ロブ・ロジャーズを解雇

    6月10日、ロジャーズ支持者のグループが、旧ポスト・ガゼット社の建物である34 Boulevard of Alliesの前で、同紙が掲載しなかった漫画のポスターを掲げてデモを行った。また、報道の自由を求める看板や、報道検閲をプロパガンダと比較する看板を掲げた人もいた。

    ラリーの主催者は リン・カレンこの集会は、Pittsburgh City Paperのウェブサイトでインターネットラジオ番組の司会を務めるジャーナリストKeith Burris氏が企画したものです。

    休日の過ごし方

    最終的に、この漫画家が選んだのは 伝えるは、自身のFacebookアカウントで、新聞社との関係がどうなるか分かるまで数日間休むと述べ、この機会に受けたすべてのサポートに感謝の意を表したのです。

    “ピッツバーグをはじめとする私の友人、家族、同僚、ファン、読者の皆さんに感謝したいです。皆様からのたくさんのご支援、ご声援をいただき、大変うれしく思っております。私は自分の仕事が好きなんです。今、私はこれまで以上に風刺の力を信じ、風刺が生み出す大衆の対話の力を信じています。その対話の一翼を担っていただき、ありがとうございます。

    ここでは詳しく言えませんが、ガゼット後の問題が解決するまで数日休むのが、この状況下ではベストだと思いました。

    感謝してもしきれないほどです。”

    2018年6月14日、ロブ・ロジャーズはピッツバーグ・ポスト・ガゼットを解雇された。同紙は、Stephen Spolarのこのメモ以外、公式な声明を出していない。

    “Pittsburgh Post-Gazetteは従業員に関する詳細な情報を提供しませんが、本日のロジャーズ氏の公開コメントに鑑み、同紙と我々のコミュニティに対する彼の長年の奉仕を称えたいと思います。”出典 CBSピッツバーグ

    ピッツバーグ・ポスト・ガゼット紙、漫画家ロブ・ロジャーズを解雇

    後日談です。 紙上よりその後、彼らが交渉に臨んだ内容の一部が明らかになり、それを機に、自分たちの漫画が検閲されたことを改めて否定するようになった。

    キース・バリスによると、ロジャーズ氏(59歳)は、フリーランスの寄稿者として、週刊誌のオピニオンページに週2回漫画を描き、さらに彼の週刊漫画『Brewed on Grant』を描くという契約を提示されたという。

    「私たちは、彼が新聞社に居続けられるような中間的な方法、取り決めを見つけるために最善を尽くしました。バリス

    彼は、ロジャーズ氏の漫画を「抑圧」したのではなく、ロジャーズ氏が彼の作品やアイデアについて「協力」することを望まなかったと述べた。

    “我々は彼がこれ以上トランプに関する漫画をやるな、親トランプの漫画をやるなと言ったことはない “とバリス氏は言った。”スタッフ漫画家 “にとって、編集も仕事のうち。ロブのビジョンは「Take it or leave it」だった。

    このことから読み取れるのは、ロジャーズが問題点をマークされたり、アニメのアイデアに影響を与えるようなふりをすることを拒否したということである。

    関連: “トランプをバカにしたせいでクビになった“by Rob Rogers.

    ピッツバーグ・ポスト・ガゼット紙、漫画家ロブ・ロジャーズを解雇

    ピッツバーグ・ポスト・ガゼット紙、漫画家ロブ・ロジャーズを解雇2018/06/18– CRNIでロブ・ロジャースにインタビューしました。

    ピッツバーグ・ポスト・ガゼット紙、漫画家ロブ・ロジャーズを解雇

    ロブ・ロジャースは2000年に海外記者クラブからトーマス・ナスト賞を、1995年にナショナル・ヘッドライナー賞を受賞している。1999年、ピューリッツァー賞の最終選考に残った。Golden Quill Awardsを12回受賞している(AAECプロファイル)。

    2.注意事項

    世間での議論が生まれたことに、良い意味で驚いています。媒体で働く人々の間では、漫画家は媒体の編集方針に対するカウンターウェイトと して、さらには反体制派として、他の視点を提供するために働いているのだと擁護する声 が存在するほどである。

    このようなことが起こったとき、この界隈でよく聞かれるのは、「彼らのメディアなのだから、彼らがどうしようと勝手だ」とか「メディアがこのように呼吸していると既に知っていたのなら、水たまりに飛び込むべきじゃなかった」などという伝統的なものです。

    また、二、三百人の読者が、この漫画家の作品を守るために、新聞社の門前でデモを行ったことも特筆される。私の記憶では、こちらでは新聞社の前で同様のデモを見たことがない。間違っていたら、教えてください。

    関連、全世界で百数十件。

    ピッツバーグ・ポスト・ガゼット紙、漫画家ロブ・ロジャーズを解雇

    Suscríbete por email para recibir las viñetas y los artículos completos y sin publicidad

    Artículos relacionados