フィリピンのジャーナリスト、共産主義者の「烙印」漫画はジャーナリズムの恥であると訴える

 
  • ES
  • RU
  • CN
  • PT
  • FR
  • EN
  • フィリピンのジャーナリスト、共産主義者の「烙印」漫画はジャーナリズムの恥であると訴える

    The Manila Timesに掲載された漫画家Steve Pabalinasによる漫画で、ジャーナリストを共産主義者と決めつけ、「ジャーナリズムの恥」と評された。

    NUJP (National Union of Journalists of Philippines)は声明の中でManila Timesの漫画を非難した。 しょさいは10月25日、政府批判者や進歩的な団体を軍の十字砲火にさらすために「烙印」を押し、「ジャーナリズムの恥」と呼びました。

    ジャーナリズムの恥“を知れ

    マニラ・タイムズ紙が社説で、批判者や反体制派に対する政府の心ない赤狩りを鸚鵡返しするような漫画を掲載したことを恥じる。

    この漫画は「地方共産主義者の多面性」と題され、共産主義者の反逆者が、議員、フェミニスト、活動家、教育者、聖職者、芸術家、そしてジャーナリストと書かれた人物が被るマスクを描いているようである。
    我々はTimesの偏向報道を蔑ろにはしていないし、確かにその理由はいくらでもある。しかし、まだメディアであると主張している以上、フィリピン社会の大部分を文脈や、最も重要な証拠なしに漫画的に中傷するよりも、もっと深く問題に取り組んでほしいものである。
    最悪なのは、ジャーナリズムの最も基本的な原則を完全に無視することによって、何百、いや何千ものフィリピン人の命を政府とその国家権力の十字砲火にさらしてしまったことである。
    これは何よりも、職業、国民、そしてフィリピン国家に対する彼の最大の冒涜である。”


    フィリピンの “赤 “マークに関するちょっとしたジョーク

    これは単なる漫画であり、重要性のない不条理な論争だとまだ信じている人たちにとって、このメッセージが発信された国の社会的文脈に移動することは好都合であり、それは決して冗談として受け取られるものではない。

    フィリピンでは「共産主義者」の烙印を押されると、死刑になることもある。

    2018年、大統領、ロドリゴ・ドゥテルテ。 脅迫的共産主義者を殺すための「死の部隊」を作ることと。その後、共産主義者のゲリラを1人殺すと、市民は誰でも500ドルもらえることになった。 報いる 共産主義ゲリラの死者1人につき500ドルで、これは軍隊を組織して殺すより安上がりだと付け加えた。つまり、「共産主義の推定」を理由に合法的に殺人を行う国民の自由裁量権です。

    ドゥテルテ、人権擁護団体に小便をかける

    他にも蛮勇を吐いている(こちら をまとめたビデオ。撮影について ちつじょをゲリラの女にぶつけて繁殖させないとか、サイコパスの戯言を言って、会場の笑いを誘っていました。

    また、国民を勇気づけた。 薬殺:

    “薬物中毒者を知っているなら、捕まえて自分で殺しなさい。” “親に頼むのは、あまりにも辛いことです。”

    ドゥテルテは非常に危険な男で、麻薬密売との戦いを口実にフィリピンを犯罪国家に変えてしまったのです。 名立たるで違法な処刑を正当化するために証拠を捏造したことに対して、「。麻薬戦争“.

    2016年にドゥテルテが政権をとって以来、彼は、警察による違法行為の調査を見過ごす一方で、麻薬の売人や使用者を殺害する全国的なキャンペーンを無条件に支持し、さらには彼自身がそうすると断言するなど、いかなる国際人権法も無視するようになったのです。 人払いをしていたそして、これからもそうしていくでしょう。

    海外のNGOや機関、政府から批判されるたびに、ドゥテルテは言葉を濁すことなく繰り返してきた。

    “人権に興味はない、信じてくれ”

    フィリピンのジャーナリスト、共産主義者の「烙印」漫画はジャーナリズムの恥であると訴える

    困ったときのユーモア、事例集(III)
    漫画や風刺イラストが原因で、何らかの重大な問題を抱えた漫画家のケース。また、漫画家でなくとも、他の人が共有してトラブルになったという話もあります。


    Suscríbete por email para recibir las viñetas y los artículos completos y sin publicidad

    Artículos relacionados