ブログはもうだめだ

 
  • ES
  • RU
  • PT
  • DE
  • IT
  • FR
  • EN
  • ブログはもうだめだ

    漫画の翻訳:「このポストがあれば、私はきっと勝てる」。

    ブログはもうだめだ

    2、3ヶ月に一度、ブログのリンク切れを修正するための手入れをします。 20年と4883の投稿が公開されているため、デッドリンクが現れるのは必然的なことです。これらの死体は、ある種の廃墟のようなイメージを与えるほか、位置づけ的にもまずい。

    それを見つけるために、WordPressを使っている人なら誰でもやっていることをします。プラグインを使用しています このようにというのも、これが最も簡単な方法であり、また、貴重なArchive.orgの ライブラリに失われたページのコピーを記録することにもなるからです。2018年にアーカイブに感謝します。ウィキペディアだけでも約900万件のリンク切れが修復されました。

    ただ、自動で位置を決めたり、削除したり、変更したりするだけでは終わらせない。私は、彼らが別のサーバーに移動したかどうか、または死んだリンクを指すために新しいページを開いたという手掛かりを残すために、彼らの最後のコピーを訪問する習慣をつけています。

    と言っていいと思います。ブログはもうだめだ。少なくとも、誕生時の発想のまま。再検索するたびに、廃れたブログがどんどん出てきます。これは逸話的な事実でもないのですが、ブログがこれだけ長く続いているのだから、ある意味 討ち死には昔からありますが、死傷者数を確実にカウントしている研究もあまりないと思います。

    ブログはもうだめだ

    のクロージャがあれば シェイカー (2005-2014)が何千ものブログを一緒に持っていったので、Blogger (Blogspot)を見てみると、巨大なオンラインの墓場があることがわかるほどだ。

    ブログの死の歌の面白いところは、それがほとんど生まれたときから、むしろ明白な前兆として発表されてきたことだ。2008年には、まだ導火線が残っていたのですが。

    新聞「20 Minutos」の20 Blogsなどのコンテストでベストブログを競い合った(これには楽しい思い出がたくさんあるのだが……)。 トラキュロスの票を獲得)、Bitácorasのコンテストでは、その票を獲得しています。 EBEまたは国際的な BOBsドイツの公共テレビ局Deustche Welleが企画したものです。それはもう、大きな言葉でした。

    ブログはもうだめだ

    アニメーションの遺物

    そこで、消えたサイトからのリンクを変更しつつ、2008年の真骨頂である歌に立ち返ってみる。

    期間中 どうねんいわゆる「インフルエンサー」と呼ばれる人々は、「ブログスター」や「Aリスト」(内輪のブログリストのトップにいたため)と呼ばれ、差し迫った大きな終焉について書いていました。一方、ほとんど論理的で、インターネットはいつものように変化し、ブログについて語るブログは、語るべきことがなくなってきていたのです。

    また、ブログが新しい成功のフォーマットとしてメディアで盛んに語られていたことも覚えています(ここでも、今のネットワークと類似していますね)。時々、ブログで稼いだ100万ドルのAdsenseの小切手をもってポーズをとる人(たいていヤンキー)がいた。現実は、99.9%のブロガーが広告で鼻水を垂らしているか、うまくいけばホスティング費用を稼ぐことができたのです。

    Monumento al último navegante que hizo clic en un anuncio a finales del siglo XX, posiblemente por error

    現在もそうですが、仕掛けはトラフィックとボリュームでした。ブログの数が増え、掲載される作品が増えれば、誰かが広告をクリックする可能性が高くなります。ブログネットワークが誕生したのです。これらのネットワークの中には、ブログはブログらしく見えても、そのスタイルは、当時理解されていたようなブログらしさではなくなっているものもあった。

    広告ブロックも出始めていたが、キーキー音を出しながら癲癇のような動きと点滅をするバナーから何かを得る余地はまだあった。

    ブログはもうだめだ

    があります。 死のテストは、そのダサい音声で最も鼓膜をやられてしまったバナーの一つです。

    メディアはすでにブログという形式を受け入れていたのだ。流行に乗るためもあれば、トラフィックを蓄積するためもある。多くの場合、ブログはいつものコラムニストのいつものオピニオン・コラムに過ぎなかった。ブログを装ったテンプレートを貼り付けて、出発したのです。

    エル・パイス社発足 “コミュニティ2007年のブログ「El País」。このブログは、わずか6ヵ月後に閉鎖され、7,000のブログが、まだ荒くれ者たちがサイバースペースと呼んでいた場所に分解されることになるのだ。

    もう一つ、この頃、飽きるほど繰り返された大きな議論が、「ブログはジャーナリズムか否か」という二項対立であった。勝手にモノを書く「アマチュア」に対して、不条理なほど腹を立てるジャーナリストは後を絶たない。すでにネオ・ルーダイト・モードに入っている純粋主義者と、新しいフォーマットのユーザーとの間で、議論が続いていた。これがまた大議論に発展して、結局はハエをつまらなくしてしまう、その 市民ジャーナリズム.

    そんな中、純粋な個人ブログの本質を保っているブログが没落し始めた。作家たちはそれを放棄し、あるいは新しいソーシャルネットワークに流され、その内容を、今では薬や格言として、すでにトゥイターとなった底なしの騒音の穴に捧げてしまったのだ。

    ブログの炎上は、現在のYoutuber同士の、主人公とごく一部の読者にしか興味のない、関係ない言い争いのソフト版に過ぎなかったのです。そのほとんどは、バックリンクを求めている他のブロガーたちだった。

    以上、深夜のひととき、懐かしさに浸りながら、思い出してみました。それは、今期の最後のスキャンで新たに現れた597本のリンク切れを修正するのにかかったのと同じ時間でした。


    Suscríbete por email para recibir las viñetas y los artículos completos y sin publicidad

    Artículos relacionados