ペルーの漫画家Carlín、Alan Garcíaに関する漫画で暴行の脅迫を受ける。

 
ペルーの漫画家Carlín、Alan Garcíaに関する漫画で暴行の脅迫を受ける。

2020年4月21日付の新聞「La República」に掲載されたCarlínの漫画。

漫画家カルロス・トバル・サマネス(Carlín、リマ、1955年)は、2002年から活動している新聞「La República」に自分の漫画が掲載された後、侮辱と深刻な脅迫を受けていると糾弾しました。 と述べています。を自身のTwitterアカウントで公開しました。

「私の漫画には侮辱や形容詞は含まれておらず、登場人物を引用しているだけであるにもかかわらず、私はメールで複数の脅迫を受けています。もし娘が政治的な発言をしたら、『私は悲しむ娘だから誰も答えてくれない』とは言えません」と述べています。

El dibujante peruano Carlín recibe amenazas de agresión por una viñeta sobre Alan García

カルロス・トバルが流した脅迫メールの1つ

に関連する汚職捜査に関連して国家警察が逮捕するために自宅を訪れた際、2019年4月17日に頭を撃って自殺したペルーの故アラン・ガルシア元大統領が描かれている漫画です。 筐体オデブレヒト事件。

アラン・ガルシアが娘を抱きしめているところです。 めんじてというのも、彼女の父親が何度も「自殺するつもりだった」と告白していたからです。このインタビューの中で、彼は現在アニメの一部となっているフレーズも付け加えています。

「私は45年間、ペルーの最近の歴史の中で最も優秀で善良な人物と一緒に暮らすという贅沢を味わうことができた」。

Carlínが受け取った多くの脅迫メッセージは、単なる希望や失格にとどまらず、攻撃性を公然と語るものや、彼を指弾するものまでありました。 発行を、個人情報だけでなく、住所も含めて、明らかに攻撃される可能性があることを示唆している」。

"あなたはボコボコにされるに値する"

漫画家が受けた侮辱や侵略の脅しのなかから 小編集は、彼のFacebookアカウントで見ることができます、からのメッセージ。 サルバドール・ヘレジヘレシは元議員、元ペルー国会副議長、元司法・人権大臣(中略)ある。

"ボコボコにされる "などの脅迫は当然である。

ペルーの漫画家Carlín、Alan Garcíaに関する漫画で暴行の脅迫を受ける。

幸いなことに、このような屑の中で、彼はまた、 同僚から多くの支持を受けており 他業種から.

ペルーの漫画家Carlín、Alan Garcíaに関する漫画で暴行の脅迫を受ける。
El dibujante peruano Carlín recibe amenazas de agresión por una viñeta sobre Alan García

ペルーの漫画家による漫画 ペペ・サンマルティン(Pepe Sanmartín を、カルリンと連帯して

新聞社がこの件に関して何らかのメモを出したかどうかは知りません。また、漫画家が脅迫を受けたとして警察に訴えたかどうかも知らないが。けんじきょくは、職権で行動することができる。これらの疑問は、カルロス・トバールに伝えて、この話をもう少し広げようと思っているところである。

言うまでもないが、この機会に改めて、このような脅迫を行う熱血漢を絶対的に否定することを宣言したい。私は表現の自由を全面的に支持する。カルリンも他の漫画家も、自分の政治的意見を迫害、脅迫、攻撃されることなく、自分の思うように表現する権利を持っているのです。

関連記事:各国で140件以上の事例があります。

ペルーの漫画家Carlín、Alan Garcíaに関する漫画で暴行の脅迫を受ける。

トラブルに巻き込まれたユーモア、事例集(III)
漫画や風刺イラストが原因で、何らかの重要なトラブルに見舞われた漫画家のケース。また、漫画家でなくとも、それを共有したことでトラブルに巻き込まれた人の話もあるようです。


Suscríbete por email para recibir las viñetas y los artículos completos y sin publicidad

Artículos relacionados

Este blog se aloja en LucusHost

LucusHost, el mejor hosting