ホワイトハウスへの競争

 
 
ホワイトハウスへの競争

ホワイトハウスへの競争2022年11月19日のCTXTの漫画

ドナルド・トランプが再び大統領選に出馬したが、今回は共和党の「男爵」と呼ばれる人々の支持を得られず、もはや共和党ではなく「トランプの党」ではないかという意見さえある。

オレンジ色の小さな男は、具体的なことは何も発表せず、マー・ア・ラゴの小屋で立候補を表明した。実用上、デタラメはダメです。彼の意図、プログラムなどについては何もない。いつも通りトランプイズムと勝利至上主義のデタラメと嘘のホッテントリに過ぎない。そこにいた彼の支持者たちは、眉の先まで帽子を丸めて、何もない知らせに興奮した様子で拍手を送っていた。

トランプ派はこれらのことを一切気にしないし、2021年1月6日の出来事を調査する米国下院特別委員会が、ドナルド・トランプがいかにして国会議事堂での「クーデター未遂」を演出したかを記録し、彼を米国民主主義に対する最大の攻撃の立案者として記述したことも気にならないのだ。

もう一つ、メロンマスクは、20021年1月から永久に停止していたトランプのツイッターアカウントを、頭の中で「民主主義」「国民の声」「どこまでデタラメかわからない」というような投票カントを演出して、再稼働させました。メロンが何百万というボットの群れを信奉者にしていることを考えると、すべてが段ボールの小銭と同じようにインチキだ。

しかし、トランプの舌はすでに、自分用に立ち上げたTwitterクローン(Truth Socialと命名、笑うしかない)で非常にうまくいっているので、再びツイートするつもりはない、と述べている。メロンの顔がアホみたいで、普段の顔には勝てない。

要するに、対面でもバーチャルでも純粋なクズ政治。


Suscríbete por email para recibir las viñetas y los artículos completos y sin publicidad
Artículos relacionados

コメントする