ボリスの漫画が物議を醸した件に関するモントリオール・ガゼット紙の編集者からのコメントです。

 
 
ボリスの漫画が物議を醸した件に関するモントリオール・ガゼット紙の編集者からのコメントです。
この漫画は、カナダ国旗を身にまとった犬を連れた老婆が、PQの創設者を示すポスターに放尿している様子を描いている。ケベック州のカナダに対する国家主権を主張する政党です。

この場合 バート・アーチャー今回は、カナダのケベック州の主要な英字新聞であるモントリオール・ガゼットの編集者が、この漫画をめぐる論争について、次のような立場をとっています。 ボリス漫画家名 ジャック・ゴールドスティン(1958).

メモリへのアウトレイジ

バート・アーチャーは、自分はこの漫画を別の意味で理解していると述べ、この漫画を きおくをおかすby René Lévesque、彼はまた、たとえ彼らの意見が新聞の意見と一致しない場合でも、漫画家の表現の自由を擁護しています。

私はこのようなメモを読むのが好きです。ある漫画が人々を動揺させたとき、必要な健全な議論とバランスの取れた反応の一部だと思うからです。

また、オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、アメリカ、イギリスなどでは一般的ですが、ここでは珍しい習慣であるためです。

“他の指導者にもこの漫画を糾弾するよう呼びかける”。

元首相の生誕100年を暗示する漫画が掲載された後、PQの党首( ルネ・レヴェスクの誕生、PQのリーダー(ケベック党)、ポール・サン=ピエール・プラモンドン訊かれたは、ツイッターで他の政治指導者に「この漫画を糾弾する」よう呼びかけました。

この漫画は、「ケベック・バッシング」と「ケベックについてカナダの他の地域のメディアで定期的に書かれていること」の反映であると、主権主義リーダーは、環境計画を発表しているモントリオールで火曜日の朝に記者会見で述べました。ソース)

物議を醸したボリスの漫画に関するモントリオール・ガゼット紙のバート・アーチャー編集長のメモ

“ボリスの最新のボリス漫画は、心からの憤りを表明した多くのガゼット読者とは全く異なる解釈をしました。

ボリスの最新の漫画は、月曜日の夕方にオンラインで、火曜日の朝に印刷物として公開され、大きな憤りを引き起こした。ルネ・レヴェスクの生誕100年を記念したポスターの方向へ小型犬が放尿しているのを、気にもとめないモントリオールの老女が描かれている。


午前9時過ぎ、パーティ・ケベックのポール・サン=ピエール・プラモンドン党首がそれをツイートし、不敬だと指摘した。Twitterの嵐は、すぐにマスコミに広がり、私の受信トレイにも届きました。

私たちは、コラムニストや漫画家が自由に意見を述べることを許可しており、それが他の多くの意見を生み出す可能性があります。私は、漫画やコラムの説明や擁護に介入することはあまりありません。その著者は自分たちの意見を述べるために雇われているのであって、私たちの意見ではないし、その2つが常に交わるわけでもない。

しかし、この漫画は一部の読者を深く動揺させた。そこで、昨日の午後、この漫画を送られてきたとき、私が見たことを説明したいと思う。

手前には、同情もなく描かれた女性–目が見えず、年齢の兆候が誇張されて醜く見える–が、飼い犬も含めてすべてに気づかず、背景のルネ・レヴェスクの看板の方向に向かって排尿しているのが見えた。

私は、この漫画の主人公を、レヴェスクではなく、女性としました。彼女が妥協しないアングロサクソンのある種のステレオタイプを表しているにせよ、単にモントリオールにもはや存在しない世代、ある意味で老化した世代を表しているにせよ、私は元首相ではなく、彼女とその不注意な無知を風刺の対象として考えていたのだ。

私にとっては、中心的なイメージの厳しさゆえに、この漫画が強いのです。ケベック州で最も偉大な政治家の一人であり、多くの人が何らかの形で共有するようになったこの州のビジョンのために戦った人物の記憶に対する暴挙である。

モントリオール・ガゼットは、この街とこの州を愛する人々によって、毎日発行されています。私たちのスタッフは、モントリオールと同様、アングロサクソン系の人々で構成されており、レヴェスクや彼のような人々が残した遺産があるからこそ、ここを離れなかった、あるいは戻ってきた、あるいは引っ越してきた人たちがたくさんいます」。

読者や関係者からの多くのメールを読むことは楽しいことではありませんが、それなりに、高揚感があります。送信者は様々な文化的、言語的背景を持つ人々で、私の趣味の悪さや、そもそもこの漫画を掲載した判断力に憤慨しながらも、レヴェスクへの深い敬意を示しており、レヴェスクが見たかったであろうケベックを反映していると思わざるを得ない。

これはニュースではない、あるいはニュースであってはならないことだ

誰かが、誰であろうと、他人の意見に対して自由に意見を述べることは、ニュースでもなければ、簡単なレビューにさえ値しないはずだ。しかし、「燃えるソーシャルネットワーク」(主にメディアによって増幅された効果)とキャンセル文化(それが正確に何であれ)の全ポッドの時代には、自然な議論は何か特別なものになっている。


Suscríbete por email para recibir las viñetas y los artículos completos y sin publicidad
Artículos relacionados

コメントする