マレーシアの首相をピエロとして描いたFahmi Rezaの刑期が短縮される

 
  • ES
  • EN
  • マレーシアの首相をピエロとして描いたFahmi Rezaの刑期が短縮される

    Fahmi Reza氏と彼が非難された漫画について

    マレーシア高等法院は、グラフィックデザイナーで活動家の男性に科した判決を、1ヶ月の禁固刑と罰金に減刑する判決を下しました。 モハド・ファフミ・レザ・モフド・ザリン現在の元首相の風刺画をインターネット上で公開したことで有罪となり、1ヵ月の禁固と3万リンギットの罰金から、1万リンギットの罰金にとどまることになった。 ナジブ・ラザク.

    背景

    漫画家であり、「占拠」運動の活動家でもあるFahmi Reza(1977年)のトラブル。 開始2016年1月31 日、Facebook、Instagram、Twitterに、ナジブ・ラザクをピエロに見立てた風刺画に「腐敗に満ちた国では、我々は皆、扇動者 だ」というメッセージを添えたポスターを投稿し、扇動法に直接言及したのである。その後、このポスターに対して、警察がTwitterで直接警告を発した。

    不吉なピエロのイメージは流行し、マレーシアの汚職という「政治的サーカス」の象徴となり、オンラインでも他のストリート・デモでも使われ、Tシャツ、ステッカー、ポスター、トレーナーなどのメディアにプリントされるに至ったのです。

    Conmutan la pena de cárcel para Fahmi Reza por dibujar al primer ministro de Malasia como un payaso

    写真:ミッドにゃんこ

    2月2日、ピエロのポスターに対して警察への通報が行われ、2月6日、副署長が政治指導者の歪んだ画像をSNSで拡散することに対して警告を発した。

    2月8日、筆者はMCMC(マレーシア通信マルチメディア委員会)の通達のポスターのパロディを自身のSNSにアップロードし、皮肉にもピエロのナジブの漫画が描かれたポスターをSNSで拡散することを警告しています。

    Conmutan la pena de cárcel para Fahmi Reza por dibujar al primer ministro de Malasia como un payaso

    2016年、漫画で壁画を描くレザさん。

    引用され、逮捕される

    2月28日、警察は捜査を開始し、漫画家を召喚して取り調べを行った。翌日、MCMCも彼を呼び出し、さらに尋問を行った。

    ついに6月4日、この漫画家は扇動法に基づいて警察に逮捕された。動機は、ピエロ大臣の風刺画を描いた「#KitaSemuaPenghasut(私たちは皆、扇動的)」Tシャツを販売したこと。

    Conmutan la pena de cárcel para Fahmi Reza por dibujar al primer ministro de Malasia como un payaso

    6月6日、彼はピエロのポスターの件で、CMA(通信マルチメディア法第233条(1)項(a)、通称「AktaSakitHati」(「Hurt Feelings Act」)(翻訳:FahmiRezaに感謝)によりクアラルンプール地方裁判所に起訴されることになりました。

    Conmutan la pena de cárcel para Fahmi Reza por dibujar al primer ministro de Malasia como un payaso

    6月10日、MCMCの警告ポスターのパロディで、再びイポー裁判所に起訴された。

    漫画家はナジブ・ラザク首相をピエロに見立てた動機について説明した。

    Conmutan la pena de cárcel para Fahmi Reza por dibujar al primer ministro de Malasia como un payaso

    8月17日、彼はクアラルンプール高等裁判所に控訴し、告訴を取り消し、#AktaSakitHatiを違憲とするよう訴えた。ファミは続けて2通の手紙を送った。6月12日と7月17日に、告訴を取り下げ、事件を解決するよう彼らとともに要請した。

    9月5日、裁判が始まり、1年以下の懲役または5万リンギットの罰金、あるいはその両方が課せられる中、Fahmiは無罪を主張した。10月には、この漫画家のことが読み上げられたものの ゆうよしかし、裁判はこれで終わらない。

    Fahmi Reza

    クアラルンプールの裁判所施設の入り口前でナジブ・ラザクの風刺画を掲げるFahmi Reza氏。写真:レザ

    有罪判決および減刑

    最終的には、1ヶ月の禁固刑と3万リンギットの罰金、または違反した場合は6ヶ月の禁固刑を言い渡された。Fahmi Rezaは、クラウドファンディングで罰金を支払うための資金を調達することに成功した。そして、高裁の判決が出るまで、まだ刑の執行を開始していなかったのである。

    2年後、実刑判決が減刑され、刑務所に行かなくてすむことになった。すでに支払った罰金がRM10,000に減額されたため、その差額を返済しなければならない。

    裁判が終わった後、司法長官のDatuk Mohd Radzi Harunが言った。 忠告彼はFahmi Rezaに対し、その才能を崇高な目的のために使い、東洋のエチケットと価値観を守り、ソーシャルメディア上のフォロワーの模範となるよう促した。

    また、返還される2万リンギ(約4,200ユーロ)を、孤児や特別なニーズを持つ子どもたちを教えるための画材に使うよう提案した。

    要するに、政治家を風刺したり、汚職を指摘したりするのはやめようと、明らかにユーモアを交えて警告したのである。その風刺は、トラピスト式の表現の自由を「規制」するものであり、彼は刑務所に入るかもしれないのだ。

    マレーシアの首相をピエロとして描いたFahmi Rezaの刑期が短縮される2020年、マレーシアのナジブ・ラザク 元首相が汚職で禁固12年の判決を受けた。

    マレーシアで「マルチメディア法」に基づいて扇動罪で起訴され、裁判にかけられた漫画家はレザが初めてではないが、有罪判決を受けたのは漫画家「ズナー」が初めてである。 末席を汚すとが無罪となった。

    関連、各国から100件以上。

    humor en apuros

    Suscríbete por email para recibir las viñetas y los artículos completos y sin publicidad

    Artículos relacionados