ヨルダンの漫画家オサマ・ハッジャージが宗教犯罪で起訴される

 
 
ヨルダンの漫画家オサマ・ハッジ

ヨルダンのOsama Hajjaj氏が自国の家族計画について描いた漫画。

少なくともそれが暗示されている。彼が起訴された同国の刑法第150条には、次のように記されているからだ。

「宗派や人種的偏見をあおり、国民の異なる宗派や要素間の対立を扇動する目的や結果のある文章や発言は、1年以上3年以下の懲役と200ヨルダンディナール以下の罰金に処する」(236€)とある。

こうして2021年6月29日(火)、ヨルダンの漫画家オサマ・ハジャジ Twitter/Facebook)は、ヨルダンの家族計画に関するこの漫画を説明し、明らかにする(sic)ために裁判所に出頭しなければならなくなったのです。

この漫画は民間のテレビチャンネルRoya TVで放映され、その後、チャンネルと漫画家の双方に多数の苦情と否定的なコメントが寄せられたため、削除されました。

この反応を受け、漫画家はすぐに自身のFacebookページ(現在は投稿を削除または非公開)で、誤解であること、自分の漫画は社会的な観点から避妊について描いたもので、宗教に関するものではないことを説明しました。

その直後、Hajjaajは2人の弁護士から告訴されたことを知らされ、刑法第150条とサイバー犯罪法第15条に基づく法的手続きをとることになったのです。

この項では、”情報ネットワーク、情報システム、ウェブサイトを利用して、適用される法律の下で処罰される犯罪を犯した者、またはその実行に参加、妨害、教唆した者は、当該法律に規定される刑罰に処する “と定めています。

漫画家は弁護士を伴い、渡航禁止となり、公安省が行う調査の結果を待つことになったが、審問は釈放された。

この機関では、裁判の可能性を判断します。1年から3年の禁固刑と200ヨルダンディナールの罰金刑に処されます。

HajjajはCartooning for Peaceのメンバーで、以下のような活動を行っています。 コレクティブサイトよりは、この漫画家への連帯を表明し、捜査を注意深く見守ることを表明しています。

彼らは、漫画家が自国の宗教を怒らせたくないと誠実に述べたことを考慮し、すべての起訴を取り下げるよう求めています。 カートゥーン・ムーブメントよりまた、漫画家の無実を訴え、すべての起訴を取り下げるよう求めています。

イスラム国から命を狙われている

2015年5月にオサマ・ハッジャージは、彼の漫画の一部が原因で、イスラム国組織からとされる殺害予告をソーシャルメディアや電子メールで何度も受けました。

殺害予告は、彼が新聞Al Raiとtwitterに、シャリア法が適用されている国々での女性への抑圧を糾弾する漫画を掲載した後に始まりました。脅迫は他の漫画が出版された後も数日間続いた。

その後、オサマ・ハジャジは雇用主である広告代理店ルビカム&ヤング広告社から、宗教と政治に関する漫画を描かないことを約束する文書に署名するよう強要されました。

所属していた新聞社「アルライ」が倒産すると、唯一の収入源は代理店勤務になった。それでも、オサマは絵を描くことをあきらめなかった。

このような流れは、私には不条理に思えることが多く、何から手をつけていいのかわからないほどです。

まず第一に、コメディアンが実刑判決の脅しのもとで自分のジョークを説明し、「解明」し、正当化するために裁判官の前に行かなければならないこと、そしてこれを「調査」と呼ぶことは、ほとんど等しく悲しく、ばかばかしいことである。

表現の自由を守るというより、降伏して許しを請うような行為で、「宗教」という抽象的なものを怒らせるつもりはなかったと証明しなければならないのは、さらにばかげている。

Emad、裁判官の前で2回

漫画のために逮捕された最後のヨルダンの漫画家は、同じ姓を持つヨルダンの漫画家、エマド・ハジャジであった。 同じ姓、Emad Hajjaj

Emadは2020年8月25日に逮捕されました。 冗談抜きでイスラエル・アラブ首長国連邦間の取引について、「侮辱的」と判断されたこと。

に掲載された漫画です。 アル・アラビー・アル・ジャディード(New Arab)というロンドンに本拠を置く汎アラブ系メディアを運営しています。この漫画家は5年以下の実刑判決を受ける可能性がありました。

2020年12月23日、アンマン刑事裁判所は、漫画家に対する法的手続きを終了させることを決定し 立ち退き料.

また、絵図をめぐってEmadが裁判にかけられるのは、これが初めてではない。2017年、彼は 漫画の件で宗教侮辱罪で捜査という文章が2017年10月29日(日)にabumahjoobnews.comに掲載(スクリーンショット)され、その直後に削除されました。

ヨルダンの漫画家オサマ・ハッジャージが宗教犯罪で起訴される

困ったときのユーモア、事例集(III)
漫画や風刺イラストが原因で、何らかの重要な問題を抱えた漫画家のケース。また、漫画家でなくても、他の人がそれを共有してトラブルになったという話もあります。


Suscríbete por email para recibir las viñetas y los artículos completos y sin publicidad
Artículos relacionados