ワイリー・ミラー:「顧客の半分と家を失い、別の州に引っ越すことになった」。

 
 
ワイリー・ミラー:「顧客の半分と家を失い、別の州に引っ越すことになった」。

ワイリー・ミラー 写真スポークス・レヴュー

半年前、アメリカのベテラン漫画家、ワイリー・ミラーがシンジケート・カートゥーン『Non Sequitur』を完成させてメディアに送ったとき、彼は自分に何が起こるか想像もしていなかっただろう。

この漫画は、読者に発見された後、彼が「イースターエッグ」と呼ぶものを追加し、それが問題の導火線に火をつけて、彼の顔面を吹き飛ばすことになったのである。

Wiley Miller Non Sequitur

問題の隠されたメッセージは、ほとんど解読不能であったが、複数の人が残りの読めないフレーズの中からドナルド・トランプを直接侮辱するものである ことが判明した。

トランプにくたばれと好意的に言う”。

“トランプにくたばれと好意的に言う”。

ペンシルバニア州のButtler Eagle紙に、読者が漫画に隠されたメッセージと同社を知らせたところ、同社は憤慨した。 休載決定ミラーのドミナントが一挙に登場。

ドミノ倒しが始まったのだ。ミラーの作品を掲載していた多くのメディアは、彼の漫画の掲載を中止することを決定した。こちらでお読みいただけます。 事の次第ということです。

“経済的にも精神的にも疲弊する”

あれから半年、ワイリー・ミラー氏は、ドナルド・トランプ氏の発言を聞いてホットして作ったと認めたあのジョークの顛末を語っています。

彼は、このような形で公開されることは意図しておらず、送信前にテキストを削除するのを忘れたと主張している。

で読者に直接謝罪している。 カムバックアクト8月5日、ワシントン州スポケーンのビング・クロスビー・シアターで開かれたスポークマン・レビエフ紙主催の「北西航路ブッククラブ」で、読者の前で漫画で再び謝罪したのである。

ワイリー・ミラー:「顧客の半分と家を失い、別の州に引っ越すことになった」。

スポーケンのビング・クロスビー・シアター。写真:Tyler Tjomsland / スポークス・レヴュー.

ミラーはこのイベントで、自分の漫画にドナルド・トランプへのメッセージがあることを読者が発見したとき、ほとんどの読者が彼を賞賛するTwitterの嵐の中に自分がいることに気づいたと告白した。彼のTwitterのフォロワーは一晩で3倍になったので、彼は自分の間違いを認めるよりも、その通りにすることにしたのです。

“あれは本当に愚かな判断ミスだった””編集者との背信行為を本当に認めてしまった”

“Non Sequitur “の継続掲載を全国の新聞社に拒否された。“顧客リストの半分を失った

ミラー氏は、「彼らは評判と収入に打撃を受け、夢のマイホームを失い、別の州に引っ越した」と、このことが巻き添えを食ったことを説明した。”この経験は経済的にも精神的にも消耗するものでした。 ミラー氏談妻との関係に不安を覚えたことも認めた

その後、ミラーはソーシャルメディアのアカウントをすべて削除し、自分の漫画を掲載した各新聞社に個人的な謝罪の手紙を書くために席を立ちました。

からの手紙の中で 詫び状を、The Spokesman-Reviewの「編集者と読者」に向けて書きました。

“編集者と読者に謝罪します” “信頼関係を壊したことを” “長年にわたりストリップを掲載し、読んでくれたことに大きな恩義を感じています。また、このような違反は二度と起こさないことをお約束します。信頼を回復するために努力するつもりだ」と述べた。

読者に支持されている

Spokesman-Review』紙では、「Non Sequitur」を紙面に復活させるべきかどうか、読者に質問しています。編集者のロブ・カーリー氏によると、圧倒的な反響があったそうだ。メールや電話で回答した約1,400人の読者のうち、約40人を除く全員が ワイリー・ミラーの漫画の復活を望んでいた。

そして、ミラーはスポケーンの読者に向けて、感謝の気持ちを込めた特別なマンガを描いてくれた。

ワイリー・ミラー:「顧客の半分と家を失い、別の州に引っ越すことになった」。

ミラーの謝罪の旅は終わらないかもしれないが、今のところスポケーンの読者と和解することができ、この漫画家はゆっくりと、しかし確実に、自分のページから「Non Sequitur」を取り除いたメディアを取り戻し続けているのである。

ワイリー・ミラーThe Spokeman-Reviewにバイオを掲載しました。

ワイリー・ミラー:「顧客の半分と家を失い、別の州に引っ越すことになった」。関連する全世界の129件。

ワイリー・ミラー:「顧客の半分と家を失い、別の州に引っ越すことになった」。

Suscríbete por email para recibir las viñetas y los artículos completos y sin publicidad
Artículos relacionados

Este blog se aloja en LucusHost

LucusHost, el mejor hosting

Grandes personan que patrocinan.

Patreon

Recibe contenido extra y adelantos desde sólo un dolarcito al mes como ya hacen estos amables lectores:

César D. Rodas - Jorge Zamuz - David Jubete Rafa Morata - Sasha Pardo - Ángel Mentor - Jorge Ariño - Vlad SabouPedro - Álvaro RGV - Araq