ワコムIntuos Pro Mを再生する

 
  • ES
  • RU
  • CN
  • PT
  • DE
  • FR
  • EN
  • Reestrenando una Wacom Intuos Pro M
    第二の人生の最初の充電を受けるIntuos。

    引退の時期が来た タブレット2018年1月から使っていますが、すでに若いアーティストの手に渡っています。

    その代わりとして、中古のWacom Intuos Pro Mを購入しました。であります。 PTH-6512017年か2018年のものだと思います。100ポンド、送料と手数料で9ポンド、最高で150/200ポンドで売られています。 多くの新機能を搭載していない最新型は、すでに350前後。

    状態も動作も完璧です。彼の 前所有者はほとんど使わず、大切に使ってくれました。

    5月19日から使っていますが、もうざっくりとしたレビューができます。

    ワコムIntuos Pro Mを再生する
    走行距離の少ないチップ

    ワコムのスタイラスは、以前使っていたものと比べると、別物になっていますね。煩わしさが大幅に軽減され、やや薄型になり、手触りもよくなりました。

    中低価格帯のペンからやってきて、久しぶりにワコムに戻るのは快感です。素材や仕上げの質感だけでなく、その設定ソフトもシナリます。効果のほどは覚えていない。

    バッテリーは年数が経過していますが、まだパワーがあり、充電も速いです。いじり用の1回目の充電で、しょっちゅうスリープモードになるものの、間隔を空けて適度に使用することでほぼ24時間稼働しています。

    集中的な連続使用でも反応は悪くなく、6〜7時間以上途切れずに使えると思います。いつかチェックしてみないとね。

    全体的な性能は素晴らしく、速くて正確です。補足すると、でも鉛筆は消しゴム(の役割)が多すぎる気がします。ペンを回すよりも、2つのペンキーのいずれかに割り当てられた機能を使ったり、背景色で消したり、キーボードで消したりする方が時間がかからないのです。

    ワコムIntuos Pro Mを再生する
    余分な消しゴムのクローズアップ

    もうひとつ、手触りの問題も解決できていない。スクロールやズーム、回転などの不要な動作を誘発し、その結果、元に戻さなければならないという煩わしさを感じずに、手や手首を自然に休ませることができないため、描画にはこの機能を無効にするしかないのです。

    ワコムIntuos Pro Mを再生する

    ペンは電池不要で、タブレットは有線でも無線でも接続できる(このモデルは無線機を追加購入する必要があり、前オーナーはそうしていた)。

    アクティブエリアは224×148mmです。プログラム可能な8つのボタンとホイール(機械式ではなく触覚式)を備え、中央のボタンは4つの設定が可能で、さらにスタイラスに2つのボタンがあります。また、画面上のラジアルメニューで多くの機能に素早くアクセスすることが可能です。

    形式やサイズの異なるポップアップメニューを作成することも可能です。

    ワコムIntuos Pro Mを再生する
    ラジアルメニューとその構成

    たいしたことないんだけどね。タッチパッド以外は他のタブレットと同様に動作します。タッチパッドはどこから見ても巨大なタッチパッドで、アプリケーションごとに自由に設定したり、無効にしたりすることができます。起動させるのはとても簡単です。ドライバーをダウンロードしてインストールし、プラグを差し込んで電源を入れるだけで、アイズナーを獲得することができます。

    PTH-451、PTH-651、PTH-851の各マニュアル。

    長所

    • 中古品ですが、全体的に非常に良い状態です。
    • 高速かつ正確なレスポンス。
    • 仕上げとデザイン。
    • バッテリーの寿命です。
    • 包括的なブランドソフトウェア。

    短所

    • 不要なアクションを起動するときに、タッチパネルが描画の邪魔になる。
    • タッチペン消しゴムは消耗品です。

    Suscríbete por email para recibir las viñetas y los artículos completos y sin publicidad

    Artículos relacionados