ワシントン・ポスト紙がマイケル・ラミレスの漫画を撤回し謝罪

 

TR: "イスラエルが民間人を攻撃するとは..."11月8日掲載のマイケル・ラミレスの漫画。

社説漫画ではもう一つの戦争が起こっています。それは、彼らが「ストーリー」と呼ぶものを支配するために衝突を引き起こし、その中で多くの戦いが繰り広げられています。

10月に イギリスの日刊紙『ガーディアン』がネタニヤフ首相を主人公にした漫画の掲載を避け 、ついにその漫画家を解雇し、その直後にアメリカの日刊紙『アスペンタイムズ』がその漫画家のこの漫画を掲載したことを読者に謝罪したとすれば、今度は『ワシントン・ポスト』がマイケル・ラミレス(1961年)の「人間の盾」と題する漫画を取り下げ、謝罪したのです。

ワシントン・ポスト紙のオピニオン・エディターは、人種差別的で軽蔑的だとする読者からの苦情の手紙を見出しに、ピューリッツァー賞を2度受賞しているマイケル・ラミレスによる、ハマスによる人間の盾の使用を指摘した漫画を承認したことを「後悔している」とするメモを発表

編集部注:オピニオン欄の編集者である私は、その紙面や画面に掲載される内容に責任を負っています。このセクションは私の判断にかかっています。マイケル・ラミレスがガザでの戦争について掲載した漫画は、私が掲載を承認したものですが、多くの読者から人種差別的と受け止められました。これは私の意図したことではありません。私はこの絵を、イスラエルの非武装市民への攻撃を称賛するハマスの報道官という特定の人物を風刺したものと見ていました。

しかし、この画像に対する反応を見て、私は何か深いものを見落としていた、そして分裂させていたのだと確信しました。私たちのセクションは、共通点を見つけ、最も暗い時でさえも私たちを結びつける絆を理解することを目的としています。

この精神に則り、私たちはこの絵を撤去しました。また、この風刺画に対する反応の一部を掲載します。そして、読者を挑発するようなものも含め、さまざまな見解や視点をこのコーナーに掲載し続けるつもりです。これこそがオピニオン・ジャーナリズムの精神であり、建設的な意見交換に向けて不完全ながらも可能な限りのスピードで前進し、その過程で耳を傾け、学んでいくことなのです。

-オピニオン編集デビッド・シップリー

読者からの手紙

*これらはほんの一部です

11月8日付の社説漫画は、私を含め、相当数の読者から深い悪意と不快感をもって受け止められています。

その風刺画は人種的なステレオタイプを使用しており、不快で不愉快なものでした。アラブ人を誇張して描いたり、女性を軽蔑的でステレオタイプな役割で描いたりすることは、人種差別とジェンダー・バイアスを永続させるものであり、到底容認できるものではありません。

責任あるジャーナリズムの本質は、声を持たない人々に声を与え、透明性を支持し、情報に基づいた対話を促進する能力にあります。これらの原則に反する内容が掲載された場合、編集プロセス、誠実さ、信頼性について正当な疑問が生じます。

ヒンド・カマルフェアファックス

ガザ地区に関する報道ほど、言葉の選択が難しいテーマはありません。なぜ『ポスト』紙は、漫画の視覚的表現を同じように精査しないのでしょうか?

私は宗教とメディアの研究者ですが、マイケル・ラミレスの11月8日付の社説漫画を見れば、「異教徒」に対する深い人種差別的描写と、女性や子どもに対する野蛮な残虐性を再認識します。19世紀の植民地主義者の眼鏡を通してこの紛争を見ることは、決して有益でも有益でも示唆に富むものでもありません。

スザンヌ・ヴァン・グーンズ ニュージャージー州プリンストン

筆者はプリンストン大学文化・社会・宗教センターの博士研究員。

マイケル・ラミレスの11月8日付社説漫画は、ハマスの代表が女性や子供を人間の盾として自分に縛り付け、彼らの死をイスラエルのせいにする描写。ハマスがイスラエル軍から逃れるために民間地域に潜伏していることに異論はありませんが、この漫画はイスラエルの戦争犯罪を免罪しようとするものです。

あらゆる主要な人権団体は、イスラエルが民間人地域に大規模かつ無差別な爆撃作戦を行い、戦争犯罪を犯していると非難しています。つまり、何千人ものパレスチナの子どもたちが殺されているのは、イスラエルがハマス殺害のためにピンポイントで努力して失敗しているからではなく、イスラエルが民間人を救うために意味のある努力をしていないからなのです。

イスラエル軍はまた、パレスチナの民間人を人間の盾として使用した記録を持っており、イスラエル最高裁が2005年にこの行為を禁止したことに抗議しています。禁止後もイスラエル軍は時折、パレスチナの子どもたちを人間の盾として使っています。

これらのことを考慮すると、パレスチナの民間人の死を、実際に彼らを殺した人々ではなく、ハマスの足元に置くことは、状況の重大な誤認です。

オマール・バダーワシントン

マイケル・ラミレスの11月8日付社説漫画は、ハマスの人質とイスラエルの民間人への攻撃を非難するハマスのキャラクターを描いたもので、偏見と偏見に満ちています。

イスラエルは民間人への爆撃を正当化するというメッセージなのでしょうか?また、漫画の片側に描かれたパレスチナ国旗は、ハマスとすべてのパレスチナ人を混同しているのでしょうか?また、漫画の反対側にある岩のドームの背景写真は、ハマスのイデオロギーとイスラム教を混同させるためのものなのでしょうか?ラミレスは漫画のこれらの要素について考えるべきでした。これらはイスラム教徒だけでなく、私や私のパレスチナ人キリスト教徒の姉妹や兄弟たちにとっても不快なものです。

フィリップ・ファラーウィーン

筆者はパレスチナ平和キリスト教同盟の共同設立者であり理事。

The Printが指摘するように、ラミレスが彼の作品でスタッフを怒らせたのは今月が初めてではありません。

11月3日付の『ラスベガス・レビュー・ジャーナル』紙に掲載された漫画では、アフリカ系アメリカ人のジョージ・フロイドさんが警官に殺された事件に抗議するアメリカの「ブラック・ライブズ・マター」運動を攻撃。漫画の中でラミレスは、ブラック・ライブズ・マターのTシャツを着た黒人女性が、「テロリストの命は大事」「イスラエルを非難。ハマス支持」。

ワシントン・ポスト紙がマイケル・ラミレスの漫画を撤回し謝罪 1

ユーモア・トラブル事例集(III)
漫画や風刺イラストが原因で、重要な問題に巻き込まれた漫画家の事例。また、漫画家でなくとも、それを共有したためにトラブルに巻き込まれた人の話もあります。


Suscríbete por email para recibir las viñetas y los artículos completos y sin publicidad

Artículos relacionados

Este blog se aloja en LucusHost

LucusHost, el mejor hosting