ヴィネットがフェイクニュースに基づく場合

 
ヴィネットがフェイクニュースに基づく場合
フェイクニュースを元に描かれた漫画

トリビューン・コンテンツ・エージェンシーのダナ・サマーズによる漫画。

この話は、同じカナダ人のGuy Badeaux氏のブログ「Bado」の「A cartoonist falls for a hoax」という記事で 読んだのだが、フェイクニュースがいかに大衆の想像力に残り、ほとんどの場合、その否定よりも広く浸透してしまうかの、またとない例と言える。

シーンは、移民のグループ(リュックには「不法移民」と書かれている)、その前でニューヨークのイニシャルが入ったTシャツを着た男が、ホテルの外にいるアメリカの退役軍人2人に声をかける。彼はご苦労様でした。さあ、ここから出て行け。部屋が必要なんだ。

さて、この漫画で再現された状況は、フェイクニュースが元になっています。共和党の陣営と関連メディアによって増幅された人種差別的なデマが、この場合もフェイクニュースのストーリーを作るために演出されたものです。

地元のMid Hudson Newsは、この話が成り立たないことを発見し、ホームレスの退役軍人がニューバーグのホテルから追い出されて移民を受け入れているという話がデマであることを明らかにしました。

5月17日にMidはこの話に疑問を持ち、翌日にはThe hotel says the “displaced veterans” story is a “lie”を掲載し、5月19日には デマであることを明らかにした。

Context

漂流者7人は、デマを実行するために退役軍人のふりをして公演することになっていた15人のグループの一員だったという。彼らは、この仕事に対して200ドルを提供されたと主張しているが、誰一人受け取ったことのないお金だった。

この論争は、ニューヨーク市のエリック・アダムス市長(民主党)が、米国とメキシコの国境から流入する移民を市のホームレス・シェルターが吸収するのが困難なため、亡命希望者の小グループを郊外のホテルにバスで移動させたことから発生したものです。

このグループの動きは、共和党の郡当局から政治的反発を招き、市長は準備の整っていない地域に問題を押し付けようとしていると非難されました。

さらに、この地域の小さな慈善団体の創設者が、「移民を受け入れるために、ニューヨーク州ニューバーグのホテルが20人近いホームレスの退役軍人を追い出した」という扇動的な主張を付け加えた。

このデマは、イエリック・イスラエル・トニー財団の事務局長によって語られた、 シャロン・トニー=フィンチこのデマは、5月13日にタブロイド紙『ニューヨーク・ポスト』に掲載され、一面トップニュースに躍り出た。

ヴィネットがフェイクニュースに基づく場合

このデマは、Fox News、Newsmaxなどの保守系メディアでもすぐに反響を呼びました。司法長官は現在、このデマについて調査中です。

金曜日、Post紙は最新の状況を報告する続報記事を掲載した。この記事に対する疑念は、地元紙『ミッドハドソンニュース』の調査によって生じた。この調査は、マードックの新聞社が決して行わなかったものであり、また、おそらく行おうともしなかったものである。

ホテルの支配人は、地元紙に「この話は事実ではない」と言った。

クロスロードホテルが退役軍人の宿泊費として37,800ドルを受け取ったとする領収書は、偽造されたものだったようです。

金曜日のニュース更新で、ミッドハドソンニュースは、ニューヨーク州ポキプシーのホームレスシェルターに滞在している複数の男性が、ホテルから追い出された退役軍人の一人だと偽るよう勧誘された、と報じた。

同紙は、何人かの男性の話を引用し、200ドル、食事、アルコールを提供され、この仕掛けに参加したと述べています。

彼らはToney-Finchと会った後、オレンジ郡の退役軍人センターで地元の商工会議所関係者との会合に参加したという。

Fox Newsで疑惑の出来事を「あらゆる面で絶対的な恥」と呼んだ共和党の下院議員Brian Maher氏は、退役軍人、ホテル、地域社会に謝罪した

「5月18日(木)午後3時15分頃、Sharon Toney-Finch氏と会話し、YIT財団がホームレスの退役軍人を追い出しているという情報が虚偽であることを知り、私は打ちのめされ、意気消沈している。ホームレス退役軍人を取り巻く事実の彼らの重大な誤認には呆れるばかりです。”(ソース)

漫画家がヤラレる時(ヤラレない時もある)

編集漫画(と呼ぶのは好きではない)は、それを描く人の意見に過ぎないが、憎しみを煽るために故意に嘘を使うのは、漫画家ができる最低のことの一つである。

私はその漫画家の反応を知らない。彼のソーシャルネットワークを探したが、この件に関しては何も見つからなかった。

いずれにせよ、漫画家はいつでも問題を隠し、一面を飾ったこの想定されるニュースに信憑性を与え、異なるメディアがそれが真実であると保証したと主張できる、それだけのことだ。結局のところ、人種差別的な言説を増幅し続けることだけが目的だったとしたら、どんな違いがあるのだろう。ミッションは達成された。そうでないなら、「ごめんなさい、間違っていました」と言えば、何の解決にもならないが、決して損はしないし、疑念を晴らすこともできる。

有名な保守系全国紙の漫画が賞を受賞し(同紙がコンクールの主催者)、スペイン国王自身が賞賛した事例を思い出す。

2019年3月、ホセ・マリア・ニエトは、2018年10月に『ABC』に掲載された「Que levanten la mano los hijos de Guardia Civil」と題する漫画でミンゴス賞を受賞した。当該漫画は、被告人が無罪となり、裁判が棄却された疑惑の行為を連想させるものであった。

Artículos relacionados

Suscríbete por email para recibir las viñetas y los artículos completos y sin publicidad

¿Algo que decir?

Este blog se aloja en LucusHost

LucusHost, el mejor hosting

Grandes personan que patrocinan.

Patreon

Recibe contenido extra y adelantos desde sólo un dolarcito al mes como ya hacen estos amables lectores:

César D. Rodas - Jorge Zamuz - David Jubete Rafa Morata - Sasha Pardo - Ángel Mentor - Jorge Ariño - Vlad SabouPedro - Álvaro RGV - Araq