人種差別とみなされる漫画の掲載後、2つの新聞社で辞任が発生

 
 
人種差別とみなされる漫画の掲載後、2つの新聞社で辞任が発生

ノースカロライナ州RoxboroにあるCourier-Times紙の編集者Johnny Whitefieldは、Tom Stiglichによるこの漫画が人種差別的であると批判され、昨日即時辞任を表明しました。

フードをかぶった黒人が白人女性の財布を盗むシーンです。彼女は「助けて!誰か911を呼んで!」と叫ぶと、男は「頑張ってください、奥さん…警察の予算はなくなりましたから」(*)と答える。

(*)「Defundthe Police」はデモで叫ばれるスローガンの一つで、警察をなくせという意味ではなく、警察の予算を削減し、教育、医療、住宅、青少年サービスなどに使えということである。

The Courier-Timesの編集者は、この漫画は「The Courier-Timesの見解を反映していない」と述べ、辞任の前日にはすでに次のような長文で謝罪していた。 はこちらで読めます.

“社説の漫画に印刷された言葉だけでなく、その漫画が送った人種的なメッセージにも目を向けるべきでした。そうじゃなくて、ごめんなさい。

これは、紙で唯一の出口ではなかった、コンセントは漫画家との関係を切断し、彼の謝罪で、ジョニー-ホワイトフィールドは、すでにクーリエ-タイムズは彼の漫画を公開することを中止していることを発表した。

“問題の漫画を提供した編集漫画家との関係を絶つことを決定し、読者は今後、編集ページで彼の画像や意見を目にすることはないでしょう。それ以上に、この漫画を出版するために選択した責任があります。

同漫画はまた、以下を誘発した。 辞職ミズーリ州の家庭紙「Washington Missourian」に掲載されました。

漫画家です。 トム・スティグリック, (政府短期証券) (TW)は、セントルイスのテレビ局KSDK-TVに語った。

“国家は今、法と秩序をより必要としている。” “暴動と略奪は非常に落胆させられた。”「あの漫画は、ここアメリカでの凶悪犯罪の数字だけをもとにしたものです。それを無視することは、読者にとって不利益になる』。

に掲載された漫画。 6月12日にも表示されなくなりました。 貴方のギャラリーメディアでシンジケートされるようになってから

関連、各国で150件以上。

人種差別とみなされる漫画の掲載後、2つの新聞社で辞任が発生

困ったときのユーモア、事例集(III)
漫画や風刺イラストが原因で、何らかの重要な問題を抱えた漫画家のケース。また、漫画家でなくても、他の人がそれを共有してトラブルになったという話もあります。


Suscríbete por email para recibir las viñetas y los artículos completos y sin publicidad
Artículos relacionados