人跡未踏の地

 
人跡未踏の地

No man’s land.2022年12月04日の漫画 CTXT

漫画の翻訳です。”大臣は、死体が畑から落ちたことを証明するためにVARを要求し続けた”。

内務大臣はこのように再定義した。, Fernando Grande-Marlaska, その部分は、私たちを人権のリンボとして、すべての責任を排除するゾーンとして理解するふりをするものです。そこでは死が生まれ、野生化する。

2001年、モロッコとの間でフェンスの開始位置をめぐる話し合いが行われ、「共有」の土地を暗示する、シニシズムを二重に加えたピルエットが生まれました。スペインのはずなのに、モロッコの主権があることになっている。ナドルとメリリャの間にバリオ・チノという国境ポストがある。このとき、広いところと狭いところがあります。内務省によると、大きい方はモロッコに依存し、小さい方はあの「無人地帯」で、内務省は「共同介入地域」と呼んでいるが、隣人を非難しながら暴挙を半々にするためなのだろう。

それはともかく、あまり気にしないでください。このリンボの境界の分け方についても、彼らは完全に同意しているわけではありません。この土地の所有権に関する厳密な法的問題は、その道の専門家に聞けばいいのだが、そこで殺したり見殺しにしたりすることを正当化する抜け道を見つけて手を洗う人は皆無であろう。

このポッドの道徳的な問題は、12月2日付のCTXTの社説、タイトルの方がよりよく説明されています。 ノー・マンズ・ランドとしての国家. 以下はその一部です。

地球上には、殺人などの犯罪を無責任に行うことができる「ノーマンズランド」は存在しない。スペイン国家の領域では、警察が法的な影響を受けずに行き過ぎることができる「無人の地」は存在しないのだ。蛮勇を振るうための「無人の地」は存在しない。そう、存在したのです。何十年も前から、警察署や兵舎があり、そこは法の及ばない「無人地帯」であり、その中で「スペイン国境への攻撃」も行われ、厳しく弾圧されていたことは、理解できる。内務大臣は、そして大統領とともに、再び「無人地帯」、つまり何が起きても見られず、記録もされない黒いスポットの地域的な誕生を主張しているようだ。従って、法にも倫理にも従わないのです。

この免罪符を偽装する残酷な裏技は、すでに2019年3月の別の漫画で、彼らがこう呼んだことを理由に取り上げています。 “タラジャの悲劇

人跡未踏の地

Suscríbete por email para recibir las viñetas y los artículos completos y sin publicidad
Artículos relacionados

悪のボスたち

50秒

富裕層への課税

Este blog se aloja en LucusHost

LucusHost, el mejor hosting

Grandes personan que patrocinan.

Patreon

Recibe contenido extra y adelantos desde sólo un dolarcito al mes como ya hacen estos amables lectores:

César D. Rodas - Jorge Zamuz - David Jubete Rafa Morata - Sasha Pardo - Ángel Mentor - Jorge Ariño - Vlad SabouPedro - Álvaro RGV - Araq