人道支援

 
人道支援

人道支援。2023年10月21日のCTXTの漫画

10月21日(土)午前10時(スペインでは午前9時)、エルサレムのアメリカ大使館は、エジプトが2週間の封鎖の後、ラファ(Rafah)踏切を開放するとツイートで発表。

10月7日以来、パレスチナ自治区に入る最初の国連人道支援と思われる20台のトラックが到着。トラックが運んでいるのは水、食料、医薬品。一部メディアの報道によると、援助物資は棺桶も運んでいるが、病院の発電機維持に不可欠な燃料は運んでいないとのこと。赤十字によれば、飲料水も届いていないとのこと。

日曜日には、人道支援物資を積んだトラック17台からなる第2次輸送隊がラファ交差点からガザに入りました。

もう一つの問題は、継続的な爆撃のために寸断されたり通行不能になっている道路の状態のために、この最小限の援助を届けるのが難しいことです。

アメリカ大使館は、外国人市民や外国パスポートを持つガザ人が国境に近づき、運試しに飛行することを奨励しています。しかし、それは冒険であり、安全が保証されているわけではありません。イスラエルが数日前、この国境を爆撃したことを忘れてはなりません。

今朝早く、この国境がいつまで開いているかは不明。結局、数時間しか開かず、出国しようとした数百人が出国できませんでした。

アメリカ大使館は、イスラエルが近隣への空爆をやめず、毎日毎日とんでもない数の死者を出しながら、南への避難を余儀なくされている現地の人々には何も言いません。

民間人がアンクル・サムのお買い得品になったことは、世界中のどの国でもありません。今、イスラエルがかつて自分たちの家であった場所を壊滅させる間、住民はどこへも逃げようとし続けなければなりません。

そして、イスラエルの主要な武器供給国であり、パレスチナを荒廃させている武器の約80%を購入していると推定されるアメリカの「人道的」な仕事もこれまで

さらに、イスラエル軍はガザへの軍事侵攻の前菜として、「今日から」ガザへの砲撃を強化すると発表しました。

このサイコパスは、国際社会が支援し、無関心に容認している大量殺人によって、歴史上最も暗く悲しいページを刻んでいます。


Suscríbete por email para recibir las viñetas y los artículos completos y sin publicidad

Artículos relacionados

Este blog se aloja en LucusHost

LucusHost, el mejor hosting