伝統的なメディアにおけるアニメの緩慢で永遠な苦悩

 
  • ES
  • DE
  • FR
  • EN
  • 伝統的なメディアにおけるアニメの緩慢で永遠な苦悩

    伝統的なメディアにおけるアニメの緩慢で永遠な苦悩

    カナダの新聞4紙の漫画のないオピニオンページ。

    漫画家 グレーム・マッケイ(オンタリオ州、1968年) アカウントは、同グループのカナダ主要4紙、カルガリー・ヘラルド、モントリオール・ガゼット、アバディ・ガゼットの4紙が自身のFacebookページで紹介した。 ポストメディアカルガリーヘラルドモントリオールガゼットオタワシチズンレジーナリーダーポストは、オピニオンページで社説漫画を掲載する従来の場所にストックフォトを掲載しました。

    漫画家によると、これは風刺的なコンテンツがないためではなく、予算削減のためだという。

    社説漫画を削除することで、新聞社はフリーランスの仕事を15ドルから20ドル節約できますが、編集者は社説漫画がしばしば読者がフロントページで最初に目にするものであるという事実を無視します。 社説漫画 は、読者が新聞を読むときに最初に目にすることが多い。さらに、彼は読者に対して、漫画を排除するこのような傾向は容認できないことをこれらの新聞社に知らせるよう呼びかけています。

    伝統的なメディアにおけるアニメの緩慢で永遠な苦悩

    エディトリアルカートゥーンとは何ですか?
    シンシナティ出身のイラストレーター兼漫画家、ケビン・ネセサリーは、彼の考えるエディトリアルカートゥーンとは何かを説明するために、この短いカートゥーンストリップヒストリーを発表しました。

    この切り抜きについて、もう少し詳しい文献を探そうとしたのですが(まだ探しています)、信頼できる身近な資料が見つかりませんでした。 このメディアグループが永久にアニメを排除することを決めたのか、それとも一時的なものなのかはわからない。

    昨年、ポストメディア・グループはすでに、 3つの新聞に掲載されたシンジケート・ストリップが不快なジョークと見なされ、論争になったことを謝罪し、出版を取りやめました。 カナダの数十のメディアがこれに続き、ローン・レンジャーとトントを描いた漫画をめぐり、 米国の漫画家ジョン・マクファーソンの Close to Home」シリーズの出版を取り止めた。

    メディアが増え、アニメのスペースが減る

    時々、アメリカの作家が予測したり、断言したりする荒唐無稽な意見書がありますが、それはそれでいいのです。 アニメ離れ冷蔵庫を漫画でいっぱいにする問題は、最良のタイミングではありませんが、漫画(通常のより「編集的」なバージョン)がインターネット上で元気な間は、少なくともバイラル化や新規読者・定期購読者の数という点で、最良の状態ではないことがよくわかります。デジタルフリーマーケット用のマスを描いて冷蔵庫を埋めるという問題はまた別です。

    スペインでは、まだ何もかもがちょっと変わっています。2017年、2018年に 落下物漫画家や作家の数が増えることは、通常ありません。せいぜい、主要な漫画家が死亡したり、引退したり、編集方針が突然変更されたりして、交代するのを目撃する程度である。

    アニメを殺したメディア

    2019年、ニューヨーク・タイムズ紙 政治漫画の出版を中止する は、国際版と国内 版が重なっており、そこには漫画家はいなかった。7月1日には、風刺に別れを告げ、2人の漫画家にも別れを告げました。 パトリック・シャパットy ヘン・キム・ソン

    他のメディアは、いくつかの論争があった後、この漫画を取り除くことを選択しました。2020年、地元紙「ラコニア・デイリー・サン」(ニューハンプシャー州ラコニア)は、社説漫画の掲載について苦情が寄せられたため、掲載を中止すると発表した。 本作マイク・ラックオビッチ

    同年に 朝刊が描いた絵がきっかけで、漫画と決別することを選択しました。 ゲイリー・マッコイ において 堕胎と黒子スペクテイター誌の創刊号は、不平不満の声が上がった。その際、編集者はあまり深く考えず、漫画は「消耗品だ」と書いていた。

    また、2020年には、コロンビアの日刊紙「Vanguardia」が3人の漫画家を旅に送り出し、Edilberto Ardila “アルゴン“, Diego García “ディエゴ・カートゥーン「とCésar AlmeydaKékar“、後者は45年以上Vanguardia誌に掲載され続けている。悲しい現実は、収入が少ないという事実とは別に、解雇されたとき万事休す.

    その漫画家を解雇した理由は、「パンデミックによって悪化した、印刷メディアが直面する収入減少の厳しい状況」であった。というタイトルの社説で、このように表現しています。私たちの永遠の感謝の気持ち“.

    伝統的なメディアにおけるアニメの緩慢で永遠な苦悩

    なぜ、誰も漫画家になりたがらなくなったのか?
    Spectator』誌の漫画編集者であるニック・ニューマンは、そう自問している。

    伝統的なメディアにおけるアニメの緩慢で永遠な苦悩

    Suscríbete por email para recibir las viñetas y los artículos completos y sin publicidad

    Artículos relacionados