入社初日にクビになった漫画家、エスペさん

 
  • ES
  • RU
  • CN
  • PT
  • DE
  • IT
  • FR
  • EN
  • 入社初日にクビになった漫画家、エスペさん

    L’Humanité紙の新しいツール・ド・フランス欄に掲載されたエスペの最初で最後の漫画。

    フランスの漫画家 “エスペ “が記録を更新したかもしれない。彼は、新聞社が発足させたコーナーに初めて漫画が掲載された直後に解雇されたのです

    セバスチャン・ポルテ(Sébastien Portet(1974年)、自分の名前を「エスペ」と署名する彼は、フランスの新聞社との最初のコラボレーションを始め、同じく解雇され物議をかもした元サイクリングコーチ、アントワーヌ・ベイヤーの文章を図解したこのジョークを送ってきた(彼の文章に何か理由があったのかどうかは知らない。)

    を担当するベイヤー。 L’Humanité誌でツールに関するコラムを毎日担当しているVayerは、Twitterでこの漫画を擁護し、あることを探した。 関係シャルリー・エブドに描かれたモハメッドの風刺画と一緒に。

    そのイメージの中で、漫画家は、引退した自転車選手でモデルのマリオン・ルース(現在はテレビの自転車競技解説者)が、半裸でランジェリーを身にまとい、ベッドで現在のパートナーのジュリアン・アラフィリップにインタビューしているところを描いており、彼は舌を出して涎を垂らしているように見える。

    “ジュリアン、フランスTVの質問に答えられるか?”

    “よっしゃー “って感じです。

    本文中にジョークの痕跡はあまりない。本当は、アニメとしては、カクカクして森より古いような気がするのですが。このジャンルのリバイバルをしたかったのだろうか、もう背景のない、玉の輿を描くための単なる言い訳のような、発掘時代の下ネタが思い出される。考えもしなかったとは思えないし、こういうことは、言ってみれば一般メディアには通用しない。

    マリオン・ルース 以下のようにコメントしています。その風刺画が描かれた漫画をTwitterで紹介。

    “幻滅 “したL’Humanitéは、ますます悪化しているその名前はどんどん悪くなっていく。テレビでの6年間のスポーツ分析をこのレベルにまで落とすとは、女性、女性に対する尊敬の念は微塵も感じられない」。

    この騒動を受けて、同紙は読者に謝罪した。 ウェブサイトよりを「下品で性差別的」であるとし、両投稿者を降板させることを発表しました。

    “ツール・ド・フランス “の期間限定で提携した漫画家エスペ氏とコラムニストアントワーヌ・ヴェイユ氏との提携を解消することにしました。その理由は、フランステレビのアナリストでサイクリストのマリオン・ルースに向けられたエスペの署名入り漫画で、彼女の感傷的なパートナーであることを明らかにしたツール競技者のジュリアン・アラフィリップにインタビューするセックスオブジェクトに還元されたものです」。

    Twitterでまた、Marion Roussseさんにも謝罪した。

    私たちは、この漫画に対する怒りを十分に共有しています。すぐに削除しました。人間の尊厳とフェミニストの闘いを推進するL’Humanitéの 価値観に反している。マリオン・ルース、どうかこの警戒心の欠如をお許しください」。

    漫画家も だってさこの漫画家もこの動きについてAFPに謝罪している。

    “悲しい、悲しい、悲しい “です。新聞社は謝罪し、絵は消され、私はもうL’Humanitéの社員ではありません。私の狙いは傷つけることではなく、悪意もなく、ただ風刺画を描いただけなのですが……。絵が理解されないと失敗なのですが、このようなプロポーションになるとは思いもよりませんでした」。

    エスペは、「メディアとスポーツの間の多孔性(?)を喚起したかったし、テックス・エイブリーのドローイングからインスピレーションを得たかった」とも語っています。エスペが頭の中でそのジョークや想定される批判を面白がっていた可能性もあるが、すべては彼だけが見た、あるいはどう解決していいかわからないものだったということだろう。それはともかく、ジョークを狙ったものであり、メディアは王道を行くことにしたのだ。著者は、新参者ではなく、これまで90年代からは、グラフィック・ユーモアの世界での彼のデビューは、すでにピンポイントに過ぎないと評価されていますが、コミックの世界では、そのようなことはありません。

    入社初日にクビになった漫画家、エスペさん

    困ったときのユーモア、事例集(III)
    漫画や風刺イラストが原因で、何らかの重要な問題を抱えた漫画家のケース。また、漫画家でなくても、他の人がそれを共有してトラブルになったという話もあります。


    Suscríbete por email para recibir las viñetas y los artículos completos y sin publicidad

    Artículos relacionados