国境政策

 
 
国境政策

国境を越える政治2022年6月26日のヴィネット CTXT

6月24日金曜日、少なくとも23人がメリリャのフェンスで命を落とした。NGOの中には30人以上いるのではないかと言う人もいるが、彼らの身元、死因、死因については何も分かっていない。何もない。どうでもいい肉。

またもや大虐殺というのは、罰せられないし、歴史の教科書に一行も載らないだろう。昨日で賞味期限切れのニュースがもう一つ。

モロッコの警察がスペイン領に入り、スペイン警察と並んで「エンカリエンテ」(「猛暑」と読む)追放を行う映像は、連携作戦を物語っている。

モロッコ側では、すでに負傷している移民たちの遺体が地面に積み上げられ蹴られたり殴られたりしている。この画像も歴史的な写真になることはないでしょう。

この蛮行に対する首相の反応は容認できない。

一握りの非武装で飢えた人々に領土と主権を脅かされるなんて、なんというクソみたいな国なんだ。

ペドロによれば、これはマフィアのせいであり(少し前まではモロッコ政府の責任だったが、今は違う)、犠牲者は針金で縛られた4本の柱を死守するようにプログラムされた武装警備員に押されてミンサーで死ぬのだから、解決策はすでにあるのだそうだ。

拍手喝采の中の殺人と拷問。これは、彼らが私たちに 進歩的であると売りたい、すべての人間性を欠いた新しいアプローチなのです。

今、彼らは組織化を急がない 検討 票を集められないからです。

という話も出ています。区分“政府 “の中で進歩的な連立協定の署名者たちの悪名高い劇場の第十三章。連日バカ騒ぎして、まだ野党だと思わせるふりをしながら、すでにブラックホールサイズより大きい呑気な癖を増長させている支配者たち。

ほら、ほら…。

関連する

メリリャ:「よく解決された大虐殺」。


Suscríbete por email para recibir las viñetas y los artículos completos y sin publicidad
Artículos relacionados

悪のボスたち

50秒

富裕層への課税