基本的な権利である漫画

 
 
La viñeta, un derecho fundamental
基本的な権利である漫画

2017年、あらゆる経歴、感性、大陸からプロの漫画家が集まり、「報道における漫画が国際レベルで基本的権利として認められるようにする」というプロジェクトを立ち上げました。

に見られるように、一般に表現の自由は基本的な権利として認められているものの、しばしば侵害されることがあります。 など、多くの事例が寄せられています。ここでは、ユーモア、嘲り、皮肉、批判、糾弾など、報道漫画に特有のものを通してその使用を促進し、擁護することを目的としている。

漫画が、扇動や反乱の扇動、侮辱、宗教的感情や象徴に対する違反、国章や制度、王や支配者に対する侮辱、公序良俗を乱す扇動、その他漫画の気まぐれな解釈など、さまざまな罪で作者を刑務所に入れることができる国もあるのだ。 テロ等準備罪など、表現・報道に関する法律を気まぐれに解釈しています。

このように、現在までに 漫画家400人の国際機関が宣言文を起草し、署名しています。

この宣言は、世界報道の自由の日である2019年5月3日に、ADDIS-ABEBAに提出されました。それは、同年、ユネスコ、エチオピア連邦民主共和国政府、アフリカ連合が主催した「世界報道の自由の日」の国際会議の席上でのことでした。

宣言

1. 私たちは、表現の自由が世界人権宣言第19条に規定される基本的な権利であることを厳粛に想起する。同条には「すべての人は意見および表現の自由に対する権利を有する。この権利には干渉を受けずに意見を持ち、あらゆるメディアを通じて、国境を越えて情報や考えを探し、受け取り、伝える自由が含まれる」とある。同様に、1989年のユネスコ総会決議25 C/104は、「国際的及び国内的なレベルで、言葉とイメージによる自由な思想の流れ」の権利を想起させる。

2. 私たちは、漫画家の身体的完全性に対する無形の権利と、報道漫画家に対するいかなる種類の脅威や圧力にも反対することを想起します。我々は、毎年、具体的な報告書をユネスコ事務局長に提出し、加盟国に伝達することを提案する。

3.我々は、国家と国際社会に対し、「風刺と不遜の権利」についての議論と考察のプロセスを開くことを求める。

4.私たちは、いくつかの報道機関が計画したイニシアティブをとり、ユネスコに世界報道デーを設けるよう要請します。

5.私たちは、ユネスコ事務局長に対し、この宣言を次回のユネスコ総会で国際社会に発信するよう要請します。

もう一歩先へ

さて、この宣言が入ったのは しんきょくめんで、全加盟国に発信しています。そのため、まだ宣言に署名していない漫画家にも、この共通のアプローチを共有するよう呼びかけています。また、彼らが働いている新聞の編集者、報道、文化、その他の分野で一緒に働いている協会とも。さらに運動を広げ、より多くの支持を得ることが目的です。

基本的な権利である漫画

サイン漫画家として、組織の一員として、一市民として。

基本的な権利である漫画

プロセス

忘れないために

スペイン雑誌『エル・フエベス』の誘拐事件と、漫画家マネル・フォントデビラ、ギジェルモ・トーレスの判決。

これは、風刺出版物の乗っ取り事件としてはおそらく最も血なまぐさいもののひとつで、民主主義において二人の漫画家が有罪判決を受け、罰金を科された(歴史を読む)

La viñeta, un derecho fundamental
El Jueves nº 1.573

2007年7月20日、del Olmo判事は雑誌El Juevesの1,573号の押収を命じ(命令参照)、その理由は表紙であるとして、販売所から全てのコピーを撤回するよう要請しました。検察は『エル・フエベス』サイトの「切断」まで命じたが、雪崩のようにアクセスが殺到して崩壊したため、その必要はほとんどないだろう。 この話は、国際的な反響を呼んだ。

スペイン憲法は出版物の 事前 検閲を禁じていますが、裁判官が一定の基本的権利を侵害すると判断した場合、出版物が路上に出てから差し押さえることを認めています。

による描画 ギジェルモという見出しで、当時のフェリペ王子とレティシアがベッドで犬猿の仲になっている風刺画が掲載され、サパテロ政権のベビーチェックに関するジョークが描かれていました

中央管区第6裁判所の長は、この雑誌のディレクターに召還状を送った。刑法の490条3項と491条に基づき、王室に対する犯罪を犯した可能性があるとされ、表紙の作者を特定するよう要求した。その場合、国王やその子孫に対する誹謗中傷や侮辱の罪で2年以下の禁固刑に処される。

最もばかばかしい逸話は、デルオルモ判事が雑誌から「ラス・プランチャス」を削除するつもりだったというものだ。もう一つの不条理は、メディアやインターネット上で「汚い言葉や失礼な言葉」について議論されたことだ。まるで無礼講が犯罪であるかのように。

2007年11月13日、彼らは皇太子侮辱罪で有罪になった。裁判官は、漫画家一人につき3,600ユーロの罰金(検察は6,000ユーロを要求)を課した。彼は、この漫画の絵と文章の両方が「客観的に有害」であると考えたのです。憲法裁判所は、全国高等裁判所で下された判決に対する同誌の控訴を棄却した。ストラスブール裁判所に控訴することが発表されたが、続報はない。

関連、全世界で130件以上。

humor-apuros

Suscríbete por email para recibir las viñetas y los artículos completos y sin publicidad
Artículos relacionados

Este blog se aloja en LucusHost

LucusHost, el mejor hosting

Grandes personan que patrocinan.

Patreon

Recibe contenido extra y adelantos desde sólo un dolarcito al mes como ya hacen estos amables lectores:

César D. Rodas - Jorge Zamuz - David Jubete Rafa Morata - Sasha Pardo - Ángel Mentor - Jorge Ariño - Vlad SabouPedro - Álvaro RGV - Araq