小麦粉大虐殺

 
小麦粉大虐殺

小麦粉の大虐殺CTXTに掲載された2024年03月02日の漫画

漫画の翻訳:"これは人道的な作戦であり、今あなたは非人間的なものを見るでしょう"

ユーロメッド・ヒューマン・ライツ・モニターによる初期調査では、イスラエル軍の銃撃により、2月29日(木)未明にガザ西部で人道支援を受けようとした飢えたパレスチナ市民数十人が死傷したことが確認されました。

イスラエル軍は、すでに「小麦粉の大虐殺」と呼ばれているこの残虐行為とは無関係であると主張し、空撮ビデオを公開し、民間人の死は突進によるものだと主張しています。

Euro-Medによると、調査チームはこの出来事を初期段階から観察し、イスラエル軍戦車がガザ市の西と南で人道支援を受けようとするパレスチナ市民の集団に激しい銃撃を加えたことを記録。その結果、民間人112人が死亡、760人が負傷。

小麦粉大虐殺

同団体は、イスラエル軍が援助を受けようとした市民を殺傷したことを裏付ける4つの証拠を強調。これらの負傷は、犠牲者がアル・シファ病院に到着した際にEuro-Med Monitorの調査員が記録したもので、小麦粉の袋や援助箱に付着した血痕も同様です。

第二の証拠は、イスラエル軍自身が公開した映像で、海岸近くに設置されたイスラエル軍戦車からの砲撃の音声による証拠と、軍が戦車のある場所を隠すことによって、映像の中で戦車を意図的に隠したという証拠が含まれています。

3つ目の証拠は、銃声の録音に関するもので、銃撃時に公開された映像では銃声が聞こえ、イスラエル軍が使用した5.56ミリ弾の自動小銃によるものであることが確認されている、とEuro-Med Monitor。

イスラエルが提供した映像は完全なシークエンスではなく、彼らの "物語 "に合うように操作するために少なくとも4つのカットが加えられた編集映像であるという点でも、異なる情報源は同意しています。

イスラエル軍虐殺者のスポークスマン、ダニエル・ハガリは、自分たちの作戦は「人道的作戦」であり、異なる情報源によれば100人以上の死者は、互いに踏みつけあって死んだと主張。

駐スペイン・イスラエル大使のロディカ・ラディアン・ゴードン(まもなくズヴィ・ヴァプニに 交代)もまた、皮肉と嘘を抱き、イスラエル軍は一発も発砲していないと主張:「何千人ものガザンが人道支援トラックを待ち伏せし、車列にたどり着こうとした人たちの猛攻撃の結果、押し合いへし合いして何十人もの人たちが死亡しました」。

その直後、イスラエル当局は、彼らの軍隊が、彼らの見解では「脅威」をもたらす群衆に発砲したことを認め、「略奪者」について語りました。要するに、いつものこと。イスラエルにとって、パレスチナで動くものはすべて、撃っていい塊なのです。

彼らはみな、自分たちが理性を失っていることを知っているので、彼らの伝統であるように、承知の上で嘘をつくのです」。

犠牲者の80%が銃殺

ガザのアル・アウダ病院のモハメド・サルハ院長代理と電話で話したジャーナリストのオルガ・ロドリゲスによれば、彼は、いわゆる「小麦粉の大虐殺」の後、彼の病院には176人の負傷者が収容され、そのうち142人が銃創で、そのうち27人は緊急手術が必要だったと断言した。

モハメド・サルハ氏はまた、同病院では2月27日、電気と燃料の不足のために手術室が停止したため、命にかかわる症例用に用意されたバッテリーを使用せざるを得なかったと主張。それで7人の手術ができましたが、他の20人の手術はできませんでした

そんな中、ポデモスが議会に提出した、パレスチナのジェノサイドに反対するための法律案(PNL)の採決が行われました。ジェノサイドの共犯者である人々が決して忘れないように、各政党が投票した内容は以下の通り。

現在、40日間の休戦の可能性が再び話題になっていますが、これは生中継され、さまざまな行為に分割されたジェノサイドの 2度目の休止となるでしょう。

しかし、その間に、あるいはそうでなくても、殺戮の第二の中断はやってきます。国防総省は、あらゆる種類の技術を駆使して殺戮を続けています。Euro-Medはまた、イスラエル軍の戦車が何十人ものパレスチナ市民を故意に轢いたことを記録しています。

大量虐殺者たちの免罪符は、世界の多くの人々の無関心と加担と同じくらい、耐え難いものです。


Suscríbete por email para recibir las viñetas y los artículos completos y sin publicidad

Artículos relacionados

埠頭

Este blog se aloja en LucusHost

LucusHost, el mejor hosting