平和サミット

 
平和サミット

平和サミット、2023年10月22日のCTXTの漫画

TR: ポスターには「We'll see」と書かれています。

10月21日の和平サミットは慌ただしく開催され、ほとんど同じような形で合意なしに閉幕。

パレスチナ自治政府のアッバス議長は出席したものの、ハマスやイスラエルの代表は出席せず、アメリカは在エジプト大使館から関係者を派遣しただけ。

参加者の多くにとっては、国際的な手のひらを見せびらかし、「イエス、しかしノー」という古典的な中途半端なナビゲーションをするための、またとない機会であっただけであり、その一方で、自衛権を行使すると主張する人々の、歴史的に不釣り合いな、偽りではないにせよ、住民を見境なく壊滅させたり、彼らの土地から追い返したりするためのあからさまな口実としての残虐行為については、無頓着に無視していたのです。

エジプト・アラブ共和国大統領府のプレスリリースに、サミットの結論が掲載されています:

エジプト・アラブ共和国の招きにより、2023年10月21日(土)、多くの地域および国際的な国々の指導者、政府首脳、特使がカイロに集まり、ガザ地区における深刻化する危機を収束させ、イスラエル側とパレスチナ側との間の軍事的なエスカレーションを緩和するための努力を前進させる方法を協議し、模索しました。10月7日の武力衝突の勃発以来、エスカレーションは何千人もの罪のない市民の命を奪ってきました。

エジプト・アラブ共和国は、このサミットの開催を呼びかけることで、文化、人種、宗教、政治的立場を超えた国際的なコンセンサスを構築しようとしました、国際法と国際人道法の規則を守ることを要求し、民間人を保護し、彼らを危険と脅威にさらさないことの究極的な重要性を強調し、ガザ地区の人々からのアクセスを提供し、人道支援と救援物資の流れを確保し、適切な受益者に届けることを特に優先すること。このコンセンサスはまた、現在の紛争が地域の他の地域に広がる危険性を警告しています。

エジプトは、参加者が過去数十年にわたるパレスチナ問題への国際戦略を再評価し、現在の危機から新たな政治的精神と意志をもって脱却し、真の真剣な和平プロセスへの道を切り開くことの重要性に同意し、和平のための世界的な呼びかけを開始することを期待しています。これは、短期間で、1967年6月の国境線に沿って、東エルサレムを首都とする独立したパレスチナ国家の樹立につながるものです。

過去数十年にわたる国際情勢は、パレスチナ問題に対する公正かつ永続的な解決策を見出す上で、深刻な欠陥を露呈してきました。それは、80年以上にわたって外国による占領、アイデンティティの抹殺、希望の喪失に苦しんできた人々の最低限の願望に応えることのできない、一時的な解決策や鎮痛剤を提供することにとどまっていたからです。現在進行中の戦争は、危機に対処する国際社会の価値観の欠点も露呈しています。ある場所では、罪のない人々の殺害を即座に非難することに躍起になり、競い合っている一方で、別の場所では同じ行為を非難することに理解しがたいためらいを感じます。まるでパレスチナ人の命が他の人々の命よりも重要でないかのように、この殺戮を正当化しようとする動きさえ見受けられます。

現在の危機の中で毎日失われる命、そして24時間体制で空爆を受け、恐怖に震える女性や子どもたちの姿から、国際社会は事の重大さに見合った対応を迫られています。パレスチナ人の権利は、国際人道法の規則が含む他の人々や、人権を扱う国際条約から除外されるものではありません。パレスチナの人々は、他の民族が享受するすべての権利を享受しなければなりません。まず、最も大きな権利である生命への権利、安全な住居を見つける権利、適切な医療を受ける権利、子どもたちの教育を受ける権利、そして何よりも、自分たちのアイデンティティを体現し、自分たちが属することを誇りに思える国家を持たなければなりません。

平和サミットの開催を率先して呼びかけたエジプト・アラブ共和国は、時間的制約があるにもかかわらず、招待に応じてくれた国々や組織に深い感謝の意を表します。

この機会に、エジプトは、困難や紛争の期間にかかわらず、このサミットの開催を求めた目標を達成するために、すべてのパートナーと協力し続ける努力を惜しまないことを確認します。エジプトは、パレスチナとイスラエルが共存する2国家解決というビジョンが実現するまで、戦略的かつ不可逆的な選択肢としての和平を信じ、パレスチナの権利を支持する確固たる立場を常に維持します。

これらの崇高な目標を達成するためのエジプトの努力の枠組みの中で、地域のどの国の犠牲の上にでもパレスチナの大義を清算しようという呼びかけを受け入れることは決してありません。全能のアッラーの助けと国民の意志と決意を頼りに、ますます危険で脅威的な状況と状況の下で、自国の主権と国家安全保障を守ることに一瞬たりとも手を緩めることはありません。


Suscríbete por email para recibir las viñetas y los artículos completos y sin publicidad

Artículos relacionados

Este blog se aloja en LucusHost

LucusHost, el mejor hosting