戦後の計画

 
戦後の計画

戦後の計画。2023年1月6日のCTXTの漫画

TRの漫画:イスラエルは軍事管理下のパレスチナ行政を計画。

-"人口調整 "の前に

無慈悲な殺戮の3ヶ月後、イスラエルは再びその薄汚いプロパガンダを世界に向け、あたかも自分たちには計画があり、パレスチナ住民の運命を管理する立場にあるかのように伝えようとしています。

今、私たちは、犯罪者であり大量虐殺者であるイスラエルが、戦後のガザをパレスチナ人の管理下に置きつつも、軍の管理下に置くことを計画していると読んでいます。

21世紀にヴィシー・フランスのような保護/占領を提案することは、占領者の植民地主義的、帝国主義的なメンタリティを物語っています。以前はパレスチナの土地を奪うのに口実は必要なかったとしても、今はどうでしょう。

ヘブライ語の報道によると、国防相は、彼らがガザで「戦争」と呼ぶものの後の想定される未来を概説した文書を発表したとのこと。

この計画によると、ガザの文民政府はパレスチナの手に残るが、大臣はイスラエルの軍事占領下にあるヨルダン川西岸地区の一部を統治するパレスチナ自治政府には言及していないとのこと。

「ガザの住民はパレスチナ人であり、イスラエルに対する敵対行為や脅迫がないことを条件に、パレスチナの組織が(行政を)担当することになります。ハマスがガザを支配するのではなく、イスラエルがガザの市民を支配するのでもありません。

イスラエル軍がお飾りのためにガザに留まるはずがないことは、それほど賢くなくてもわかるでしょう。それは、世界の目から見て、占領を再ブランド化するための彼らの皮肉な方法です。平和を取り戻すというパレードを演出するために、侵略し略奪した国に気が済むまで居座り続ける傾向があるアメリカの真似をしているのです。

それはともかく、この事態はまだ終わっていないし、すぐに終わるとも思えません。大虐殺と破壊が進んでいる現状では、誰が残ろうと、管理することはほとんどできないでしょう。


Suscríbete por email para recibir las viñetas y los artículos completos y sin publicidad

Artículos relacionados

埠頭

Este blog se aloja en LucusHost

LucusHost, el mejor hosting