教授で漫画家のフィッシュ氏が反ユダヤ主義で告発

 

反ユダヤ主義は常に、イスラエル国家とそのパレスチナ人隣人に対する終わりのない拷問に対するあらゆる批判の総称です。

すべてが反ユダヤ主義

大虐殺が進行中の今、イスラエルがパレスチナで行っている数ヶ月に及ぶ民族浄化について、反ユダヤ主義のレッテルを貼られないようなことを言ったり、書いたり、描いたりすることは絶対にできません。

ダビデの星が漫画に登場すれば、たとえそれが中心的な要素でなくても、メッセージと直接関係がなくても、たとえそれがイスラエル国旗の中心的な部分を占めていても、作者は宗教的シンボルを使用したことで反ユダヤ主義として非難されるでしょう。

漫画に肉片が描かれれば、たとえイスラエルがパレスチナの民間人をミンチにしていたとしても、それもまた反ユダヤ主義的な表現である 肉片と解釈されるため、漫画家は反ユダヤ主義者の烙印を押されるでしょう。

イスラエルがパレスチナを広大な血の海に変えているとしても、漫画の中に何らかの形で血が登場すれば、その漫画家は、ユダヤ人がキリスト教徒の子どもの血を使ってマッツァーやその他の儀式を焼いたと非難する反ユダヤ的プロパガンダの手法として知られる「血の名誉毀損」に訴えられ、反ユダヤ主義者の烙印を押されるでしょう。

言うまでもありませんが、鼻の形やお金に関する暗示は、たとえそれが曖昧なものであっても、反ユダヤ主義の非難を招くことになります。

ハーバード事件

教育界はすでに2月下旬、同じくイラストをめぐる騒動で大混乱に陥っていました。

ハーバード大学では、学生グループと教授グループが反ユダヤ主義的と思われる漫画を共有したことから、学内の反ユダヤ主義をめぐる論争に巻き込まれました。

問題の漫画は、中央にダビデの星とドル記号が描かれた手が、アラブ人と黒人の首に巻かれた2本のロープを持っているというもの。これらの人物は、ガマル・アブデル・ナセル元エジプト大統領と、ボクサーで反戦活動家のモハメド・アリとされています。

ハーバード大学のアラン・M・ガーバー臨時学長は声明の中で、この漫画がハーバード大学パレスチナ連帯委員会とアフリカ系アメリカ人抵抗組織の2つの学生グループによってソーシャルメディアで共有され、ハーバード大学の教職員によってパレスチナ正義のために再掲載されたことを受け、「あからさまな反ユダヤ主義」と非難しました。

ミスター・フィッシュ

USCアネンバーグ・コミュニケーション・ジャーナリズムスクールのドウェイン・ブース 教授は漫画家でもあり、Mr.Fishというペンネームで政治漫画を発表し、同校で政治漫画の講義を担当しています。

彼のコースのひとつ、「WARNING Graphic Content: Political Cartoons, Comics, and the Uncensored Artist」と題されたコースの説明は以下の通り:

「このコースでは、政治漫画、アンダーグラウンド・コミック、グラフィック・ジャーナリズム、プロテスト・アートの過去、現在、未来を検証し、高貴な思想と極悪非道な思想の比類なき伝道者としての、イメージに基づくコミュニケーションの目的と重要性を探求します。応募作品は、自由な芸術表現と過激化した創造的率直さに戸惑いがちな社会で、武器化されたビジュアル・ジョーク、検閲のないコメント、批判的思考が持つ扇動的効果を実証するユニークな能力によって選ばれます」。

別の注釈では、生徒たちがこの授業でブースの作品を勉強しているかどうかはわからないと指摘されていますが、私はまったく関係ないことだと思います。

ある者は指摘し、ある者は撃つ

ボールは、「グロテスクな反ユダヤ漫画の背後にあるペンシルバニア大学教授」というタイトルの記事を掲載し、それを一部のメディアが勝手にニュースの地位に押し上げた『ワシントン・フリー・ビーコン』紙から始まりました。

共和党の新保守主義部門とつながりのある『フリー・ビーコン』は、主流メディアのアジェンダに自分たちのニュースを忍び込ませることに専念しています。つまり、彼らが指さすと、志を同じくするメディアが撃つのです。

設立者はマイケル・ゴールドファーブ、アーロン・ハリソン、マシュー・コンティネッティ。リベラル派のCenter for American Progressに触発された保守派擁護団体Center for American Freedomのプロジェクトとして2012年2月7日に発足。このサイトは、米国の億万長者ヘッジファンド・マネージャーで共和党の献金者であるポール・シンガーが資金援助しています。

ペンシルバニア大学の反応

ペンシルバニア大学のラリー・ジェイムソン臨時学長は、同大学のソーシャルメディアに掲載された声明の中で、フィッシュ氏の漫画を批判。

今のところ、多くの場合とは異なり、この問題はそれほどエスカレートしておらず、まだ大きな問題にはなっていません。この論争が当事者間の合法的で健全な意見交換であり続ける限り、すべてはうまくいくでしょう」。

ザ・デイリー・ペンシルバニアン紙とのインタビューの中で、ブースはユダヤ人コミュニティのメンバーからの騒々しい反応に直面して、自分の漫画を擁護しました。

AAUPペンはいかなる「罰」も拒否

米国大学教授協会(AAUP-Penn)は、大学がブース氏のイラストを罰するべきでないと考えており、学外での表現に対する強力な保護を含むAAUPの1940年原則声明に訴える声明を通じて、同氏が標的となっている 嫌がらせを非難しています:

「個人として発言したり書いたりする場合、教師は検閲や組織の規律から自由でなければならない」。

この言論の自由は、一部の人々をとても悩ませるものなので、言論の自由を行使したことで黙らせたい著者のエピソードをいくつかここに残しておくことほど良い運動はありません。彼の他の作品は、 彼のウェブサイトや インスタグラムのアカウントで見ることができます。

フィッシュ氏によるいくつかのヴィネット

フィッシュ氏は、批判的な声を封じ込めようとする反ユダヤ主義の非難が無差別に使われる問題について、しばしば、そして長い間取り上げてきました。

以下は、10年前 (2014年7月)に掲載されたこのテーマに関するページです。翻訳は一番下に。

教授で漫画家のフィッシュ氏が反ユダヤ主義で告発

箇条書き1:ユダヤ人とカヌーの違いは?カヌーはヒントをくれます。

(ユダヤ人は貪欲だという固定観念を利用した、不条理を利用した人気のあるジョーク)。

漫画2:それはクソ真実じゃないか、おい?

漫画4:最近、パレスチナ人がガザで抱えているクソについて考えています。

弾丸6:そんな反ユダヤ主義を黙って聞いているとでも思っているのか......。

:「もういい!批判的思考はアメリカのためにならない」。

横断幕の翻訳:「ガザ、最大の強制収容所」、「自由パレスチナ」、「ガザの痛み...EUの恥」、「イスラエルの殺人者」、「ガザのホロコーストを止めろ」、「アメリカのイスラエルへの援助を止めろ」。

訳注:「ベンヤミン・ネタニヤフ首相は、パレスチナの男性、女性、子どもを残らず和平プロセスに参加させるほど寛大なイスラエル首相として、歴史に名を刻もうとしている」。

:"写真をこのようにめくれば、彼が大きな鼻についての反ユダヤ主義的な決まり文句を宣伝していることがよくわかります。"

:"パレスチナ人が何をしているのか、最終的に自分たちのホロコースト博物館を私たちの博物館よりも悲痛なものにしようとしていることは、世界中にわかると思います。ですから、彼らと彼らが持っているものすべて-靴、宝石、家族の写真、時計、カトラリー、すべて-を焼却して、反ユダヤ主義以外に何も残らないようにすることが急務です。"

:「わあ、マーゴ、彼女は私の人間的な良識や道徳的な誠実さを含むすべてを取り除いて、ワシントンとイスラエルのファシスト的な利益主義者によるパレスチナ人の民族浄化を支持し擁護するという私の誓約をさらに際立たせてくれたわ!考えてみてください、私は企業のケツの穴を舐めながら、縁故資本主義と世界中の貧しい人々の非人間化との間に何の関係もないふりをしながら、自分の仕事を続けることができるのです。

訳注:「世界で最も危険な反ユダヤ主義者」。

"(パレスチナ人はセム人であり、イスラエルの親パレスチナ批判者を反ユダヤ人と呼び続けるクソ馬鹿者)"。

訳注:イスラエルを代表する青い男には「IDF」(イスラエル国防軍)、彼が放尿する看板・植物には「PEACE」。

"イスラエルは毎日和平プロセスに水を撒いているのに、なぜ平和主義者や人道主義者たちはまだ彼らに腹を立てているのだろう?"

"(彼らは反ユダヤ主義者に違いない)"

"ロールシャッハ・テスト"

"実際、私の頭に最初に浮かぶのは、それがイスラエルの赤ん坊なのかパレスチナの赤ん坊なのかを知る必要性です。" "ですから、私の頭に最初に浮かぶのは何なのかわかります。"

:「殺された民間人の数があまりにもグロテスクで、不条理で、悲痛で、誰もそれ以外には呼べなくなるまで、イスラエルによるパレスチナ攻撃をジェノサイドと呼ぶのを控えることが絶対に不可欠です」。

訳注:「ベンヤミン・ネタヤフとチェスをする人間の良識と国際法、そして反ユダヤ主義者と呼ばれることを恐れて駒を1つも動かせないこと」。

作者について

この漫画家の自己紹介:

「私は政治漫画家であり、文化的敵対者であり、チンコジョーク、社会風刺、銃の解説のクリエイターです。

私は裸の真実のポルノグラファーであり、心の弱い人のための高尚なモラリストです。ハーパース』誌、『LAタイムズ』誌、『ネイション』誌、『ヴァニティ・フェア』誌、『ヴィレッジ・ヴォイス』誌、『アトランティック』誌、『マザー・ジョーンズ』誌、『アドヴォケイト』誌、『トゥルースディグ』誌などに掲載。

著書に『Nobody Gone』、『Long Story Abridged』、『And Then the World Blew Up』、『Go Fish: How to Earn Scorn and Influence People』、『WARNING!Graphic Content』など。

良心あるカートゥーンに贈られるグラムス・アロンソン賞、プロ・ジャーナリスト協会のエディトリアル・カートゥーンに贈られるシグマ・デルタ・カイ賞、南カリフォルニア・ジャーナリズム賞/L.A.プレス・クラブなどの賞を受賞。私は梅毒のようにかなり有名で、梅毒のように、私が誰で何をしているか知っていると認めたら、母親に顔をひっぱたかれるでしょう」。

教授で漫画家のフィッシュ氏が反ユダヤ主義で告発

ユーモア・トラブル事例集(III)
漫画や風刺イラストが原因で、何らかの重要な問題に巻き込まれた漫画家のケース。また、漫画家でなくても、それを共有したためにトラブルに巻き込まれた人の話もあります。


Suscríbete por email para recibir las viñetas y los artículos completos y sin publicidad

Artículos relacionados

Este blog se aloja en LucusHost

LucusHost, el mejor hosting