漫画家ジェイミー・ゴードンが、ドリームワークス社への詐欺未遂で2年の実刑判決

 
 
漫画家ジェイミー・ゴードンが、ドリームワークス社への詐欺未遂で2年の実刑判決

漫画家ジェイミー・ゴードンが、ドリームワークス社への詐欺未遂で2年の実刑判決を受ける。

左は1996年当時のディズニーのイラスト、右は2000年にゴードンが登録したドローイング。

5月3日、Jayme Gordonはボストンの連邦裁判所で、電信詐欺と偽証罪で有罪判決を受けた。ゴードンは、ドリームワークスが自分のキャラクターとアニメ映画『カンフーパンダ』の原作を盗んだと主張し、虚偽の証拠に基づいてドリームワークス・アニメーションSKG社を詐取する計画を指揮した罪で起訴されたのです。

2015年12月16日、連邦陪審は、漫画家・脚本家を起訴した。 ジェイミー・ゴードン2011年2月に漫画家がドリームワークス・アニメーションに対して起こした盗作訴訟に起因する7件の電信詐欺および偽証罪で、マサチューセッツ州ランドルフに住む51歳を起訴しました。

2016年11月18日、連邦陪審は、ゴードンを4件の電信詐欺と3件の偽証罪で有罪とした。最高で25年の懲役刑に処される可能性があった。

最終的に、米国連邦地方裁判所のPatti B. Saris判事は、Jayme Gordon氏に2年の禁固刑と3年の監視付き釈放、およびDreamWorks社への300万ドル以上の返還(同社がこの法的手続きに費やした推定金額)の判決を下しました。

漫画家ジェイミー・ゴードンが、ドリームワークス社への詐欺未遂で2年の実刑判決全文および資料

関連、他国での事例。

humor-apuros

Suscríbete por email para recibir las viñetas y los artículos completos y sin publicidad
Artículos relacionados