独紙が「反ユダヤ的なステレオタイプを漫画に使用した」として漫画家を解雇。

 
独紙が「反ユダヤ的なステレオタイプを漫画に使用した」として漫画家を解雇。

Dieter Hanitzsch氏の漫画が5月15日付のSueddeutsche Zeitungに掲載されました。

独語新聞 シュードイツ・ツァイトゥング は、漫画家を解雇した ディーター・ハニッツェ(1933年)の漫画が反ユダヤ主義的とれたことに対して。

作者は自分の漫画に反ユダヤ的なメッセージが含まれていることを否定したが、新聞社は彼の解雇の理由を「漫画の中で反ユダヤ的なステレオタイプを構成するものについて、ハニッツシュと編集部の間に乗り越えられない相違があった」と述べている。

画像は、ユーロビジョンの優勝者に扮したイスラエルのベンジャミン・ネタニヤフ首相が受賞を祝い、「来年はエルサレムで!」と言いながらミサイルを掲げているものです。

この言葉は、毎年、過越祭の終わりに伝統的に発せられるもので、ネッタが勝利を祝うために使い、またネタニヤフが自身のTwitterアカウントで使ったものである。

ミサイルにはダビデの星が、”Eurovision Song Contest “のテキストにはVの字が描かれています。

編集長のWolfgang Krachによると。

“このため、Sueddeutsche Zeitungの編集委員会の内外で議論となり、漫画家は、2019年の祭りの決勝がエルサレムで開催されることを指摘したかっただけだと言っています。”

漫画家の意図とは裏腹に、この絵は違った意味で反ユダヤ的と理解される可能性があり、掲載は誤りであり、謝罪するものである。ダビデの星は、イスラエルとユダヤの人々を象徴しています」。

漫画家側としては、ドイツに拠点を置くユダヤ系出版社Jüdische Allgemeineの取材に対し、政治的批判に過ぎない漫画について謝罪するつもりはないと述べている。

“出版社が謝罪したかどうかは、出版社の問題です。

私は謝らない。

ドイツ人であってもネトウヨの政治を批判できる。”

関連、全世界で百数十件。

独紙が「反ユダヤ的なステレオタイプを漫画に使用した」として漫画家を解雇。
独紙が「反ユダヤ的なステレオタイプを漫画に使用した」として漫画家を解雇。

Suscríbete por email para recibir las viñetas y los artículos completos y sin publicidad
Artículos relacionados

Este blog se aloja en LucusHost

LucusHost, el mejor hosting

Grandes personan que patrocinan.

Patreon

Recibe contenido extra y adelantos desde sólo un dolarcito al mes como ya hacen estos amables lectores:

César D. Rodas - Jorge Zamuz - David Jubete Rafa Morata - Sasha Pardo - Ángel Mentor - Jorge Ariño - Vlad SabouPedro - Álvaro RGV - Araq