私が自分を盗作した夜

 
 
私が自分を盗作した夜

誰にでも秘密はあるし、告白しないほうがいいこともある。

今日は、冒頭のネタバレで、ちょっとくだらないけど恥ずかしい仕事上の逸話を話すことにした。最近、海辺のポスターの件で、盗作だとかグラフィックの失敗だとか、そういうことが話題になっているが、それについては、すでに休日気取りでプログラムしたままの駄文で十分に説明しているので、それに乗じて。

あまり多くは語りませんが、いつだったか、白紙のページに苦悩するアーティストによくある夜のこと、当番のミューズが現れて、私にアイデアを吐き出しました。

もうすぐ終わるという最初の高揚感の後、「もう一回」(これは必ず何回かやることが義務づけられている)やっていると、かなり悪いアイデアに思えてくるだけでなく、とても懐かしい響きに思えてくるのである。確かに見たことがある。

というのも、過去に別の同僚が同じような絵を描いていたはずだと確信したからです。見つからなかったんです。

夜が更け、この瓶の中にアイデアが乏しくなったので、雄鶏が基本的なコンサートを始める前に何とか代案を思いつかないかと、フーラードを縛ってスケッチしておいたのです。

やっとの思いで描き、目的地に送りました。いつもと変わらない生活が続き、その夜は忘却の彼方へ。

何カ月も経ってから、その漫画が他のアーティストによって描かれたものではないことを知りました。やったことがあるからこそ、身近に感じられたのでしょう。自分が盗作していたのです。何か他のものを探しているうちに出てきてしまったのです。

クライアントは知らなかったのでしょう。二人が一緒にいるところを誰も発見しなかったか、発見しても何とも思わなかったのと同じです。唯一の「幸運」は、それがほとんど気づかれないものだったということです。

現在、5年ほど前に作られたほぼ同じヴィネットが2つ(もっとあるかも)あります。ぜひ、追いかけてみてください。遅かれ早かれ、誰かがそれを見つけて、「この賢い人は、自己盗作を転売している」と思うでしょう。

これは決して例外的なことではなく、多くの著者に見られることです。最も長く仕事を続け、何千本ものアニメを世に送り出してきた人たちの間では、ほとんどすべての人が、自発的にも非自発的にも、ある時期に自分を「見直す」ことがあったと言えるでしょう。

誰も感動しなかった逸話はこれくらいにして、一段落もしないうちに語れるはずなのだが、私のクリゲレツな文章の傾向が邪魔をして、軽い感じでお出しすることができなかったのである。


Suscríbete por email para recibir las viñetas y los artículos completos y sin publicidad
Artículos relacionados