私たち国民

 
  • ES
  • RU
  • CN
  • PT
  • DE
  • FR
  • EN
  • 私たち国民
    We the People、アメリカ合衆国憲法前文の最初の3つの言葉。

    2022年5月28日の漫画 CTXT

    5月24日、18歳のサルバドール・ロランド・ラモスは祖母の顔を撃って重傷を負わせ、ピストルとライフルで武装してテキサス州ウバルデのロブ小学校に車で乗り付けた。そこで彼は、19人の子供と2人の教師を殺害した。さらに17人を負傷させた後、警察に射殺されたが、一時は逮捕されたとも言われている。

    また新たな殺人事件が起こり、お決まりの議論が巻き起こり、次の殺人犯が現れ、また多くの人々を巻き込むまで、すぐに葬り去られるでしょう。

    それは、「なぜ」という一つの問いに集約されます。手っ取り早く、そしておそらく単純な答えですが、それほど単純でもないのですが、「できるから」です。

    「自由主義国家の安全保障には秩序ある民兵が必要であり、国民はこれを保持し、負担する権利を有する。 兵器

    1791年に憲法修正条項として加えられたこの簡潔で柔軟な言葉によって、アメリカ人は強力な殺人マシーンを持って通りを歩くことができるのである。

    国家がまだ成立しておらず、治安は私兵や自衛団が担っていた領土で、発砲するためには何分もかけて混乱させなければならなかった時代のために書かれたこのものは、今日でも、毎分700発以上の発砲が可能なアサルトウェポンを携帯し、改造し、使用する口実になるのである。

    マイク・ピーターソン 日刊漫画家は、この議論を問題視し、この漫画を引用しています。 ドリュー・シェンマン憲法修正第2条が書かれた当時の銃技術の初歩を指摘するのは、彼だけではないと述懐する。

    私たち国民

    このように、ピーターソンは、自分が憲法修正第2条を「更新」したと信じている人々に反論しようとしている。

    “であっても スカリア -その 憲法修正第2条の趣旨を誤って解釈している。– は、「民間人が軍事用武器を保有する憲法上の権利はない」と書いている。

    「報道の自由」が18世紀の一枚刷りの手刷り印刷にのみ適用されるべきだと考える人がここにいるだろうか」とピーターソンは問いかけ、粗野で皮肉な(と思う)比較をしている。

    ひとつだけ否定できないのは、今回もノイズに食われてしまったことだ。より多くのものを置くという愚かな議論 ドアーズ学校のこと、警察の介入について、そしていつもの「…」です。銃は人を殺すものではない“.しかし、もちろん、ラモスが野球のバットだけで武装して挑んだとしても、ソーダの缶を買う人のようにAR-15を手に入れることが不可能である以上、これほど簡単かつ迅速に21人を殺害し、18人に負傷させることはできなかっただろう。

    テッド・クルーズ氏は、銃刀法改正の可能性について問われた際に、このような恥ずべき反応を見せ、歴史上最も恥ずかしいシーンのひとつを残している。

    さらに悪いことに、過去10年間で最悪の学校銃乱射事件のひとつからわずか 日後に、RNA全米ライフル協会の年次大会が開催され、そこで、白痴にとっては逆説的だが、銃ロビーを弁護しに来た非常に特別なゲストの話を聞くために、銃を持って入ることは禁じられていたのだ。トランプはそこで得意のバカを演じていた。

    そこで彼は、「このような銃乱射事件に直面したら、もっと銃を買わなければならない」と弁明した。他の古典もだ。教師を武装化する必要がある。

    オレンジ色の社会病質者は、鐘のリズムに合わせて殺された人々の名前を読み上げようとしている。

    そして、小躍りした。

    仮に軍縮計画ができたとしても、合法・非合法を問わず国内に流通する数千トンの武器を撤去するには何百年もかかるだろう。 それは彼らの習慣ですそして、それで殺し合うということに敬意を払わなければならない。


    Suscríbete por email para recibir las viñetas y los artículos completos y sin publicidad

    Artículos relacionados