緩慢な大量虐殺

 
緩慢な大量虐殺

緩慢な大量虐殺。2024年3月30日のCTXTの漫画

この漫画が描かれた数日後、大量虐殺国家イスラエルの軍隊が、食料配給から戻ってきた人々を爆撃した。占い師でなくとも予想できただろう。彼らは何カ月も人道支援を妨害し、 飢餓を 戦争の武器として使ってきた一方で、食料を手に入れようと近づく人々を爆撃してきたのだ。

その記事によると、「ミサイルがワールド・セントラル・キッチンの車列の最初の車両に命中した後、生存者は別の車両に逃げ込んだが、その数秒後に命中した。負傷者を助けるために3台目の車が近づいた。その車も攻撃された。

犯人のスポークスマンはなんと言っているのか?ダニエル・ハガリは 大変申し訳なく思っている。なぜこのような強力な軍隊が、このような洗練された正確な武器を持ち、この組織が外で仕事をしていることを十分に知っていたにもかかわらず、彼らを無残に殺すことができたのかを突き止めようとしている。この社会病質者にとっては、シニシズムの功労バッジがまたひとつ増えたことになる。

ネタニヤフ首相は、すぐにこの件を「事故」として片付け、「戦争ではよくあることだ」と付け加えた。ビビはなぜか、これは戦争ではないということを忘れている。

イスラエルは「調査」に多くの時間を必要とせず、援助隊員への「攻撃」は「誤認」によるものだとしている。

イスラエルが軍隊と呼び、多くの蛮行の中でもとりわけ子どもの頭を撃ち抜くことに専念しているあの狂人集団によって冷酷に処刑されたのだ。

ワールド・セントラル・キッチンの7人のメンバーは、パレスチナにおけるイスラエルによる罰せられない暗殺の長いリストに加わった。4月1日付のUNRWAの最新報告によれば、10月7日以降に殺害されたメンバーの総数は173 人に上る。 偽りの弔意をもって 「幸運」に恵まれた者は一人もいない。イスラエルは何の証拠も示さずに、この組織をテロだと非難した。

ここでの反応は相変わらず控えめで、臆病で、生ぬるい

ホセ・マヌエル・アルバレス外務大臣は、ほとんど何もせず、WCKの7人の人道支援要員が死亡したことを遺憾に思う。いつものように、犯人たちに説明させるのだ。

中東を歴訪中のペドロ・サンチェスも、ドーハ(カタール)での記者会見で同じことを述べ、ベンヤミン・ネタニヤフ首相の「と思われる説明」では不十分であり、「この爆破事件の原因や理由について、より詳細で詳細な説明」を待っていると述べた。じっとしていてもらおう。

彼はまた、スペインがパレスチナを "できるだけ早く "国家として承認すると何度目かの約束をする機会を得た。

イスラエルは、ガザ最大の医療施設であるアル・シファ病院を破壊し、2週間の包囲の末に数百人の死者を出した。病院を破壊することは、ネタニヤフ首相の大量虐殺アジェンダのひとつに過ぎない。しかし、 党は常にもっと複雑になる可能性がある。


Suscríbete por email para recibir las viñetas y los artículos completos y sin publicidad

Artículos relacionados

埠頭

飢饉

¿Algo que decir?

Este blog se aloja en LucusHost

LucusHost, el mejor hosting