霧の中の馬鹿者

 
 
霧の中の馬鹿者

正式な定義はないが、インターネット上では、何かのサービスに登録する際に、間違って自分のものではないメールアドレスを使う人を「Idiot in fog(霧の中のバカ)」と呼んでいる。

その結果、そのサービスに関連するすべての通信が、取り返しのつかない形で他の人に届いてしまい、いわゆる「霧の中のバカ」が迷い込んでしまうのです。

霧の中の馬鹿者、出所不明

この愛称を最初に作ったのが誰なのか、霧の 中のバカの誕生日を正確に特定することはできない。Twitter上では、2013年の時点でそう呼んでいた痕跡があるが、この効果の普及は最初の大量メールサービスの誕生までさかのぼる可能性がある。

IdiotasEnLaNieblaと、それに最も近い英語の例で、多くの例を見ることができます。 #ドッペルメーラー

要は、そういうメールが時々届くのはもう当たり前なんです。

それらは、自分の電子メールアドレスのパスワードを回復しようとするものであったり、銀行口座やクレジットカードの残高や動向、医療予約、航空券や詳細な情報を含む搭乗券、食品の注文、電話やインターネットの登録、あるいは最も多様なサービスや不思議なコミュニケーションであったりするのです。

霧の中の馬鹿者

データ、データ、データ

セキュリティの層が異なるため、これらのメールには「霧の中のバカ」の個人情報はあまり含まれていないこともありますが、銀行口座の全履歴や請求書、あるいはパスワードやフルネーム、生年月日、ID番号、住所などの機密個人情報など、何でも送られてくる場合もあるのです。デジタルで活動するペテン師にとってはお菓子のようなものだと想像してください。

個人情報が多く含まれる下記の例では、メールの照合だけでほぼ瞬時に修正されました。

この登録には、事前のメール確認システムがないようなので、明らかにセキュリティ上の大きな欠陥があった。データとパスワード、ひいては生年月日を一度に送信していたのだ。

霧の中の馬鹿者

どうすればいいのか?

これらのメールが届いたときのフォローの仕方は、基本的に3通りあります。

1- 人生を複雑にしない。

そのアドレスにブロックフィルターをかけ、メールを削除し、忘れるだけである。これは最も推奨される方法ですが、通信は通常noresponder@タイプの自動化されたアドレスから送られ、その名前が示すように返信を許さず、さらにこれらの自動化された電子メールアドレスは変わることがあるので、受信を停止することを保証するものではありません。

2- 霧の中のバカにそれを伝える。

そんなこと考えても、かえってややこしくなるし、受け取る側も「デリカシーがない」「バカにしてる」と思うかもしれない。それも変な話。あなたからのメールがあるという人から、インターネットに関する最低限の知識しかない人がメールを受け取ったと想像してください。

3 – メールの到着元企業に報告する。

原理的には理にかなっているこの道を進むと、多くの時間を浪費することになります。

もしあなたが善良な市民でありたいなら、会社のバカの一人があなたの電子メールアドレスでログイン情報を探して霧の中をさまよっていると警告し、あらゆるシナリオを想定しておくことです。

多くの時間を浪費して何も解決しないこともありますし、自分が顧客でないサービスの顧客としてログインするよう求められるようなループや不条理な状況に陥ることさえあります。さらに、何度も何度も自分の情報を提供しなければならないので、他のリストに載ってあらゆる企業に売られることになる。

3.1 ユーモアをもって受け止め、笑いをとる。

いつも笑う気になれなくても、大笑いすることはとても健康的な行為といえます。

霧の中の馬鹿者

同じ調子で返信が来て、少し笑って、それで解決しました。

銀行の霧

この種の問題を解決するための迅速で効果的なシステムが見つからないのは、銀行の場合です。山ほどの金を稼ぎ、広告宣伝費とトップマネジャーの太っ腹な給料で、シンプルで人道的で人間味のある問題解決の仕組みを構築することができないのである。

なんとか時間をかけずに直ることもありますが、実はそうとは限りません。これは抽選です。

私のバカな銀行員

そして、彼らが厚い霧に包まれた生活から抜け出すことができたとき、あなたは彼らのことが好きになり、懐かしくさえなるのです。

ある銀行のCMと思われるもの(とそのbot)と、1年近く霧の中に閉じ込められている馬鹿者を助け出そうとする最新の一連のやり取りを残しておきます。

これは、私の長寿銀行員であるホセ・ラモンの物語である。彼は、最初でも最後でもない。

ネタバレと簡単なあらすじ解決したと言われても、また別のメールや電話、SMSが来て、振り出しに戻る。

Idiotas en la niebla

霧の中の馬鹿者
霧の中の馬鹿者
霧の中の馬鹿者

この時、自問自答しなければならないのは…。

霧の中のバカが使ったのは私のメールアドレスだったのに、なぜ今になって私の電話番号にSMSが届くのでしょうか?

はい、その通りです。私の電子メールアドレスは、それが含まれる何千ものリストのいずれかのおかげで、すでに私の電話番号に関連付けられ、どの企業がカンニングをしました。

霧の中の馬鹿者

霧の中の馬鹿者

霧の中の馬鹿者

霧の中の馬鹿者

霧の中の馬鹿者

霧の中の馬鹿者

霧の中の馬鹿者

霧の中の馬鹿者


Suscríbete por email para recibir las viñetas y los artículos completos y sin publicidad
Artículos relacionados