飢饉

 
飢饉

飢饉。10/03/2024のCTXTの漫画

イスラエルは、パレスチナ人の絶滅を続けるために、より狡猾で不気味なあらゆる方法を用いている。餓死させることは、人道援助物資を受け取ろうと近づいたパレスチナ人を殺戮していないときの、最新の方法のひとつである。

ガザ保健省のアシュラフ・アル・キドラ報道官によると、他にも3人のパレスチナ人の子供が脱水症状と栄養失調でアル・シファ病院で死亡した。同報道官によると、この10日間で同様の原因で死亡したパレスチナ人の数は23人となった。

「パレスチナの子どもたちの写真を見たことがありますか」3月4日、国連総会で、ガザでの大量虐殺に対する 国連の行動を阻止するために拒否権を悪用した米国に関する討論が行われた際、パレスチナ国家担当の国連オブザーバー、リヤド・マンスールは写真を掲げながら尋ねた。 「この子どもは今日死にました。パレスチナの子どもたちは、イスラエルが飢餓を武器にする一方で、暗闇と悲惨の中で死んでいる。

しかし、餓死者の数は情報源や日にちにもよるが、増加傾向にあり、食料や水の不足から少なくとも25人が死亡したという話もある。

国連が今月初めに発表した最悪の予測は、完全な荒廃のシナリオの中でひどい飢饉が起こるというものだったが、それが現実のものとなりつつある。意図的な食糧不足により、ストリップの人道的状況はますます絶望的になっている。

関連:「私たちは叫び、飢え、孤独に死ぬ」:シュジャイヤの瓦礫の中での生活

OCHAの イェンス・ラーケ報道官は、「いったん飢饉が宣言されると、多くの人々にとっては手遅れになってしまう」と述べ、ガザではすでに50万人が事実上の飢饉に苦しんでいること、商業的な食糧の流れがないこと、人道援助物資を積んだトラックがぽつりぽつりと入ってきて、中に入ってから移動するのが非常に困難であることを想起した。

普通」は虐殺のままガザ保健省によれば、木曜日、ガザのクウェート・ラウンドアバウトで、切実に必要な食糧を待っていた人々がイスラエル軍の砲撃により、少なくとも20人が死亡、155人が負傷した。イスラエルはいつもの冷笑的な態度で責任を否定した。

殺人国家イスラエルが犯し続ける残虐行為を言葉で言い表すことはますます難しくなっている。


Suscríbete por email para recibir las viñetas y los artículos completos y sin publicidad

Artículos relacionados

¿Algo que decir?

Este blog se aloja en LucusHost

LucusHost, el mejor hosting