ARCTIC P12スリムPWM PSTファン-120mm

 

南半球ではすでに猛暑が始まっている。温度管理の一環として半年に一度、PCのクリーニングを行うのが恒例となっているが、 2012年 製で、クリーニングとグリスアップを行っても低回転域で不快なノイズを発し始めていた2つのオリジナルファンを交換することにした。

扇風機の寿命はどのくらいですか?

いつものことだが、答えは場合による。ファンの寿命は、常時回転しているかどうかや、作動する条件によって長くも短くもなる。鉱山内では、ホコリのない環境よりもずっと早く劣化が進みます。

推定寿命を測定する具体的な公式はないが、MTBFが一般的に使用されている。MTBFは平均故障間隔を統計的に測定したもので、すべてのファンメーカーが仕様に明記しているわけではなく、ディスクドライブなどでよく見られる。

代役

その代わりとなったのが、安価だがバランスが良く効率的なアークティックP12スリム120mmだ。3個 入りで約26ユーロで購入できる。技術仕様は省略する。完全なスペックはブランドのウェブサイトに掲載されている。

厚さ1.5センチという薄さゆえにスリムと呼ばれるこの扇風機の写真を何枚かここに残しておこう。

ケースの後部と上部に取り付けられると、 このエアフロー構成に従って熱を取り出す役割を果たす。

あまり期待はしていなかったが、値段の割には驚くほどよく走ってくれる。1500回転まではほとんど聞こえない。この回転数以上では、耳障りな音もしない。

CPUファン/ヒートシンクもアークティック製だ。

ボスはANTEC Tricoolのもので、3スピードスイッチが付属していた:L-MとH(ロー、ミディアム、ハイ)の3つのスピードスイッチは、現在では製造されておらず、ANTECが自社のボックス(この場合は ANTEC P183 V3)に合うようにカスタムメイドしたものと思われるため、同じスイッチを持つ他のブランド(存在するとしても)を見つけるのは容易ではない。

3ポジションシングルボックススイッチ ANTEC

手動で回転数を設定するスイッチがない分、昔ながらの信頼性の高いSpeedFanのカーブで補い、さまざまな温度に応じて回転数を制御している。

左は、旧アークティックの厚さ2.54cmに対し、新アークティックの厚さは1.5cm。

究極のテスト

このスナップショットで、温度は問題なく、騒音も過剰でなく、はるかに少ないという決定的な証拠を得ることができる。快適さの専門家もそれを認めている。

そうやってマシンは留まる。

ケース: 2012 Antec P183 V3.
電源LC-Power LC8850 II V2.3 Arkangel 850W.
ボード: ASUS PCB-Sabertooth Z77
プロセッサー:INTEL-3770K Core i7 3770K3.50 Ghz / 3.90 Ghz- 4コア - 8MBキャッシュ1
プロセッサーファンとヒートシンク: Freezer 7 PRO Rev 2 / ARCTIC Cooling Quiet Computing ヒートシンク。
追加フロントファン: 2 Noctua NF-A12x25 PWM.

ファン リアとトップ:2 ARCTIC P12 Slim PWM PST -120mm
GPU: Gigabyte GeForce GTX 1660 SUPER D66GBGDDR6 - GV-N166SD6-6GD.
RAM: DDR3 8GB HyperX Fury(1866MHz)。4GBx8=32GBRAM。
ディスク C: Samsung 870 EVO SSD 2.5"500GBSATA3
ディスク D: Kingston A400 SSD 内蔵ソリッド・ステート・ドライブ 2.5インチ SATA Rev 3.0、240GB- SA400S37/240G

外付けデータディスク:HDD 1TBS ATA3 ハードディスクドライブ1TB7200rpm SATA 3.
リーダー: DVD-RWDVD DVDリライター (未使用).
ネットワークカード: ASUS PCE-AC56 - PCI Express AC1300 (デュアルバンド、2T2R、アンテナおよびパッシブヒートシンク付き外付けベース)。
OS: Windows 10 Pro 64 Bits.
モニター:LG 29WP500-B、29インチ・ウルトラワイド。


Suscríbete por email para recibir las viñetas y los artículos completos y sin publicidad

Artículos relacionados
¿Algo que decir?

Este blog se aloja en LucusHost

LucusHost, el mejor hosting